« 2013年12月8日 - 2013年12月14日 | トップページ | 2013年12月22日 - 2013年12月28日 »

2013年12月15日 - 2013年12月21日

トップリーグ2ndステージ4節、土曜の結果&女子三地域対抗

土曜日のトップリーグ・セカンドステージ第4節は、現場には行けずテレビ観戦だった。クボタは終始主導権を握った。ただし、間違いなくトライになるパスを落としたりして、もたつくところもあり、なかなか突き放せなかった。クボタのブレイクダインの圧力は激しい。FWで前に出て、SH井上、SO立川が防御を崩してチャンスを作った。NTTドコモは何度も連続攻撃を仕掛けながら、サポートが遅れるなどトライを獲りきれず、NTTコムの決定力が上回った。

明日は、グループAの注目カード、パナソニックと東芝の試合がある。東芝は、オールブラックスのCTBリチャード・カフイが先発。SOでデイビット・ヒルが怪我から復帰する。怪我の廣瀬俊朗に代わっては、関西学院大から今季加入の松延泰樹。鉄壁のパナDFを破れるか。

■トップリーグ・セカンドステージ第4節土曜の結果
クボタスピアーズ○32-5●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半15-0)
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス○24-14● NTTドコモレッドハリケーンズ(前半10-0)
ヤマハ発動機ジュビロ○40-26●NECグリーンロケッツ(前半21-7)
豊田自動織機シャトルズ○44-12●九州電力キューデンヴォルテクス(前半22-5)

21日の名古屋市・瑞穂ラグビー場では、女子の三地域対抗試合(関西代表対関東代表)が行われ、関西代表が競り勝った。関東代表もキャプテンのSO鈴木彩香の2トライで追いついたが、最後は関西HO齋藤聖奈のトライで突き放した。

■女子三地域対抗・21日の結果
関西代表○22-17●関東代表(前半17-5)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムキムキ!ノーサイド&東花園駅への行き方

金曜日の夜は、ABCラジオの「武田和歌子のぴたっと。」の金曜日のコーナーであるムキムキ!ノーサイド劇場に久しぶりに出演した。知らない間に、野球解説者のコメンテーターが、矢野燿大さんから、下柳剛さんになっていた。年末年始のラグビーのあらゆるかカテゴリーのことを話すつもりが、自己紹介が意外に長くなって、あんまり話せず。とにかく、これから高校大会も始まるし、年末年始はラグビーがいっぱい。そして、2019年に日本でワールドカップが行われることを少しでも多くの人に知ってもらえればOKかな。

さて、コメント欄に花園ラグビー場への行き方のご質問があったので、お答えします。

僕は、東京から日帰りの場合は、新大阪から大阪市営御堂筋線に乗って「なんば」まで行き、大阪難波から近鉄電車で「東花園」に行くのがいつものパターン。これが一番簡単です。

次に京都駅降車の場合。京都駅から近鉄電車の急行で「大和西大寺」へ行き、大和西大寺で大阪難波行に乗り換え、「東花園」へ。これが一番簡単です。京都駅から大和西大寺は、急行で40分くらいかかりますが、短縮するには、指定席が500円かかりますが、近鉄特急を利用する手もあります。特急なら大和西大寺まで30分弱です。

新大阪より京都からのほうが、20分から30分長くかかりますが、京都から新大阪の時間も考えると、乗り継ぎのタイミングが良ければそれほど違わないです。なお、東花園駅は工事中で2つに分かれており、大阪難波から東花園に向かったほうが、スタジアムの入り口に近いホームに降りられます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本IBMビッグブルー、クラブとして再出発

日本IBMビッグブルーの山田晋司監督と話す機会があった。ビッグブルーは現在トップイーストディビジョン1(2013年シーズン)に所属している。2004-2005シーズン以降、4シーズン、トップリーグでも戦ったが降格した2009年以降は社員による強化を縮小した。少人数でなんとか乗り切ってきたが、選手不足は深刻となり今季は27名で戦うことに。今後の強化も考え、このほどチームはオープンクラブとなり、他企業の社員でも受け入れ、クラブとして戦うことになった。

今年の6月、関東ラグビー協会は企業名を残してもクラブとして活動できるという制度を作った。日本IBMラグビー部が母体となって、他企業の社員、フリーの選手で日本IBMビッグブルーに所属して、プレーすることが可能になったわけだ。

「クラブチームは環境づくりが一番大変だと思うのですが、我々は専用のグラウンドもあり、トレーニングルームもある。会社のサポートもあります。ラグビー部のない企業に入ったけれど、あるいはやりたい仕事があるけど、ラグビーも高いレベルでプレーしたい人、ラグビーのある企業でもチームから離れた人にとっては、とてもいい環境でプレーできると思います」

また、「この環境を利用してチャンスをつかみ、トップリーグでのプレーを目指してもいいと思います」と、山田監督は言う。「チームが八千代台(千葉県)に来て10年になります。しかし、まだまだ認知度が低い。クラブ化したことをきっかけに、地域に根差したチームにしていきたいと思います」

企業チームからクラブチームへ。部員も募集中。チームコンセプトなどは、ホームページに詳しく書かれている。ビッグブルーの新たな挑戦に興味のある方は、ホームページをのぞいてみてはどうだろう。
http://bigblue-rugby.com/index.html

問い合せ先 日本IBMラグビー部 山田 
メールアドレス:JINSACHO@jp.ibm.com 
電話:03-3808-4478

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廣瀬俊朗選手に会う&ダンディ総選挙

201312181

18日は京都も東京も寒かった。幸い僕は雪に降られることもなく、傘をさす時間も短く移動できた。早め早めに動いたのだが、新幹線も遅れなかった。午後は、東芝ブレイブルーパスの廣瀬俊朗選手を取材した。これは、1月発行の日本協会メンバーズクラブ会報誌に掲載されるインタビュー。廣瀬選手が持っているのは、オールブラックス戦のボールである。

廣瀬選手は、セカンドステージのトヨタ自動車戦で軽い肉離れがあり、いまは戦列を離れているが順調に回復しているようだ。僕はその瞬間を現場で見ていた。相手のキックをフェアキャッチするときに痛めたのだが、ちょっと無理な体勢でキャッチしたので気になっていた。そのときのことを聞くと、「インターナショナルではあれを捕らないと」と思ったという。

「(インターナショナルのレベルで)体が勝手に動くというのはあると思います。トップリーグだけでしかプレーしていなかったら、無理せずバウンドさせていたかもしれません」。怪我は残念だが、常にそういう意識でプレーしているのは頼もしい。日本代表選手の多くがそうだという。オールブラックス、スコットランドといった強豪国と戦ったことは、多くの選手にいい影響を与えているようだ。

きょうは幅広くいろんなことを聞いたのだが、以前は、自転車が趣味だったけど、今はお子さん2人と遊ぶのが趣味になっている。あと、iPhoneにも、はまっているみたい。英語のアプリで遊びながら勉強しているそうだ。なるほど、そういう使い方もあるのね。

お知らせ◎廣瀬選手とは関係ないが、先週末より、JSPORTSのWEBで「ダンディプレーヤー総選挙」という企画が始まっている! トップリーグ各チームから1人ずつ、選りすぐりの「ダンディ」なプレーヤーがノミネートし、ファンの投票にてダンディプレーヤーを選ぶのだとか。ご興味のある方はのぞいてみてください。各チームからのノミネート選手の紹介コメントは微笑ましい。パナソニックはベーリック・バーンズ選手。さて、他のチームは、おお~、写真もダンディーに決めている選手が多いなぁ。
http://www.jsports.co.jp/campaign/dandy/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回伏見カップ

12月15日、京都市立伏見工業高校のグラウンドで、NPO伏見クラブ主催の「第1回伏見カップ」が開催された。僕は行くことが出来なかったのだが、内容を送ってもらったので以下にご紹介したい。

≪12月15日、寒風吹きすさむ中となりましたが、小学生・ラグビースクール、24団体60チーム、総勢500名近い小学生が伏見工業高校グラウンドに集結、「第1回伏見カップタグラグビー選手権大会」が開催されました。

201312151

午前中はリーグ戦による予選
伏見カップ予選1・2位は午後から決勝トーナメント
予選3・4位は午後から「赤黒カップ」決勝トーナメント
おいなりさんカップ(経験の浅いチーム)予選1・2位は午後から決勝トーナメント
予選3・4位は午後から「なかよしカップ」決勝トーナメント

このようにいろんなチームが楽しめる大会としました。毎日、日本一を目指して努力を続ける伏見工業高校ラグビー部員もこの日は全部員が各チームに2名~3名配置され、少年少女と高校生の異年齢交流の中、同じ時間を過ごし技術指導やチームワークなどを教え、全チームがボールを追いかけ、トライを目指して頑張りました。

201312152

また、大会に合わせ、日本代表の田中史朗選手(パナソニック)、山口良治総監督、高崎利明ラグビー部監督も応援に駆けつけてくださり、走り回る子どもたちを暖かく見守っていただきました。高校生は「更なる責任感と公立高校の生徒としての自覚」、「教える楽しさ、難しさ」、そして、「来年こそは花園に出て、みんなにカッコいい自分を見せたい」という気持ちが生まれたと思います。

小学生は「みんなでトロフィー獲得を目指し」、「寒い日も外で走り回る楽しさ」を体験してくれた事と思います。また、スクールと小学校が対決する楽しさもあったと思います。高校生と小学生の交流、他チームとの交流、ラグビーを通じて経験する事の意義は大きく、大会の主旨にご賛同くださった教諭・スクール指導者の皆さまには心から感謝申し上げます。今回、快くグランドを提供し、部員の惜しみない協力を約束、実践したラグビー部。山口総監督、高崎監督の願いは「ラグビーで勝つ事」だけではありません。まず、「ラグビーを通じて、立派な大人、心やさしい大人になって欲しい」という思いがあり、その先に日本一という壮大な目標があるのです。

これからも伏見クラブはそんな思いを伝承し、形にして地域に貢献し、笑顔いっぱいの子どもたち、感動の涙をいっぱい流せる環境作りに励んでまいります≫

全文、写真などは以下にあります。
http://ameblo.jp/fushimi-staff/entry-11731558084.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤島大トークライブ

16日夕方、毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」で、東海大仰星高校の特集をやっていた。スタジオのコメンテーターには大畑大介さんがいて、レポートにいったのは、「たむけん」だった。モールで下着姿にされていた。この時期になると、全国高校大会前の盛り上げ企画がちょこちょこと出てくる。そういえば、僕は、今週金曜日(20日)のABCラジオ(1008kHz)「武田和歌子のぴたっと。」の「ムキムキ!ノーサイド劇場」に出演予定。

201312161

日曜日、僕は神戸でトップリーグの解説だったのだが、その夜は、ラグビー普及促進居酒屋の「ラグビー部マーラー」の今年最後のトークライブに臨んだ。ゲストはJSPORTSの解説やラグマガのコラムなどでラグビーファンにもおなじみのスポーツライター藤島大さん。大阪の藤島さんファンが集って大いに盛り上がった。藤島さんの哲学的な話や、コーチングのディテールが面白く、史上最多、満員のお客さんは身を乗り出している人が多かった気がする。

今回は、藤島さんのラグビーとの出会いや、そのラグビー哲学がどのように作られていったのかを聞いた。藤島さんのお父さんの勇一さんは修猷館高校、早稲田大学でプレーし、早稲田大学ラグビー部の監督も務めた人だ。親戚にもラグビーの有名選手が多く、ラグビー一家の育ち。子供の頃、日本代表対イングランド代表の伝説的名勝負(昭和46年)を観戦し、テレビにインタビューされたことがある。「あの、だーって走って出てくるところが好きですって、答えました」。藤島さんがラグビーを初めてかっこいいと思ったのは、NHKでやっていた五か国対抗ラグビーを見たとき。「フランスのロックが、キックオフ前に胸の前で十字をきって走って行った。かっこいいスポーツだと思いました」。

藤島さんは都立高校でラグビーをはじめ、早稲田大学ではスーパースターの本城和彦さんらと同期。名将・大西鐵之祐さんの薫陶を受けた。「でも、大学の時はあまり分かっていなかったですね。高校のときは映画とか音楽などに興味があって」。社会人になってから、スポーツニッポンの仕事をする傍ら、都立国立高校、早稲田大学のコーチも務めた。約10年のコーチ生活がラグビーに対する考え方を深めた。1987年のワールドカップに取材に行き、各チームの練習方法をメモし始めたのがコーチングにはまっていく始まりだ。でも、映画や音楽に造詣が深いことはコーチをする上ですごく役に立ったらしい。「彼女と小津安二郎の東京物語を見に行け。彼女が泣かなかったら別れろ。そんなことばかり言っていましたね(笑)」

僕も若いころは藤島さんと飲みながら、いろんな話を聞かせてもらったのだが、それが蘇ってすごく楽しい時間だった。立ち上がって、本物のシャローディフェンスのコース取りについて語る藤島さんは少年のようだった。刺激的な言葉がたくさんあったけど、それはまた藤島さんの文章で読んでいただくとしよう。ちなみに、お客さんへのプレゼントとして藤島さんが持ってきたのが、藤島さんが聞き書きした『叱るより、ささやけ』(奥田精一郎、新潮社)とう本だった。イトマンスイミングスクールの名誉会長がコーチングの真髄を語った本である。新品なのに帯がよれよれなのが、大さんらしかった。

201312162

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップリーグ2ndステージ第3節・日曜の結果

15日の日曜日は、神戸のノエビアスタジアムだった。阪急電車を乗り継ぎ、地下鉄で御崎公園へ。この日は朝から女子のセブンズが行われていた。試合前のイベントでは、アカペラコーラスグループの「パーマネントフィッシュ」がクリスマスソングを歌って盛り上げた。これ、良かったなぁ。

トップリーグ・セカンドステージの第3節、神戸製鋼対トヨタ自動車は両者ここまで2敗同士で、7位と8位の対戦。ここで負けると、トップ4によるプレーオフトーナメント進出が難しくなる。序盤は互いに激しく動いた。前節は、ヤマハ発動機の準備された動きに翻弄された神戸製鋼だが、この日は、立ち上がりから、「4トライのボーナス点をとって勝利」の意識に統一され、アグレッシブに攻め続けた。

試合の流れを決定づけたのは、前半17分、相手ボールのスクラムをめくり上げるように押し込んでボールを奪ってのトライだった。FW第一列は一番スクラムの強いユニットを組み、ここで圧力をかける作戦がはまった。23分には、SOに入ったクレイグ・ウィングからパスを受けたCTBジャック・フーリーがトライ、30分、ペネルティートライ、そして36分、優位なスクラムからNO8マパカイトロがサイドアタックしてWTB今村雄太につなぐトライで、早くも4トライのボーナスポイントをゲット。後半はトヨタ自動車の猛反撃に劣勢になる時間が長かったが逃げ切った。

「攻撃的なフロントスリー(SOウィング、両CTBフーリー、アンダーソン)を組みたかった」という苑田監督の言葉通り、この3人はよく前に出た。後半最初のトライも、ウィングがラインアウトから抜け出したもの。終盤には、怪我の癒えたSOピーター・グラントを投入し、16点差に引き離すPGを成功させた。

「まだ優勝の可能性は残っています」と橋本キャプテン。怪我のグラント、長身LOアンドリース・ベッカーも戻ってきた。主力に負傷は少ない。この日の勝利で神戸製鋼が勢いを取り戻せば、トップ4争いはさらに混沌とするのだが。

トヨタ自動車はセットプレーで圧力を受け、せっかくターンオーバーしても切り返しのアタックでミスを繰り返した。負傷者も多く、すぐに立て直せるのか不安の残る戦いぶりだった。

■TLセカンドステージ第3節、15日の結果

クボタ●18-20○NTTコミュニケーションズ(前半8-0)
リコー○36-20●NTTドコモ(前半12-15)
近鉄○31-15●九州電力(前半19-3)
神戸製鋼○34-18●トヨタ自動車(前半24-10)
コカ・コーラウエスト●24-29○豊田自動織機(前半12-26)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2013年12月8日 - 2013年12月14日 | トップページ | 2013年12月22日 - 2013年12月28日 »