« 春の日本代表戦・日程 | トップページ | ワイルドカード2回戦&入替戦結果 »

映画「60万回のトライ」

201402071

映画『60万回のトライ』の試写会に行って来た。大阪朝鮮高級学校ラグビー部の3年間に密着取材したドキュメンタリーだ。期待以上で、最初の映像から引き込まれて、ほとんどずっと泣きっぱなしで見た。何が僕をそうさせたのか、今のところ答えはないけれど、ただ淡々と彼らの表情や行動、そしてラグビーが、ソウル出身の女性監督・朴思柔(ぱく さゆ)の目を通して伝えられていく。

この学校ができた歴史、「在日」の人たちの置かれた環境も簡潔に押さえられていて、すべてにおいて説明的すぎず、とても好感を持った。在日朝鮮人3世の朴敦史(ぱく・とんざ)さんが共同監督を務め、音楽は大友良英さん、ナレーションは根岸季衣さんが務める。花園ラグビー場でもプレーもJSPORTSの映像が使われていて、記憶に新しいプレーも次々に出てくる。ラグビー部の呉監督が生徒たちに言う。「スポーツは社会を変える」と…。内容は、細かく説明はしないでおきたい。映像をそのまんま受け止めてほしいから。感じることも人それぞれだろう。とにかく、たくさんの人に見てほしいと思う。

詳細はこちらより。http://www.komapress.net/

3月15日から東京・渋谷のオーディトリウム渋谷で公開(10時30分より1日1回上映)。また、3月下旬以降には、大阪・第七藝術劇場にてロードショーの予定。その後、名古屋・シネマスコーレほか全国順次公開予定。韓国でも今夏、劇場公開予定だという。

3月15日、16日には朴監督が上映後のトークショーに出演予定。当日一般1,500円、学生・専門1,300円、シニア・会員1,200円、高校生800円、ラガーシャツの方、ラグビーボール持参の方1,000円。初日来場者は特典あり。
問い合わせ、購入は info@komapress.net 070-6687-9255まで。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 春の日本代表戦・日程 | トップページ | ワイルドカード2回戦&入替戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    3月に渋谷で、この映画を鑑賞しました。
    普段はラグビーを観ないので、この映画を観ても集中できないんじゃないかと思っていましたが、試合だけでなく練習の様子などを観たら、とてもドキドキしながら試合の様子を映画で観ていました。

    「スポーツは社会を変える」は印象的でした。

    投稿: のり | 2014年3月31日 00:29

    このような映画があるとは全然知りませんでした。
    1月の試写会行けなくて残念です。
    3月下旬大阪での放映楽しみにしてます。

    韓国の中でもマイナーな扱いを受けているラグビーが、
    在日コリアンの姿を通じて少しでも浸透し広がって行くなら、
    いちラグビーファンとして嬉しい限りです。

    投稿: 李 賢一 | 2014年2月 7日 16:53

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59086907

    この記事へのトラックバック一覧です: 映画「60万回のトライ」:

    « 春の日本代表戦・日程 | トップページ | ワイルドカード2回戦&入替戦結果 »