« 大学選手権ベスト4決まる&TL22日の結果 | トップページ | ラグマガ2014・2月号 »

大学トークバトル

23日の午後は、大崎駅に隣接するゲートシティホールで、全国大学ラグビー・トークバトル2013だった。予めNHKのインターネットによる申し込みなどで集ったお客さんを前に、ベスト4の監督、キャプテンが舌戦を展開した。パネリストは、プールA1位=帝京大学(岩出雅之監督、中村亮土キャプテン)、プールB1位=筑波大学(古川拓生監督、内田啓介キャプテン)、プールC1位=慶應義塾大学(和田康二監督、宮川尚之キャプテン)、プールD1位=早稲田大学(後藤禎和監督、垣永真之介キャプテン)の8名。ゲストは、スリムクラブのお2人、NHKの冨坂和男アナウンサーが進行を務め、僕はコーディネーターとして参加した。

スリムクラブのお2人、大いに会場を和ませてくれた。漫才時の内間さんの長い「間」は、ほんとに面白い。キャプテンの話しのあとにマイクを口に持って行ったまま黙っていると、それだけで笑いが起きた。「僕、内田選手の顔が好きなんですよ。かっこいいなぁって見惚れていただけで」などなど。

準決勝を控えた者同士、手の内は明かさないので、いろんな角度から各大学の特徴を見て行った。「チームメイトは、見た!」では、部員が出演した証言VTRが登場。キャプテンの面白エピソードを披露した。ここで爆笑を誘ったのは、筑波大学の忽那健太選手。画像に目隠しを入れながら、内田キャプテンのモテ話を、バラエティー番組の芸人さんみたいに証言。「内田さん、モテるって、どういうことなんでしょう?」だったかな。そんな感じで、スリムクラブの真栄田さんが、「来年は内間の代わりにここに座りますね」というほど。中村選手の子犬好き、垣永選手のチーズケーキ好き、宮川選手に大きな声援を送るお母さんの話とか、和む企画だった。

監督同士の舌戦もあった。岩出監督が滋賀県の高校の監督だった時代に清真学園と練習試合をよくしていて、和田監督のことは高校生の頃から知っているという。その話が出ると、「康二、後で(作戦)教えろよ」とすかさず圧力をかけていた。

お客さんからの「チームをまとめるのに苦労したことは?」という問いでは、垣永選手が「苦労はありません。僕は話さなくても、金、布巻、藤田、岡田一平とか各学年の選手が話してくれるので」と答えた。これに対して、後藤監督が「外から見ていると、垣永のデカイ声しか聞こえないけど」と突っ込む場面も。筑波の内田キャプテンが「僕はすべてを話し過ぎるのが悪いところで」と言うと、古川監督が「日本代表で留守にしている期間が長かったので、いろんなことを伝えようとし過ぎていたかもしれない。ここにきて、彼のキャプテンとしての成長はすばらしい」という旨の言い方でフォローしていた。確かに、筑波は試合を重ねるごとにチームがまとまってきている気がする。

最後のあいさつでは、後藤監督が「絶対に勝つ」と勝利宣言。これに続き、内田キャプテンは対抗戦では負けた相手に「リベンジの機会を手にできたので、勝ってターゲットの日本一になりたいと思います」、岩出監督も「一年間やってきたことを出し切って、5連覇を勝ち取ります」ときっぱり。宮川キャプテンは、「一年間やってきたことをすべて出して、王者・帝京大にチャレンジしたい。応援をよろしくお願いします」とコメント、和田監督は激戦となったプールCに触れ、「彼ら(3チーム)の代表として、恥ずかしくない試合をしたいし、彼らの分も含めて1月2日はチャレンジしたい」と語った。

今の国立競技場では、次々に「最後の」と銘打たれる試合が続くわけだが、1月2日の大学選手権準決勝も、全国の大学生の目標であり、憧れとして続いてきた。多くのラグビーファンの思い出に残る試合であってほしい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大学選手権ベスト4決まる&TL22日の結果 | トップページ | ラグマガ2014・2月号 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     プール制になってますます熾烈な戦いになりました。
     帝京の戦いぶり・強さにはいつも圧倒されます。ラグビーが面白いですね。筑波も元気があるし、早慶の伝統校もレベルが高いと思います。非常に楽しみです。
     元旦から日曜日までの間では唯一の休みの二日はテレビの前です。
     36年来、応援している明治が敗退して残念ですが、私はラグビーが大好きです。きっと感動のお正月だと思います。四校の健闘を祈ります。好ゲームを!

    投稿: 玉井千歳 | 2013年12月26日 13:57

    帝京は甘くみて(前回大差で勝った余裕)意外な展開
    になるのでは?前半は互角勝負。後半地力が出て、
    4トライ差で勝利。「エンジンがかかるのが遅かった」
    という勝利者のコメントが出そう。

    早稲田VS筑波はFW,BK共に筑波が圧倒しそう。

    決勝は僅差。
    本領発揮の帝京が前半で20点差をつけたものの
    筑波に追い上げられ、しかし、逃げ切り
    5連覇・・・・こんな感じですかね。

    サッカー大好き、ラグビー無関心の我が嫁でさえ
    対抗戦でボロ負けしたチームと正月に対戦する
    システムは疑問視していた。人気回復に工夫が
    足りないと・・・一理ありますね。

    投稿: カズ | 2013年12月24日 12:10

    満員の大学選手権、日本選手権になるように 、日本協会の頑張りを期待しています(^O^)ラグビー人気の為にも宜しくお願い致します。

    投稿: まつ | 2013年12月23日 19:36

    慶応には頑張ってほしいけど、帝京には勝てないでしょうね。ずばり、40対7。
    早稲田対筑波は読めませんね。どっちが勝ってもおかしくないが、今のデキは筑波の方が良さそう。ズバリ、意外に大差がついて、32対19で筑波。

    決勝は帝京が本気中の本気で臨んで、筑波を圧倒。ノートライに押さえ込んで、31対3で五連覇。
    予想がいい方向に外れてくれることを祈ります。見ませんが。

    投稿: テルキー | 2013年12月23日 18:41

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58807126

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学トークバトル:

    « 大学選手権ベスト4決まる&TL22日の結果 | トップページ | ラグマガ2014・2月号 »