« 2013年8月4日 - 2013年8月10日 | トップページ | 2013年8月18日 - 2013年8月24日 »

2013年8月11日 - 2013年8月17日

U19日本代表&7人制ユース代表結果

8月17日(土)に台湾・高雄で行われた「U19アジア選手権」(兼IRBJunior World Rugby Trophy(JWRT)2014アジア予選)最終戦で、U19日本代表は、U19韓国代表に勝ち、3勝0敗で大会を終えた。この結果、U19日本代表は、来年香港で行われるJWRT(U20の世界大会)のアジア代表としての出場権を獲得した。

■試合結果
U19日本代表○51対3●U19韓国代表(前半25対3)

<出場メンバー>
FW 1.塚原巧巳、2.堀越康介、3.具智元、4.牧野内翔馬、5.田中真一、6.近藤雅喜、7.末永健雄、8.桶谷宗汰、BK 9.大越元気、10.松田力也◎、11.成田秀平、12.石田幹太、13.梶村祐介、14.松井千士、15.野口竜司
(リザーブ)16.古屋篤史、17.堀切厚輝、18.江口晃平、19.桑野詠真、20.鈴木達哉、21.小山大輝、22.浜岸峻輝、23. 別所丈司
◎はキャプテン

■沢木敬介ヘッドコーチのコメント
「疲れや緊張などもあってミスは多かったが、これまでやってきた低い姿勢を取ることやブレイクダウン、試合中のコミュニケーションはこの遠征で大きくレベルアップした。ただ、この内容に選手は満足していないだろうし、世界と戦うために選手たちには日本に帰ってからもハングリーにもっと上を目指してほしい。応援して下さった皆様、ありがとうございました」

■松田力也キャプテンのコメント
「今日の試合は、目標通り相手をノートライに抑えて優勝することができてよかった。この遠征を通してチームが一つになり、プレーも毎試合レベルアップした。これから来年のJWRTに向けて、日本に帰ってからの選手一人ひとりのラグビーに取り組む姿勢が大事になってくる。世界と戦うためにフィジカルを鍛え、少しでも強くなってU20日本代表に戻ってきたい」

8月16~24日に中国・南京のユース・オリンピック・スポーツ・パーク(Youth Olympic Sports Park)で開催されている第2回アジアユースゲームズのラグビー競技(7人制)第1日の男子7人制ユース日本代表、女子7人制ユース日本代表の試合結果は以下の通り。

▽男子日本代表登録メンバー
1. 永井達啓◎、2. 桑山聖生、3. 舟橋諒将、4. 斎藤直人、5. 竹山晃暉、6. 小原錫民、7.中井健人、8.花田幸平、9.佐藤航大、10.宮嵜永也
※◎はキャプテン

▽女子日本代表大会登録メンバー
1.櫻井彩乃、2.及川由季、3.福島わさな、4.野田夢乃、5.山本実◎、6.伊藤優希、7.鵜川志帆、8.バティヴァカロロ・ライチェル・海遥、9.新原響、10.立山由香里
※◎はキャプテン

■試合結果(8月17日)
<男子>
プールA 第1戦
日本38-0カザフスタン(前半17-0)
プールA 第2戦
日本26-0韓国(前半12-0)
<女子>
プールA 第1戦
日本38-5香港(前半14-5)
プールA 第2戦
日本43-0タイ(前半26-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ラグビーチャンピオンシップ、17日開幕

ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチンによる「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」が8月17日に開幕する。世界ランキングのトップ3に、現在10位のアルゼンチンだから、実力差はあるわけだが、それでも昨年は南アフリカと16-16と引き分けるなど、何かやってくれそうなのが、アルゼンチンの面白いところ。

ベテランCTBコンテポーミがキャプテンとしてチームを率い、天才エルナンデスはFBに入る。初戦は南アフリカとの対戦だが、何かやらかしてほしいところ。その南アフリカは、サントリーのSHフーリー・デュプレアがリザーブでメンバー入り。久しぶりの代表復帰で質の高いパスワークを披露してほしいところ。

昨年、初代王者になったニュージーランド代表オールブラックスは、SOダン・カーターはふくらはぎの怪我で欠場するが、その代わりがアーロン・クルーデンなのだから層が厚い。対するオーストラリア代表ワラビーズにとっては、クルーデンも要注意の選手。タックラーをかわす技術も高く、タックルもいい。リザーブで選ばれているCTBライアン・クロッティーは、出場すれば初のテストマッチとなる。マア・ノヌーは80キャップ目だ。

ワラビーズは、ユーアン・マッケンジー新監督がSOにブランビーズのマット・トゥームアを起用したのが面白い。レッズのクーパーは控えスタート。トゥームアとインサイドCTBクリスチャン・リアリーファノのコンビを重視したということか。天才BKジェームズ・オコナー、イズラエル・フォラウを両WTBに据えたところも面白い。オコナーはSOを務めることもあるが、彼はランナーとして生きると思っていたので、この編成は楽しみだ。

もし、オールブラックスが勝てば、ワラビーズとのテストマッチ100勝目となるようだ。この試合は、JSPORTSで生中継される。

■ザ・ラグビーチャンピオンシップ ~南半球4カ国対抗戦~ 第1週
8/17(土)午後 6:55~ オーストラリア vs. ニュージーランド J SPORTS 1【生中継】
8/17(土)深夜 1:00~ 南アフリカ vs. アルゼンチン J SPORTS 1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

U19日本代表結果、TEAM 2019

RWC 2019のアンバサダー6名が、7月に発表されたが、そのメンバーが全国を巡る「TEAM 2019全国キャラバン 」の初回が、熊本で行われることが決まった。増保輝則、松田努、大畑大介の三氏が、第40回九州少年ラグビー交歓会(SEINAN ラグビーマガジン杯)に参加するもの。2日間にわかって、ラグビーをプレーする子供達や事前応募で集まったファンの皆さんの意見交換などする。

台湾・高雄にて開催されている「U19アジア選手権」(兼IRB Junior World Rugby Trophy(JWRT)2014アジア予選) 第2戦、U19日本代表は、U19香港代表を下した。U19日本代表は、8月17日にU19韓国代表と最終戦を行う。
※JWRTはU20代表による世界大会。今回は、2014年JWRT出場時にU20代表として戦う世代の選手がU19代表として参加している。

■試合結果
U19日本代表○74対8●U19香港代表(前半34-3)

<出場メンバー>
1. 塚原巧巳、2.堀越康介、3. 具智元、4. 牧野内翔馬、5. 桑野詠真、6. 田中真一、7. 末永健雄、8. 桶谷宗汰、9. 小山大輝、10. 松田力也◎、11. 成田秀平、12. 石田幹太、13. 梶村祐介、14. 松井千士、15. 野口竜司
16. 古屋篤史、17. 堀切厚輝、18. 江口晃平、19. 近藤雅喜、20. 鈴木達哉、21. 大越元気、22. 浜岸峻輝、23. 別所丈司
◎はキャプテン

■沢木敬介ヘッドコーチのコメント
「ボールキャリアの低い姿勢でのプレーや、この試合のテーマである、攻守の切り替えの部分でいいところもあったが、ブレイクダウンでのサポートプレーなど改善するところは多くある。もう一つレベルアップして韓国に勝ちたい」

■松田力也キャプテン
「前半の入りはとても良く、自分たちのペースで試合を出来た。しかし、その後ミスが続き、流れに乗りきることが出来なかった。後半は甘さが出てしまい、1 トライ取られてしまった。集中力が課題だと思う。明日からまた成長して、次の韓国を圧倒して勝ちたい」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表、秋の対戦相手&お知らせ

8月12日は、日本ラグビーフットボール協会のジャパンクラブにて、日本代表の秋の欧州遠征に関する説明会があった。岩渕健輔日本代表GMは、「テストマッチを優先した」と国代表との試合を念頭に各国と調整したと明かした。エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチとも話し合い、2015年のワールドカップに近いスケジュールを組んでいる。アジア予選突破は前提とした話だ。

つまり、11月2日のオールブラックスが、ワールドカップ初戦で対戦する仮想・南アフリカ、次戦は本番でも対戦するスコットランド。2015年は、このあと、サモア、アメリカ大陸予選2位との対戦になるが、ここは、世界ランキングではやや低いロシアとスペインということになった。岩渕GMはこう説明した。「オールブラックスとスコットランド戦の間は1週間ありますが、日本からスコットランドへの移動もあってタフな日程です。そして世界のトップレベルと2試合した後は、負けられない国と、そのプレッシャーのなかでの戦いです。ワールドカップの本番に近いシチュエーションだと思います」

ロシアも同時期に遠征しており、英国内での対戦の可能性が高い。ジョーンズHCは、今年中に、ワールドカップのメンバーの約7割を決めたいと話しており、ワールドカップ出場を目指す選手にとって大切な遠征になる。

◎2013 年ヨーロッパ遠征 全試合スケジュール
11 月9 日(土)
14:30 対 スコットランド代表
スコットランド・エジンバラ(マレーフィールド)
※時間は現地時間

11 月16 日(土)
キックオフ時間、場所未定
対 ロシア代表

11 月23 日(土)
キックオフ時間、会場未定
対 スペイン代表
スペイン・マドリード

お知らせ◎8月22日の夜、梅田で『シーズン開幕直前!ファンにできること考えよう会 in大阪』と題し、ゲストとともに語り合うイベントが開催されます。申し込み方法などは、以下の通りです。

◎2013年8月22日、19:00〜22:00.梅田にて
ゲスト:坂田好弘、村上晃一
トップリーグ開幕直前「世界のサカタ」をお迎えして乾杯! 参加者が「ファンがラグビーのため、2019年のためにできること」を酒を飲みながら話し合い、みんなの意見を集約していく機会にしましょう。お友達を誘ってぜひご参加ください。
<申し込み>このイベント欄で人数を参加表明いただくか、rugbylove15@yahoo.co.jp までお名前・参加人数・携帯番号をメールください。
こちらから集合場所・時間をご連絡します。
https://www.facebook.com/events/559539254081776/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

U19日本代表、中華台北戦結果

2013年8月11日(日)~8月17日(土)、台湾・高雄にて開催されている「U19アジア選手権」(兼IRBジュニアワールドラグビートロフィー(JWRT)2014アジア予選」に参加しているU19日本代表の第1戦の結果が届いた。

JWRTはU20代表による世界大会で、今回の予選には、2014年JWRT出場時にU20代表として戦う世代の選手がU19代表として参加している。上部大会のJWC昇格のために必ず勝ち、このメンバーの結束力を高めなければならない。U19日本代表は、8月14日(水)にU19香港代表と第2戦を戦う。

■試合結果
U19日本代表○91-3●U19中華台北代表 (前半38-3)
※35分ハーフ

<出場メンバー>
FW 1.塚原巧巳、2.堀越康介、3. 具智元、4. 牧野内翔馬、5. 田中真一、6. 近藤雅喜、7. 末永健雄、8. 桶谷宗汰、BK 9. 大越元気、10. 松田力也(キャプテン)、11. 成田秀平、12. 石田幹太、13. 梶村祐介、14. 松井千士、15.野口竜司
リザーブ:16. 古屋篤史、17. 江口晃平、18. 堀切厚輝、19. 宮川智海、20. 鈴木達哉、21. 小山大輝、22. 浜岸峻輝、23.別所丈司

■沢木敬介ヘッドコーチのコメント
「アタック、ディフェンス、ブレイクダウンでの意識や高い気温の中での集中力の維持など、改善ポイントはたくさんある。一試合プレーしたことでチームの意識は上がった。次の試合に向けていい準備をしたい」
■松田力也キャプテンのコメント
「初めての試合なので、前半はかみ合わないところがあったが、試合の中で修正することができた。BKのアタック、ディフェンスは、相手をよく見て、コミュニケーションを取りながら対応できた。さらにレベルアップして次の試合に臨みたい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2013年8月4日 - 2013年8月10日 | トップページ | 2013年8月18日 - 2013年8月24日 »