« 26日は花園ラグビー場が熱い | トップページ | トップチャレンジ結果 »

ラグマガ2014・3月号発売

1月26日、近鉄花園ラグビー場で行われるトップチャレンジ1の試合メンバーが発表になっている。第1試合では、三菱重工相模原で元ウエールズ代表WTBシェーン・ウィリアムズが出てくる。第2試合、トップリーグ自動昇格のかかるHonda 対 福岡サニックス戦も楽しみなメンバーが並ぶ。ぜひ、ご観戦を。
http://www.top-league.jp/

Cover_20143

1月25日は、ラグビーマガジン3月号発売日(地域によって遅れるところがあります)。今号は、もちろん、各種全国大会特集である。大学選手権5連覇の帝京大のレポートでは、その強さの理由がたっぷりと。「小さなことをコツコツと積み上げたら、キツイときに頑張れるようになる。『そうなるんですよ、本当に』」。こういうのは、決勝戦で途中出場ながら力強い突進を何度も見せた大和田立だ。北海道・美幌高校出身。練習が終わるたびに、グラウンド脇のトイレ掃除をしていた。その他にも積み重ねた努力がいろいろと書かれている。勝利に近道はないことが、よく分かる。

高校日本一の東海大仰星のレポートは、泣ける。決勝戦で、桐蔭学園にトライされたとき、インゴールで話していたことも紹介されている。それとは別に湯浅監督は言う。「どんだけ不利な状況でも、やれるという空気を作れるかどうかは、普段のお前らにかかっている、という話を以前にしたんです。スタンドで見ている人たちに応援したいと思われるチームであるかどうか。もちろんホームアドバンテージもありますが、今年はそこまで引き込むことができたんじゃないかと感じます」

巻頭インタビューは、スーパーラグビーに挑戦する立川理道選手。当初の報道には戸惑ったそうだ。「ブランビーズの練習に入れてもらって、そこで見極められる。契約したとか、サインしたわけではないんです」。「フミさんや、堀江さんのように、誰が見ても変わった、と思われるようになりたい」

エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチのインタビューもある。脳梗塞での入院から元気を取り戻したジョーンズHC。コメントに以前と変化がある。「ジャパンをクオーターファイナル(決勝トーナメント)に入れます」。世界トップ10から一歩踏み込んだ。体調のこともあり、いろんなことをするのではなく、日本代表に集中する意気込みも見える。「W杯の出場権を得たら(※春のアジア五カ国対抗優勝で決まる)、そこからはクオーターファイナルに向けて、すべてをつなげていきたい。自分達のゲームプランも、南アフリカに勝てるゲームプランというものを導き出し、徹底してやり続けます」

春の日本代表メンバーは、日本選手権後に発表される予定。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 26日は花園ラグビー場が熱い | トップページ | トップチャレンジ結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私はAmazonで再び購入。早く読めるし便利だけど。本屋に行く楽しみも捨てがたい。


    エディ-さんの記事は面白かった。伸び悩んでる選手って誰だろう。気になる。パナを誉めていたのはパナファンなので嬉しかった(^-^)/

    投稿: nick | 2014年1月28日 13:24

    本日購入(^^)珍しく残り2冊しかなく、ラストの一冊をドセンターに置いてきてやりました!(笑)

    10年ぶり以上に、またラグマガを買い始めて早10冊目。来々月号で通算500号なんですね!これだけ長く続いてるラグビー雑誌は世界でも類を見ないんじゃないですか?
    今他にラグビー雑誌なんて全く見ないし、ラグマガにはこれからも末永く続いていってほしいものです☆


    投稿: 亮 | 2014年1月28日 03:58

    ラグマガ見てビックリ仰天!!ワイルドカード一回戦は、なんと4試合ともJスポーツ中継無し。相変わらず、中継すべき試合とどちらでも良い試合の見極めが悪い!4チャンネルもある関係で、国内ラグビーしか見ない人には、2月の視聴料金はかなり割高に感じるでしょうね。セカンドステージBグループの、こと順位争いに関しては、自動降格と入替戦の相手が厄介な6~7位がどこになるかが興味の的。1位通過か2位かは、WCの対戦相手を考えると大差は無し。むしろ、WC一回戦でBグループがAグループに何勝出来るかという目線で、セカンドステージを楽しんでいたのだが。放送が無いので台無し!!そもそも、Bグループラウンドロビンの放送自体少なかったので、益々注目度が下がってしまう…11月のティア1同士のテストマッチ中継も無かったし、スーパーラグビーも第1~2節は2試合ずつの放送のみ。どうやら、Jスポーツにこれ以上の放送数増は望めない状況。ならば、NHKBS1やBS朝日・BS日テレ。あるいは他のCSスポーツチャンネルでもラグビーがもっと放送される様に、日本協会が営業してJスポーツ頼みのラグビー中継から脱却すべき。理想を言えば、月1000円前後のラグビー専門チャンネルが出来れば、そちらへ乗換えたい所です。

    投稿: 坂石町分 | 2014年1月27日 23:17

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59002623

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ2014・3月号発売:

    « 26日は花園ラグビー場が熱い | トップページ | トップチャレンジ結果 »