« 第38回みなとスポーツフォーラム | トップページ | 大学選手権2ndステージ開幕 »

TL2NDステージ土曜の結果&京都ライブ

201312071

12月7日(土曜日)は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場だった。トップリーグ・セカンドステージ第2節の第1試合は、豊田自動織機シャトルズ対近鉄ライナーズ。前半12分、SO重光のPGで近鉄が先制したのだが、豊田自動織機は17分、PR浪岡のトライで逆転すると後半いったんは逆転を許したが、4分のFL韋のトライから、実に5トライを畳み掛けて勝負を決めてしまった。元気のない近鉄のプレーぶりが心配になるような試合だった。

第2試合は、ヤマハ発動機ジュビロ対神戸製鋼コベルコスティーラーズ。前節、PGミスの目立ったFB五郎丸歩が前半2分、約40mのPGを決めてヤマハが流れをつかんだ。SO大田尾のキックなどで相手陣に入り、連続攻撃で反則を誘う。守っては、常に神戸製鋼のボールキャリアに圧力をかけ、ダブルタックルでミスを誘った。

後半は神戸製鋼も攻撃を立て直し、HO木津、NO8マパカイトロ、WTBフレイザー・アンダーソンら突破役の選手を投入して防御を崩し始める。SO森田のPG、CTBジャック・フーリーのトライで、一時は、16-21の5点差に迫った。勝負を分けたプレーは、29分、攻め込んだ神戸製鋼がボールをこぼすと、ヤマハのSO大田尾が右端のゴールライン付近から、左タッチライン際にいたSH矢富(交代出場)にキックパス。神戸製鋼のLO谷口が矢富にタックルしたが、矢富が間一髪で内側にパス。これをCTB宮澤がサポートして、インゴールまで走りきる値千金のトライをあげた。ヤマハは終了間際にも、途中出場のWTB中園が4トライ目をあげ、会心の勝利をあげた。

「それぞれの選手がそれぞれの時間帯で、やろうと言っていたことがキッチリできた良い試合でした」。ヤマハ清宮監督の言葉も弾んでいた。

■トップリーグ・セカンドステージ第2節(12月7日開催分)
NTTコミュニケーションズ●16-47○リコー(前半9-16)
NEC●24-52○サントリー(前半12-19)
豊田自動織機○50-29●近鉄(前半12-10)
ヤマハ発動機○35-16●神戸製鋼(前半16-3)
トヨタ自動車●11-32○パナソニック(前半8-10)

追記◎昨夜は、京都御所の西側にあるイタリアン・バール、イルコンタディーノでの第1回「京都イルコン ラグビー部トークライブ」だった。シークレットゲストは、現在、同志社高校ラグビー部のヘッドコーチを務める中村直人さん。「ほんま、シークレットは勘弁してください」と緊張気味の登場だったが、大きな拍手に迎えられてほっとした様子。約1時間のトークは、中村さんが接して指導者達、平尾誠二さん、土田雅人さん、エディー・ジョーンズさんの裏表の話は面白かった。土田さんのトライする選手を決めて、すべてはそのために動くという分かりやすいチーム作りの例など勉強になることも。後半は立食での懇親会。京都在住の方が中心で、ラグビー談義はいつまでも尽きなかった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 第38回みなとスポーツフォーラム | トップページ | 大学選手権2ndステージ開幕 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    豊田自動織機シャトルズの健闘を称えます。
    ファーストステージでは惜敗続きで、試合後に「いつも、あとちょっとなんですよねー」と悔しがっていた選手たち。
    セカンドステージでは立場逆転で接戦をものにしている。頑張れ。頑張れ。
    また、豊スタで"トヨタダービー"盛り上がりましょうよ。応援していますよぉ。

    投稿: 玉井千歳 | 2013年12月16日 14:25

    神戸は点差以上に完敗。
    あまりの体たらくに、夢も希望もない。

    来年に向けて9番、10番、15番を補強しましょう。

    トップリーグのことはもう忘れて、明日から本番を迎える大学選手権に期待。

    投稿: テルキー | 2013年12月 7日 22:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58714170

    この記事へのトラックバック一覧です: TL2NDステージ土曜の結果&京都ライブ:

    « 第38回みなとスポーツフォーラム | トップページ | 大学選手権2ndステージ開幕 »