« サクラセブンズ、初の7位に | トップページ | さあ、日本選手権・準決勝&NTTコム退団選手スタッフ »

ラグマガ2014・4月号

Cover_20144

Superugby14_cover_2

2月25日は、ラグビーマガジン4月号の発売日。今号は、開幕したばかりのスーパーラグビー2014の観戦ガイド付き。本誌の表紙はトップリーグMVPのベリック・バーンズ(パナソニックワイルドナイツ)。巻頭のインタビューはパナソニックのキャプテン堀江翔太。決勝戦に勝利後、4時間後には成田空港からオーストラリアに向かったが、その寸暇をぬっての話しは面白い。「バンジー(バーンズ)が、デュプレアのキックチャージでムキになって…」、「相手が疲れていることがわかったので、僕らのやっていることは間違っていない…」、「ホンマは応援団にもありがとう、と伝えたかったし、みんなと飲みたかった…」。レベルズでの活躍を祈ろう。

人物往来は、吉田義人(サムライセブン代表)、吉上耕平(九州電力、引退)、板井良太(関東学院大学ラグビー部新監督)。おお、板井さん、久しぶり。ぱらぱらとページをめくって最後まで行ったら、巻末インタビューに高田馬場ノーサイドクラブの竹内マスターが。おお、内容、かっこいい。

連載では小林深緑郎さんの「トライライン」が興味深い。南アフリカ共和国の大学ラグビーの先進的な取り組み。新しいルールの実験の場になっている。日本もこうありたい。大学ラグビーは選手強化だけではなく、ラグビーをより深く学び、研究する場でもあるはずだ。新しいルールの提案、新しい理論の開発、大いに真似てもらいたい。

「解体心書」は、稲垣啓太。トップリーグ新人賞に輝いた期待のプロップだ。そうそう、トップリーグ年間表彰式のスピーチで、「一生に一度しかもらえない賞なので嬉しいです」と言いながら、緊張して最後に「来年ももらえるように頑張ります」と言ってしまったんだった。いい味出している。稲垣選手には僕も別の取材でインタビューしたのだが、レギュラーシーズンのサントリー戦で、60分の出場でなんと30回以上タックルした。2分に1回タックルしていたのだ。FW第三列以上だ。それなのに、ずっとプロップ一筋。愛着を持っている。面白い。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « サクラセブンズ、初の7位に | トップページ | さあ、日本選手権・準決勝&NTTコム退団選手スタッフ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    引き続き失礼します。
    吉田氏懐かしいです。
    自身がスカウトした元オリックスの
    梶本選手サムライセブン参加してるんですね。
    早く桜のジャージ姿見たいです。
    ご活躍お祈り致します!!

    投稿: カズ | 2014年2月27日 13:37

    神戸は立ってプレーする。真っすぐ走るという基本を繰り返し
    ラグビーはトライを取るスポーツであることの基本理念を徹底させた。
    独自性で言えば、SOがキックを使わず、素早いランとパスで突破し、
    ここに平尾が絡むことでボールキープ力が可能になる。
    モールやラックで倒れた時、相手のジャージを掴んで離さないという
    セコイ戦術もありました。やはり革新的だと思ったのは相手ゴール前の
    モールで次々とバックスが攻撃参加してトライを決めたことかな・・あの発想は
    当時誰もなかったと思います。神戸V7時代に私は某社会人チームでプレーしていましたが、
    神戸の強さは別格でした。同じ関西でも下のグループだったのでリーグ戦での対戦は
    ありませんでしたが、練習試合で1回対戦したことはあります。
    我々はベストメンバーで神戸は控え選手主体でしたけど・・
    後半 主力ではFW林、武藤、BK綾城選手出てきました。
    林選手の迫力、武藤選手の運動量・・・そりゃ凄かったですよ!!!

    投稿: カズ | 2014年2月27日 13:33

    過去、ラグビーにおいて独自性を発揮したな、と思ったのは、神戸製鋼がタックルを受けた際に、味方にボールを見せるように倒れるようにしたプレーかなと思います。それまでは、ナチュラルに倒れて、敵味方激しくボールを争奪していたのを、一気にボールの継続率を高めた。

    今、こういう目からウロコみたいな革新ってできるのかな?

    もしあるとしたら、神戸製鋼のラグビーの副産物なのか、日本人はオフロードでつなぐのが不得手なので、そこに特化したラグビーかなあ。ノーラックラグビーを高度でない技術をもって実現できれば革新と言えるのかなあ。

    投稿: テルキー | 2014年2月26日 21:43

    ねこぷ〜さん。

    稲垣選手には2014年から「JAPAN」を引っ張ってもらいましょう〜(^-^)/

    それにしても60分で30タックルとは。凄い。凄すぎる。

    表紙はバーンズ選手だし。堀江選手の記事面白そうだし。早く読みたいよ〜(^-^)/
    でも私の地元まだ売ってません(T-T)

    投稿: nick | 2014年2月26日 19:53

    稲垣選手の記事読みました。
    2分に1回ペースでタックル。凄い!しかもプロップで…。
    どうしてもアタック側の視点で見てしまいますので、東芝戦だったか、恥ずかしながら薫田さんのリプレー時の解説でその運動量に気づかされました。

    「プロップって狙われたりするじゃないですか。ふざけんなよって思います」

    最高ですね。この数字見せられたら何も言えません。

    ジャパンで見たいですね。

    投稿: とぅいがまらー | 2014年2月26日 17:35

    表紙のバーンズ、かっこいいですね(o^-^o)
    ラグマガは記事もさることながら、掲載されている写真にほれぼれします。やはりプロの撮る写真は違う!!
    時には動画よりも多くを物語るような気がします。

    稲垣選手、そんなに面白いことを言っていたのですね。2019WCでは同じく新人王の堀江と一緒にジャパンを引っ張って欲しいデス。

    投稿: ねこぷ~ | 2014年2月26日 06:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59198953

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ2014・4月号:

    « サクラセブンズ、初の7位に | トップページ | さあ、日本選手権・準決勝&NTTコム退団選手スタッフ »