« 2013年6月2日 - 2013年6月8日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »

2013年6月9日 - 2013年6月15日

ウェールズ第2テストマッチ結果

最終スコア、23-8。1973年のウェールズ遠征で初めて戦って以来40年、ウェールズ代表と13戦目にして、日本代表の初勝利である。

201306155

6月15日の秩父宮ラグビー場は、2万1062人の観客で埋まった。8日の花園ラグビー場の満員の好影響もあっただろう。ラグビーを愛する人たちの熱が、2試合続けて日本代表を後押しした。日本ラグビーが一体となった勝利だった。廣瀬キャプテンは言った。「大観衆の中でプレーできて感激です。花園でも満員の観客の後押しに幸せを感じました。その感謝を勝利で返したいと思っていました」

午後2時のキックオフ以降、互いのディフェンスが安定していたこともあるのだが、両チームはキックで陣地を刻みながら慎重に試合を運んだ。前半14分、日本代表はFB五郎丸のPGで先制。ウェールズSOダン・ビガーにPGを返されたが、34分、再び五郎丸が40m以上のPGを決めて、6-3とする。

セットプレーでのミスや反則などでいくつかボールを奪われることがあったが、おおむね安定。終盤には相手ボールのスクラムでボールを奪うシーンもあった。地域を獲るキックなどのミスもあったが、きょうの日本代表には、そのミスを致命傷にしない我慢強さがあった。後半早々にウェールズのWTBトム・プライディーにトライを奪われたが、ウェールズのミスをついて攻め込み、連続攻撃からCTBクレイグ・ウイングが右コーナーに飛び込んだ。このトライに至る直前、五郎丸の突進でできたラックサイドをWTB廣瀬が突破し、ディフェンダーを下げたことが、このトライを生んだ。素晴らしいプレーだった。

これで13-8とした日本代表は、19分にも、SH田中のロングパスからCTBサウ、FLブロードハーストとパスがわたってトライ。22-8とした。27分には、田中に代わってSH日和佐を投入。真壁、畠山らも次々に出場させてテンポアップし、じっくり攻めることも織り交ぜて上手く時間を使った。36分、WTB福岡の思いきりのいいカウンターアタックにウェールズがハイタックルの反則。五郎丸のPGが決まったところで勝負が決まった。歓喜の秩父宮ラグビー場。あちらこちらで握手し、抱き合い、涙する観客の姿があった。

長らく日本ラグビーを見続け、応援し続けた人々にとっては格別の勝利だった。

ウェールズのマクブライドヘッドコーチは、「何度も22mライン内に入りながらチャンスを逃した。プレーの正確性を欠いていた。日本はよくコーチングされたチーム。時間を追うごとに、どんどん強くなった」とコメント。ウェールズの記者に「これはウェールズラグビーの後退につながるか」と問われ、「それはない。我々はこの経験を次に生かすことが大切。数年後にこのメンバーから何名が代表のレギュラーをつかんでいるか。このまま終わらせるわけにはいかない」と話していた。

エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチは、こうコメントした。
「チームを誇りに思う。キャプテン廣瀬も素晴らしいリードでした。満員の観衆にも感謝しています。ウィニングポイントは、スクラムでしょう。相手に圧力をかけ、ときに奪うこともできた。そして、選手のファイトする気持ち。何度も何度も起き上がってタックルする。チェイスする。シンプルなことを激しく、80分やり続ける。そうしたファイトを80分間できなければ大試合に勝つことはできません。ただし、まだ世界トップ10への道のりは遠い。方向は間違っていないので、ハードワークを続けていきます。我々には日本ラグビーを変えていく使命があるのです。明日も練習して、カナダ戦に備えます。名古屋には勝ちに行きます」

次は、19日、瑞穂ラグビー場でカナダとの対戦となる。

| | コメント (47) | トラックバック (3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノーサイドPJ・勝手に前夜祭

20130615

金曜日の夜は、「ノーサイドプロジェクト2013水無月――前日から盛り上がっちゃいましょう!」を開催。会場は秩父宮ラグビー場至近の「外苑前HUB」。定員を超える参加者のみなさんと、渡瀬あつ子さんの「楕円桜」を全員で歌ったり、ゲストへの質問コーナーなどで大いに盛り上がった。

201306151

ゲストはNECグリーンロケッツ、日本代表で活躍した長身LO熊谷皇紀さんに、東芝ブレイブルーパスの冨岡鉄平コーチと、吉田朋生選手。熊谷さんに、「戦ったロックで、一番やりにくかった選手は?」という質問が出ると、「ジェイミー・ワシントンがクレバーでだし、長身で嫌な相手でした」とサントリーLOの懐かしい名前が。

201306152

冨岡鉄平コーチは、注目選手として、廣瀬キャプテンと、立川理道選手をあげた。「廣瀬はセクシーなキャプテンです。リーダーはいい男じゃないといけない」と持論を展開。立川選手については、「身のこなしが素晴らしい。東芝のBKも参考にさせてもらっています」と話していた。

201306153

吉田選手は先日のウェールズ戦での田中史朗選手を見て、「自信にあふれていましたね」とコメントし、第2テストマッチも、「田中が初戦通りキックを織り交ぜるのか、それともパスを回しまくるのか、どんな動きをするのか楽しみにしています」と、そのプレーメイクを楽しみにしていた。東芝の選手達もみんなで応援に行くという。

さあ、今度こそ歴史的勝利を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル・アンセム

明日(6月15 日)の秩父宮ラグビー場では、両国のナショナル・アンセムの斉唱があるが、ウェールズを藤沢男声合唱団が担当、日本国歌を宮崎県出身の歌手 GILLE(ジル)さんが歌う。

GILLEさんは、宮崎県出身。プロフィールには、次のようにある。『2012年2月、GILLEのアーティスト名でAKB48「フライングゲット」や斉藤和義「やさしくなりたい」を英語でカバーし、YouTubeにアップしたシルエット動画が"YouTube上に現れたミステリアス・シンガー"としてtwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを中心に驚異的なスピードで話題となる。GILLE名義関連6動画の累計再生回数は無名の新人にして公開からわずか約1ヵ月間で180万回を突破。争奪戦の末、ユニバーサルミュージックからHilcrhymeのカバー「春夏秋冬(English Ver.)」デジタル・シングルで緊急デビューを果たす』

このGILLEさん。お父さんが宮崎都城高校でラグビーをしていたそうだ。GILLEさんが所属する会社の社長は、元神戸製鋼の武藤規夫さんの小、中学校の同級生だったのだとか。
「今回ラグビー国際試合での日本国歌独唱という、大変名誉のある大役をいただきとても光栄に思っております。父から学生時代ラグビー部だったころの話をよく聞いていたので、試合会場で歌わせていただくのは夢のようです。私もアーティストとして、この由緒ある国際試合のお手伝いができることを嬉しく思います」

藤沢男声合唱団は1980年に創設された現在約60名のアマチュア市民合唱団。ウェールズに過去2回演奏旅行で訪れ、各地の地元合唱団と約10回のコンサートを行ったことがある。

両チームのナショナル・アンセム斉唱もお楽しみに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Red!Red!Red!大阪トークライブ(13日)

昨夜は、大阪・北浜のリンクスギャラリースペース大阪で、僕が進行する三夜連続トークイベントの3日目だった。これは、林敏之さんが会長を務めるNPO法人ヒーローズの「ウェールズ代表来日盛り上げイベント」の一企画。イベントはまだ続く。今夜は、林敏之さんとラグビー殿堂入りした坂田好弘さんという、レジェンド対談が行われる。本イベントの最後の夜なので、皆さんぜひご来場を。※北浜駅30番出口至近。

201306141

昨夜のゲスト東田哲也さんは、大阪工大高、同志社大学、ワールドで活躍し、現在は六甲クラブのGMを務める。1962年生まれだが、まだ現役登録をしている。この日は、なんと1983年の日本代表のウェールズ遠征のブレザーとセーターを持参し、写真のようにはおってくれたのだが、30年前のブレザーを完璧に着られるところがすごい。体型はほとんど変わっていないようだ。そして、セーターのほうは、トークライブの最後に参加者の皆さんとジャンケンをしてプレゼント。群馬から東田さんに会いにやってきたファンの方がゲットした。

東田さんと言えば、同志社大学の同期、平尾誠二さんと人気を二分し、土田雅人さんや、一学年上の大八木淳史さん、さらに上の林敏之さんらと同志社大学黄金時代を引っ張った人だ。ただし、膝の怪我もあって、日本代表キャップはウェールズ戦のみ。「大学のコーチには絶対に行くな、と言われましたが、僕はどうしてもウェールズに行きたかった。そのあと、膝が悪くなって思うように走れなくなりましたが、行って大正解だったと思っています」。ウェールズでは、普段はめちゃくちゃ面白い松尾雄治さんが、テストマッチの前に涙したエピソードなど語ってくれた。「あの涙で十分でした。奮い立ちました」。

東田さんは社会人になって膝を手術し、39歳までワールドでプレーした。高校時代は、伝説の名勝負「伏見工業対大阪工大高」に大阪工大高のCTBとして出場した。栗林選手の決勝トライに、わずかに手が届かなかったのが東田さんだ。「あのとき、もし僕が止めて勝っていたら、スクールウォーズもなかったし、ラグビー人気の爆発もなかった。ある意味、僕らが歴史を作ったようなもんで」と、面白おかしく伝説の試合を語った。

「僕はラグビーをしている人間が大好きなんです」と、これからもラグビーに関わり続け、普及活動に尽力する意気込みで、最後を締めてくれた。懇親会もほとんどの人が参加して、東田さんとたっぷりラグビー談義を楽しんでいた。東田さん、ありがとうございました。

トークの最後は恒例の林会長の謝辞。いつも、うるうるっときます。

201306142


| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月15日の日本代表メンバー

日本代表 対 ウェールズ代表第2 戦の日本代表登録メンバーが発表になった。廣瀬俊朗キャプテンが、WTBとして先発復帰。真壁、アイブスら怪我を抱えていた選手もリザーブ入りしている。

1三上正貴(東芝ブレイブルーパス)、2堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ)、3山下裕史(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、4大野均(東芝ブレイブルーパス)、5伊藤鐘史(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、6ヘンドリック・ツイ(サントリーサンゴリアス)、7マイケル・ブロードハースト(リコーブラックラムズ)、8菊谷崇(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、9田中史朗(パナソニック ワイルドナイツ)、10立川理道(クボタスピアーズ)、11福岡堅樹(筑波大学2 年)、12クレイグ・ウィング(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、13マレ・サウ(ヤマハ発動機ジュビロ)、14廣瀬俊朗◎(東芝ブレイブルーパス)、15五郎丸歩(ヤマハ発動機ジュビロ)/16木津武士(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、17長江有祐(リコーブラックラムズ)、18畠山健介(サントリーサンゴリアス)、19真壁伸弥(サントリーサンゴリアス)、20ジャスティン・アイブス(キヤノンイーグルス)、21日和佐篤(サントリーサンゴリアス)、22田村優(NEC グリーンロケッツ)、23藤田慶和(早稲田大学2 年)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Red!Red!Red! 大阪トークライブ(12日)

昨夜は、大阪・北浜のリンクスギャラリースペース大阪(北浜駅30番出口)で、僕が進行する三夜連続トークイベントの2日目だった。林敏之さんが会長を務めるNPO法人ヒーローズの「ウェールズ代表来日盛り上げイベント」の一企画。

201306131

ビル1Fの展示スペースは、こんな感じで、スポーツイラストレーターの尾中哲夫さんの原画展。昨夜は、ゲストが現役選手であるNTTドコモの箕内拓郎選手とあって、午後7時のキックオフ前から続々とお客さんが詰めかけて、その後の懇親会もほとんどの人が参加して大盛況だった。あっ、写真撮り忘れた(汗)。

2003年、2007年ワールドカップの日本代表キャプテンの話は、一つひとつ実感がこもっていた。「テストマッチは、一人でも集中力を切らすと、そこから付け込まれる」、「(世界選抜などで)世界のトップ選手とプレーすると、その視野の広さと的確な指示の声に驚かされる」など、具体的なエピソードも交えて語ってくれた。ちなみに、箕内選手は2002年から日本代表なのだが、その前年にウェールズが来日した時、パシフィックバーバリアンズの一員として勝利している。

2006年には、南アフリカ代表海外遠征100周年の記念試合に招待され、世界選抜の一員として翌年に世界王者となる南アフリカ代表と対戦。このときは、ほんの少し合わせただけで素晴らしいコンビネーションプレーを連発する世界選抜の選手達に感銘を受けたそうだ。田中史朗選手も指摘する「試合中のコミュニケーション能力」の高さが、世界トップ選手には当然のように備わっている。それが日本と世界の大きな差だと、箕内選手も認めていた。

さて、今夜のゲストは東田哲也さん。1983年、日本代表はカーディフのアームズパークでウェールズ代表と戦った。そのとき、WTBとして先発出場したのが同志社大学時代の東田さんだった。東田さんの日本代表キャップは、この1つだけにとどまっている。なぜ、そうなったのか。今でもラグビーに深くかかわり続ける東田さんのラグビー愛とはどんなものなのか。大学ラグビー人気絶頂期の「男前選手」の代表格でもある東田さんに、いろいろ伺えればと思う。

本日、午後7時より。北浜駅30番出口至近(出口の裏側って感じです)。ぜひ、ご来場ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋山哲平選手(同志社大学)に会う

201306122

12日の昼間、同志社大学の田辺キャンパスで、今季の同大ラグビー部を率いる秋山哲平キャプテンを取材した。これは、6月25日発売のラグビーマガジンに掲載されるもの。

東福岡高校時代は、今年の早稲田大学の垣永キャプテンと同期で全国制覇。突破力あるFW第三列として活躍していた。実は同志社大学ラグビー部のことはあまり知らず、勉強したいことがあって進学を決めたらしい。

同志社大学は、この春、全国制覇の常翔学園のLO山田、WTB松井、茗溪学園のSH大越など有望な1年生が加入し、練習試合などでも、帝京大学に前半は大健闘したり、筑波大学とも接戦を繰り広げるなど、チーム力は着実に上がってきている。

秋山キャプテンも、手ごたえを感じており、「1年生、2年生が多いので、チームが活性化しています。まだまだ伸びるチームだと思っています」と語っていた。秋山選手はこれまでキャプテン経験はないが、「僕はチームの頂点にいるタイプではないので、みんなの真ん中にいたい」と話していた。印象に残る言葉だった。詳しいことは、ラグビーマガジン誌上にて、ぜひご一読を。

201306123

このTシャツは、福岡市内から車で30分ほどの糸島のWILD MART(ワイルド マート)で購入できるもの。糸島で唯一オリジナルブランドの洋服を製造・販売しているお店。現在発売されているラグビーマガジンで、早稲田の垣永選手もこの件、話しているのだが、友人の従兄弟のお父さんがやっているのだそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Red!Red!Red! 大阪トークライブ(11日)

昨夜は、大阪・北浜のリンクスギャラリースペース大阪(北浜駅30番出口)で、トークイベントだった。NPO法人ヒーローズが主催する、ウェールズ代表来日盛り上げイベントである。ビルの1F展示スペースには、スポーツイラストレーターの尾中哲夫さんの原画展。林敏之さんの著書「楕円球の詩」の表紙、僕の「仲間を信じて」の表紙原画などもある。

昨夜のトークライブのゲストは、元日本代表、サントリーで活躍した中村直人さん。プロップ一筋に現役を歩んだ中村さんの面白エピソードの数々に爆笑の連続。あまりにウケるので、「クセになりそう」と中村さん。「帽子屋始まって以来」と言われた頭の大きさや、キャプテンをしたとき、相手の反則の後、レフリーに「どっちにしますか?」と選択を質問されて、「どんな選択肢があるか、分からなかった」などなど、コネタの連続に、僕も腹を抱えて笑った。林敏之さんもときどきライン参加する楽しいトークだった。

今回のイベントの一部はスクラム釜石に寄付される。中村さんは、1999年のワールドカップでウェールズ代表と戦っているのだが、試合後に交換した相手プロップ(デヴィッド・ヤング)のジャージを持参し、「オークションなどで活用してほしい」とヒーローズ会長の林さんに手渡した。林さんも大いに感激していた。写真は、トーク後の懇親会参加者とのもの。巨大なジャージに、皆さん、ウェールズ代表選手の大きさを実感していた。

201306121

今夜(12日、19時から)のトークゲストは、箕内拓郎選手(NTTドコモ)。2003年、2007年のワールドカップで日本代表のキャプテンを務め、海外の招待試合にもゲストとして招かれるビッグネームである。僕も久しぶりにいろいろ話が聞けるので楽しみ。

13日夜のゲストは、東田哲也さん、そして、14日は、世界ラグビー殿堂入りの坂田好弘さんと、林敏之さんが対談する。

イベントの詳細は、コチラより。
http://www.npo-heroes.com/

リンクスギャラリーのfacebookもあります。
https://www.facebook.com/Links.Gallery

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1988年1月1日、花園が燃えた日

先日、ラグビーマガジンを発行するベースボール・マガジン社から、3冊のラグビー本が出版されたことをお伝えした。

「ラグビーに生きる」(大野均・著)

「倒れるな」(小野澤宏時・著)

「心で見る」(坂田好弘・著)

これらは、それぞれ当事者が体感したことを書いている。そして、スポーツライターが過去の名勝負を追った「花園が燃えた日 高校ラグビー北野vs.伏見工」(鎮勝也・著)も出版された。版元の論創社は、これまで藤島大さんのラグビー本なども出版してきた。今回は、立命館大学ラグビー部OBの鎮さんが、1988年1月1日、全国高校ラグビー大会3回戦の、伝説の名勝負を丹念に調べなおし、詳細な試合内容、当事者たちのコメントを軸に構成している。

僕も、すでにラグビーマガジンの編集部にいて取材していた。怖いほどにあふれたお客さんをよく覚えている。先日の日本代表対ウェールズ代表戦で花園は満員になったが、1988年のあの日、キャパシティー1万2000人だった花園に、2万人以上が詰めかけたのだ。

いったい何が起きたのか。タッチライン際の芝生にもあふれた観客、閉じられた入場ゲートを乗り越える人々…。大阪の進学校・北野高校と、高校ラグビー界随一の人気チーム、伏見工業が繰り広げた激闘を、表も裏も調べつくした一冊。伏見工業のSO薬師寺、北野の両WTB栗山、橋下、役者もいる。高校大会の歴史、ルールの変遷なども改めて勉強になる。ラグビーの歴史を文字にして残す。鎮さん、いい仕事です。ありがとう。

価格:1,680円(税込)
http://www.amazon.co.jp/dp/4846012468/

20130611

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男女7人制W杯スコッド&U20結果

201306101

6月28日~30日(女子は、29日、30日)にかけてモスクワで開催されるラグビーワールドカップ・セブンズの男女日本代表スコッドの発表記者会見があった。男子はここから大会登録枠の12名に絞り込んで遠征する。女子は、お馴染みの名前が並ぶが、男子のほうは負傷からようやく復調した豊島翔平、学習院大学4年の江見翔太、桑水流の後継者として期待される専修大学出身の吉野健生、東京セブンズで活躍した、ジェイミー・ヘンリー、ジャパンセブンズでの活躍が認められた夏井大輔らも名を連ねている。男女ともに数回の合宿と海外遠征(男子はフィジー、女子はオーストラリア)から選考されている。

男子の瀬川ヘッドコーチは、「ベスト8入りが目標。まずは、初戦のスコットランドに勝ちたい」とコメント。女子の浅見ヘッドコーチは、「日本の女子は(他国に比べて)体も小さく、パワーもスピードも足りないが、7人が、8人、9人、10人に見えるような戦い方をしたい」と意気込みを語った。

◎男子7人制日本代表、W杯スコッド
FW=レプハ・ラトゥイラ(近鉄ライナーズ)、桑水流裕策(コカ・コーラウエストレッドスパークス)、オペティ・ファエアマニ( 福岡サニックスブルース)、吉野健生(JR東日本)、江見翔太(学習院大学4年)、
BK=成田秀悦(サントリーサンゴリアス)、橋野皓介(キヤノンイーグルス)、 坂井克行(豊田自動織機シャトルズ)、 豊島翔平(東芝ブレイブルーパス)、 ジェイミー ・ヘンリー(購買戦略研究所)、羽野一志(中央大学 4年)、小原政祐(東海大学 3年)、
Utility=ロテ・トゥキリ(北海道バーバリアンズ)、夏井大輔(東芝ブレイブルーパス)

◎女子7人制日本代表、W杯スコッド
FW=藤崎朱里(Rugirl-7)、竹内亜弥(世田谷レディース)、冨田真紀子(世田谷レディース)、鈴木実沙紀(関東学院大ラグビー部)、横尾千里(世田谷レディース)、三樹加奈(立正大学ラグビー部)
BK=兼松由香(名古屋レディース)、鈴木彩香(立正大学ラグビー部)、山口真理恵(Rugirl -7)、井上愛美(RKUラグビー龍ヶ崎)、谷口令子(世田谷レディース /東京学芸大ラグビー部)、鈴木陽子(立正大学ラグビー部)、大黒田裕芽(立正大学ラグビー部)
Utility=中村知春(PHOENIX)


U20日本代表は、IRBジュニアワールドラグビートロフィー(JWRT)2013のプール戦でウルグアイ、トンガには勝ったもののカナダに敗れ、3位決定戦に進出。チリに、35-38で敗れ4位で大会を終えた。今回も上部大会であるジュニア・ワールド・チャンピオンシップには昇格できなかった。

◎沢木敬介ヘッドコーチ
「U20チリ代表のパワーラグビーに対応できなかった。これぞアウエーというレフリングもあり、ラグビーの厳しさを痛感した大会だった。日本が勝っている部分も多いが、他の国の強化を見ると、S&Cの強化で遅れをとられないようにしなければならないと感じた。期待に応えることができなかったが、応援していただいた方々に感謝します」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪北浜でヒーローズがイベント開催(連日トークライブあり)

ウエールズ代表との第2戦は、6月15日(土)。一度戦ったあとは知恵比べだ。日本代表がトライをするためには、第1戦を布石として、いかにウエールズのディフェンスの裏をかけるかどうか。その駆け引きも楽しみたい。

さて、第1戦の花園ラグビー場では、林敏之さんのヒーローズと、大阪ラグビーネットワークが、日本と、ウエールズの応援旗を作成して、3,000本配布。会場の盛り上げに一役買った。そのヒーローズが主催するイベント「ウエールズがやってくる!Red!Red!Red!」が6月8日より6月14日まで開催されている。

Somote130524

大阪市中央区北浜1丁目の「リンクス ギャラリースペース大阪」で、連日、11:00から21:00まで。夜は連日トークイベントもあり。
https://www.facebook.com/Links.Gallery

6月10日は、19:00からは、レフリーの原田隆司さんが聞き手になって、正面健司(神戸製鋼)、成昴徳(近鉄)、緑川昌樹(NTTドコモ)の三選手を招いてのトーク。

僕は、6月11日から三夜連続で19:00より、トークライブの進行役をすることに。11日=中村直人、12日=箕内拓郎、13日=東田哲也と、ゲストはいずれもウェールズと対戦経験のある元日本代表選手の皆さん。予約不要。入場料=一口1,000円(収益の一部をスクラム釜石の支援金として寄付)。

14日は、林敏之さんと、坂田好弘さんの対談がある。ぜひ、お立ち寄りください。

ギャラリーでは、写真やイラスト、林さん所有のジャージなど展示、物品販売もある。
http://www.npo-heroes.com/images/ura130524.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2013年6月2日 - 2013年6月8日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »