« 2013年5月5日 - 2013年5月11日 | トップページ | 2013年5月19日 - 2013年5月25日 »

2013年5月12日 - 2013年5月18日

心で見る(坂田好弘著)出版記念トーク&サイン会のお知らせ

土曜日は、日本代表の練習を見てきた。前日は、ミスも多く、エディー・ジョーンズヘッドコーチが練習を打ち切るなど集中力を欠いたようだが、きょうは、選手同士が互いに声をかけあい、いい練習をしていたように見えた。ジョーンズヘッドコーチも、「練習に対していい準備をして、いい練習ができた」と笑顔。前日のことについても、「選手にいい練習の準備をさせてあげられなかった私の責任」と矢印を自分に向けていた。

練習を見ていて、どの選手もどんどん筋量をアップし、大きくなっているのが分かった。大野均選手や立川理道選手らも体の幅がはんぱじゃない気がした。フィジー戦での復帰に向けてリハビリする廣瀬俊朗キャプテンも上半身もビルドアップされていた。「なんか別のスポーツをしているみたいでしょう」と、口調も滑らか。順調に回復しているようだ。BKの練習を見ていて、驚かされたのは帝京大の中村亮土選手の大腿部の太さ。フッカーといっても疑わない肉体である。久しぶりに代表復帰した霜村誠一選手も「みんな、デカいでしょう? 当たったら痛いし、上手いし、大変ですよ」とあきれ顔だった。霜村選手もまた大きくなるということだろう。

さて、以下はお知らせです。3月で大阪体育大学を退官した坂田好弘さんの自著の出版を記念したトーク&サイン会が、6月7日(金曜日)、京都駅至近の大垣書店イオンモールKYOTO店にて開催されます。トークコーナーは僕が司会します。以下は、版元のベースボール・マガジン社からのお知らせです。

◎「心で見る」。日本ラグビー界が生んだ世界的ウイングの指導哲学
出版記念イベント
日本人初の世界ラグビー殿堂入り。坂田好弘氏トーク&サイン会

栄光の現役時代、36年間の指導者生活で得た数々の教訓が一冊になりました。ご本人の言葉で、その内容を紹介していただきます。

日時:6月7日(金) 18:30~
司会:村上晃一(ラグビージャーナリスト)
場所:大垣書店イオンモールKYOTO店 (JR京都駅より徒歩5分)
京都市南区八条通り西洞院下ル イオンモールKYOTO Kaede館2F
お問い合わせ TEL:075-692-3331(10:00~21:00)

【サイン会参加方法】
対象書籍「心で見る」坂田好弘著 5月下旬発売予定
定価1575円(税込)
※大垣書店イオンモールKYOTO店にて、対象書籍をお買い上げの方に、トークショー終了後サイン会を行います。サインは対象書籍のみとさせていただきます。
※トークショーは参加自由(席のご用意は限りがございますので、先着順とさせていただきます)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒーローズが北浜でイベント(トークライブも)

元日本代表の名ロック、林敏之さんが会長を務めるNPO法人ヒーローズが、ウェールズの来日期間に、大阪・北浜のギャラリーで、ラグビー画、ジャージなどのを展示し、イベントを開催する。僕もそのなかでトークライブを担当。11日、12日、13日と、三夜連続で、ウェールズ代表と対戦経験のある元日本代表選手とラグビートークをすることに。申し込み不要、一口1,000円の寄付を募り、収益金の一部はスクラム釜石の支援金にあてられる。ウェールズ戦を楽しむためにも、みなさん、ごひご来場を。

ヒーローズよりのお知らせは以下の通り。

RUGBY! RUGBY! RUGBY!
ウェールズがやって来る! レッド!レッド!レッド!

開催期間:6月8日(土)~14日(金)
場所:Links—リンクスギャラリースペース大阪
http://www.facebook.com/Links.Gallery
展示:8日(土)18:00オープン
9日(日)~14日(金)11:00~21:00
ゴルフダイジェスト表紙を描いて13年の尾中哲夫のラグビー画と「壊し屋」と世界から恐れられた日本最強フォワード林敏之の秘蔵のジャージや、ウェールズのジャージなど。

◎日程:
8日(土) 18:00 オープニングセレモニー
9日(日) 12:00 スクラム釜石イベント
18:00 原田隆司トークショー 
10日(月) 19:00 原田隆司トークショー
11日(火) 19:00 トークショー、司会:村上晃一 ゲスト:中村直人
12日(水) 19:00 トークショー、司会:村上晃一 ゲスト:箕内拓郎
13日(木) 19:00 トークショー、司会:村上晃一 ゲスト:東田哲也
14日(金) 19:00 林 敏之トーク、ゲスト・原田氏ほか
*トークショーには一口1000円の入場料が必要です
*トークショー終了後、北浜ラグビー部マーラーにて懇親会開催
※イベントにおきましての収益金の一部はスクラム釜石への支援金として寄付させて頂きます。
NPO法人ヒーローズ事務局

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

U20日本代表、JWRT参加メンバー

17日午後、日本ラグビー協会の会議室で、IRBジュニアワールドラグビートロフィー2013チリ大会(5月28日~6月9日)に出場する、U20日本代表メンバーの発表記者会見があった。出席したのは、沢木敬介ヘッドコーチと、西内勇人キャプテン(法政大学3年)。

201305171

沢木ヘッドコーチは、「ラグビーに対して覚悟を決め、向上心を持ってハングリーに取り組める選手を選びました。ターゲットはもちろん優勝です」とコメント。過去、この大会で最後に勝てない状況が続いているが、その大きな敗因とされた「フィジカル」面については重点的にトレーニング。筋量で一人3キロから4キロアップし、西内キャプテンもジュニア・ジャパンで5キロ増えた。その上で、「走って、走って、走って、勝とうと思います」(西内)と決意を語った。

沢木ヘッドコーチによれば、試合でのチームの軸はSO山沢拓也、重一生はSHとは違うポジション、WTBの近藤英人も、アウトサイドCTBで起用すると明かした。「山沢については、プレーメイカーというより、ランニングSOになってほしいです。重は今大会でSHでは起用しません。小さいからSHというのは僕はあまり好きではありません。彼の持ち味を生かす起用をしたいと思います」

日本はプールBで、ウルグアイ、カナダ、トンガと対戦。プールAには、イタリア、ナミビア、ポルトガル、チリがいる。1位同士で決勝戦となる。

◎U20日本代表メンバー
※ ◎はキャプテン
PR1平野翔平(東海大学2年)、須藤元樹(明治大学2年)、HO中村駿太(明治大学2年)、 橋本大吾(筑波大学2年)、PR3塚原巧巳(明治大学2年)、渡邉隆之(東海大学1年)、LO4寺田大樹(明治大学3年)、LO5姫野和樹(帝京大学1年)、牧野内翔馬(法政大学1年)、FL6東和樹(明治大学2年)、FL7西内勇人◎(法政大学3年)、木村貴大(筑波大学2年)、NO8佐藤穣司(早稲田大学2年)、桶谷宗汰(明治大学1年)、SH徳田健太(関西学院大学2年)、重一生(帝京大学1年)、大越元気(同志社大学1年)、SO山沢拓也(筑波大学1年)、WTB11石井魁(東海大学2年)、CTB12金田瑛司(帝京大学2年)、CTB13堀田隼平(東海大学2年)、佐々木裕次郎(東海大学2年)、WTB14近藤英人(東海大学2年)、荻野岳志(早稲田大学3年)、FB合谷和弘(流通経済大学2年)、松田力也(帝京大学1年)
◎バックアップメンバー
NO8中村圭佑(関西学院大学3 年)、CTB木上鴻佑(中央大学3 年)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノーサイドプロジェクト2013水無月・告知

6月14日、イベントやります! 皆様、お誘いあわせの上、ぜひご参加を!

★ノーサイドプロジェクト2013水無月
日本代表対ウェールズ代表戦・前夜祭
「前日から盛り上がっちゃいましょう!」

ノーサイドという言葉と精神を広め、ラグビー仲間を増やすため、さまざまなイベントを重ねてきたノーサイドプロジェクトですが、次回は、6月14日(金曜日)、日本代表対ウェールズ代表戦の前夜に開催します。日本代表の歴史的連勝を祈って、ファンで集い、楽しく語り合いましょう。新しい仲間がたくさん参加してくださることを願っています。

日時=6月14日(金) 19:00キックオフ(受付18:40より。21:00ノーサイド)
場所=HUB外苑前
〒107-0061 東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1F
地下鉄・外苑前駅から徒歩約2分
会費=3,500円(飲み放題、軽食付き)、小学生以下無料
司会=村上晃一、有働文子
ゲスト=ゲスト数名来場予定(調整中)。
内容=ゲスト等によるトークライブ、ウェールズ戦のみどころ紹介
主催=ノーサイドプロジェクト
後援=ラグビーマガジン

◎申し込み方法
募集人数:80名(*定員となり次第締め切りとさせていただきます)
★ベースボール・マガジン社のHPからお申し込みください。
http://www.sportsclick.jp/p/event/rugby/2013preparty/index.html
必須事項を明記の上、お申し込みください。
*申し込み完了の方には受付メールが返信されます。会費は、当日会場にてお支払いください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5.26 ジャパン・セブンズ

15日の朝日新聞の夕刊に、≪「復興の力に」不惑の挑戦≫ラグビー元日本代表、伊藤剛臣の記事が。先日、盛岡での早大戦にも出場し、「行けるところまで、行きますよ」とコメント。丈夫な体あってこそだけど、長く現役を続ける選手は、どんどんカッコよくなる。

5月26日、秩父宮ラグビー場で開催される「ジャパン・セブンズ」の登録メンバーが発表になった。サントリーサンゴリアスを率いるのは、7人制日本代表でもある大島佐利、この他、中靏隆彰(早大)、阪本圭輔(東海大)、塚本健太(天理大)など、若い選手がずらりと並んでいる。15人制と両方で頂点に立てるか。

宇薄岳央(東芝)、パナソニックは北川智規(パナソニック)、正面健司(神戸製鋼)、鶴田諒(NTTコム)、横山伸一(リコー)など、各チームのキャプテンは7人制日本代表経験者たち。この他、男子7人制の「セブンズシニアアカデミーチーム」も参加する。

「セブンズシニアアカデミー」は日本代表選手や同候補選手だけでなく、ユニバーシアード代表候補選手やユースアカデミーからの育成選手、アカデミートライアウトで選抜された選手など幅広い層を対象に、2016年リオデジャネイロオリンピックにつながる将来有望な選手の発掘や、同オリンピックでのメダル獲得に向けた継続的な育成と強化、7人制ラグビー選手の全体の底上げを進めるための取り組み。

メンバーは以下の通り。
FW:後藤駿弥(ホンダヒート)、松延泰樹(東芝ブレイブルーパス)、吉野健生(JR東日本)、鶴谷知憲(立正大学4年)、山内俊輝(筑波大学2年)、BK:原田季郎(キヤノンイーグルス)、染山茂範(中国電力)、七戸勇気(国士舘大学4年)、吉澤太一(立正大学4年)

この他、ジャパン・セブンズに出場するメンバーは、日本協会のホームページでご確認を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップリーグ2013-2014日程

開幕戦は、8月30日(金曜日)、秩父宮ラグビー場にて(サントリーサンゴリアス対NTTコミュニケーションズ)。トップリーグ2013-2014シーズンの試合日程が日本ラグビー協会から発表された。

今季は山口県、和歌山県、鳥取県で初めてトップリーグのリーグ戦が開催されることとなり、全国31都道府県、40会場で試合が行われる。16チームが8チームずつの2組に分かれて1回戦総当たりを実施するファーストステージは10月27日まで。

ファーストステージの成績によって、プールAとプールBの上位グループ(各1~4位の計8チーム)と、下位グループ(各5~8位の計8チーム)に分け、セカンドステージが行われる。セカンドステージは、11月30日~1月19日まで。

トップ4によるプレーオフトーナメントは2月1日から。ファイナルは、2月9日。5位~12位がワイルドカードトーナメントへ。13位~15位は入替戦。16位は自動降格となる。

◎開幕節の対戦カード(詳細はトップリーグ公式HPにて
8月30日(金)
19:00=A サントリー対NTTコミュニケーションズ(秩父宮)
8月31日(土)
17:00 B リコー対コカ・コーラウエスト(秩父宮)
19:00 B 東芝対キヤノン(秩父宮)
17:00 B ヤマハ発動機対クボタ(大阪・金鳥スタジアム)
19:00 B 近鉄対パナソニック(大阪・金鳥スタジアム)
18:00 A 神戸製鋼対NEC(兵庫・ユニバ)
9月1日(日)
17:00 A NTTドコモ対九州電力(愛知・豊田スタジアム)
19:00 A トヨタ自動車対豊田自動織機(愛知・豊田スタジアム)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表メンバー35名発表ほか

5月25日(土)に開幕するパシフィック・ネーションズカップ2013、および、ウェールズ代表戦に向けた日本代表メンバー計35選手が発表された。また、長野正和(ヤマハ発動機ジュビロ)が帯同して練習に参加する。

■エディー・ジョーンズ ヘッドコーチ コメント
「HSBC アジア五カ国対抗2013 での素晴らしい成績を踏まえ、IRB パシフィック・ネーションズカップ2013 およびウェールズ代表と対戦するリポビタンD チャレンジ2013 で勝つためのメンバーを選出しました。私たちはまだこれから、ストレングス&コンディショニングやゲームメイクの部分で努力を積み重ねていく必要があります。スーパーラグビー組の堀江、リーチ、田中が途中でチームに合流します。現在負傷している廣瀬らは当面はリハビリテーションに時間を割くことになりますが、なるべく早くチームに戻ってくることを願っています」

◎日本代表メンバー
■FW: 19名/長江有祐、三上正貴、浅原拓真、堀江翔太、 木津武士、青木佑輔、 湯原祐希、山下裕史、畠山健介、 伊藤鐘史、大野均、真壁伸弥、ジャスティン・アイブス、 安井龍太、 マイケル・ブロードハースト、 マイケル・リーチ、ヘンドリック・ツイ、菊谷崇、ホラニ龍コリニアシ
■BK: 16名/日和佐篤、田中史朗、内田啓介、小野晃征、 田村優、 立川理道、クレイグ・ウィング、 中村亮土、マレ・サウ、霜村誠一、 藤田慶和、廣瀬俊朗、 今村雄太、小野澤 宏時、福岡堅樹、五郎丸歩

今後の日本代表のテレビ放映だが、パシフィック・ネーションズカップは、JSPORTSが全試合生中継。加えて、5月25日のトンガ代表戦は、TVKが録画放送をする(18:30~)。6 月8 日(大阪・近鉄花園ラグビー場)と6 月15 日(東京・秩父宮ラグビー場)にの日本代表対ウェールズ代表戦は、J SPORTSが2試合とも生中継、日本テレビが地上波(関東ローカル)で2試合、衛星波(BS)で1試合を録画放送予定。日テレは、6月8日、深夜26:30 ~28:30、6 月15 日は、BS 日テレ (録画) 19:00~20:50、地上波・日本テレビ (関東ローカル・録画) 15:00~16:50となる。

お知らせ◎5月22日、恒例の「みなとスポーツフォーラム」が開催されます。次回は小規模会場で参加者がより深く楽しめる形式での開催。講師にJリーグで観戦調査などを実施している、筑波大学准教授の仲澤眞さんを招きます。6月のウェールズ戦に向けて、「応援」について理解を深め、より一層ウェールズ戦をお楽しみいただくためのフォーラムです。
詳しくは以下より。
http://www.rugby-japan.jp/news/2013/id19281.html

| | コメント (12) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訃報:近鉄ライナーズより

近鉄ライナーズの中井太喜(なかい・たいき)選手(24歳)が、5月12日、大阪府枚方市内の病院で亡くなった。昨季はトップリーグの全13試合に出場したFLだ。啓光学園から京都産業大学でプレーし、近鉄ライナーズには平成23年に入部した。1カ月ほど前から病気療養中だったという。

信じられない気持ちでいっぱいである。3月のトップリーグオールスターの前日、「勝手に前夜祭」と題したファン・イベントにも参加してくれて、同じく近鉄の重光泰昌選手やNTTドコモレッドハリケーンズの秦一平選手、金栄釱(キム・ヨンデ)選手らと楽しいトークをしてくれたのに。その後、体調を崩されたようだが、そのときの思い出が楽しいものだったこともあり、悲しく、残念でならない。謹んでご冥福をお祈りしたい。

写真は、そのときのトークイベントのもの。僕の左手にいるのが中井選手。

201305131


| | コメント (6) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京大対筑波大戦

201305121

12日の日曜日は、全国各地でたくさんの注目試合やラグビー祭があったのだが、僕は関東の大学春季大会の帝京大学対筑波大学戦を取材した(帝京大学G)。帝京大学の中村亮土キャプテン、筑波大学の内田啓介キャプテンなど日本代表、U20日本代表組は出場しなかったが、両大学には、この世代の才能ある選手がひしめきあっているのが良く分かる試合だった。

立ち上がりから激しい接点の攻防が続き、スピーディーなパスワークからのランなど、詰めかけたラグビーファンの皆さんをうならせるプレーが続いた。帝京がPR森川のトライで先制すると、筑波もNO8山本がラインアウトのこぼれ球を拾って約50m独走のトライを返す。他のプレーを見ていても、山本浩輝の才能は底知れない気がした。

帝京はWTB磯田が相変わらずの俊足でトライを奪い、筑波もWTB久内、FB山下らがディフェンスを切り裂いた。帝京FB竹田宜純(兄)に、筑波CTB竹田祐将(弟)がタックルする兄弟対決のシーンもあり、高校ラグビーから見ているファンの皆さんには興味深い試合だったろう。

後半に入ると、帝京がスクラムトライを奪いなどFW戦で優位に立ち、筑波のディフェンスを崩してトライを重ねた。最終スコアは、48-17。これに日本代表組が加わったらどこまで強くなるのだと末恐ろしい強さだった。ただ、筑波もタックル後のブレイクダウンをきれいに乗り越えてターンオーバーしたり、前に出るタックルで帝京FLイラウアらパワフルな選手を一発で倒す場面も多く、個々の能力の高さを見せつけていた。

両チームのメンバーの中で唯一の1年生は帝京LO飯野晃司(三好高校)。189センチ、102キロで、「積極的だった」と岩出監督も及第点をつけた。いずれはNO8でプレーしてほしい選手のようだ。試合を総括して、岩出監督は「今やっていることを発揮して、積み上げたいと思っていた。いいところもあったし、いま一つのところもあった」とまずまずといった表情だった。「今は立ってプレーすることに集中しているので、記憶に残るような練習をしていきたい」。

日本代表でUAE戦に出場した中村亮土キャプテンもいたのだが、「久しぶりに会いました」と岩出監督。キャプテンが不在になっていることについては、「リーダーは他にもたくさんいますから。彼がもし、いまここにいたらマネージメントの事で頭がいっぱいだったでしょうし、一選手としてエディーさん(日本代表ヘッドコーチ)が鍛えてくれているのは、ありがたいです」と話していた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2013年5月5日 - 2013年5月11日 | トップページ | 2013年5月19日 - 2013年5月25日 »