« 女子7人制チーム「パイレーツ」トライアウト実施 | トップページ | 映画「60万回のトライ」 »

春の日本代表戦・日程

2月6日午後、日本代表の春シーズンの日程発表会見があった。岩渕健輔GMから説明があったのは以下の通り。アジア五カ国対抗は、2015年のワールドカップのアジア予選を兼ねるため、大事な大会になるのだが、その最終戦が国立競技場ということになった。5月いっぱいで現在の国立は使用されなくなるため、これが最後のスポーツの国際試合ということになる予定。「2015年大会にかける意気込みを示すためにも、ふさわしいスタジアムで戦いたいと思っていました。ファンの皆さんにも選手の熱を感じてもらえればと思います」(岩渕GM)
パシフィックネーションズカップについては、日本、カナダ、アメリカと、サモア、フィジー、トンガが別ブロックで試合し、同じ順位同士が秋にヨーロッパで戦うプランがあり、この春は、カナダとアメリカとの戦いになる。岩渕GMは、「日本代表としては、年間14試合はしたいと思っています」とも話し、この春にもさらに試合が追加される可能性はある。また、「2015年のワールドカップまで、この春、秋、来年の春と3つのブロックしかない。この春はワールドカップで戦えるチームを作るために大切な機会になる」と、夏までの期間の重要性も強調していた。

◎日本代表2014年春シーズン日程

■アジア五カ国対抗2014(A5N)兼2015年ワールドカップ・アジア予選
5月3日=フィリピン代表(フィリピン・マニラ)
5月10日=スリランカ代表(愛知・瑞穂ラグビー場)
5月17日=韓国代表(韓国・未定)
5月25日=香港代表(東京・国立競技場)
■IRBパシフィックネーションズカップ2014(PNC)
6月7日=カナダ代表(カナダ・バーナビー)
6月14日=アメリカ代表(アメリカ・未定)
6月21日=イタリア代表(東京・秩父宮ラグビー場)


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 女子7人制チーム「パイレーツ」トライアウト実施 | トップページ | 映画「60万回のトライ」 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ずっと待ってました日程発表!
    どうせならサモア、フィジー、トンガと総当たりなら尚良かったですね。
    とりあえず春のターゲットはイタリア!勝てる!今から休み申請しなきゃ~(笑)
    さて、ほとんどの人がアジア予選完全スルーでしょうが、何気にアウェーの韓国戦がちょっぴり気になってる心配性の僕でした(ほんのちょっとね笑)

    秋はさらなる強豪と組みたいですね!岩淵さん頼んます!(^^)

    投稿: 亮 | 2014年2月10日 14:51

    予想された通りになりましたが、PNCのフォーマット変更はかなりの痛手。サモア・フィジー・トンガとは、毎年必ず対戦したかった。W杯以外ではベストメンバーが揃いづらいカナダとアメリカは、やや物足りない相手。これでは今更、スーパーパワーズカップ時代に逆戻り。地域性を考えて、カナダ・アメリカ・ウルグアイ・アルゼンチンジャガーズのリーグ戦を新設して貰いたい所だけど…
    それならば、イタリア&アルゼンチンと毎年は無理でしょうから、せめて2年に1度ペースでテストマッチを組みたい所。他には、PNCから撤退したNZマオリ(秋に対戦?)・Jr.AB・豪州A。あるいは、6月のウインドウマンス休み中のスーパーラグビーのチーム、バーバリアンズ・フレンチバーバリアンズ・全英ライオンズ(2017年に是非)とマッチメイク。あるいは、去年対戦が無かったサモアを呼んで2テストか、パシフックアイランドに直接乗り込んで2~3テスト。久々の南米遠征でアルゼンチン&ウルグアイと対戦なり、春9~10テスト組める様に岩淵GMに頑張って貰いましょう。

    投稿: 坂石町分 | 2014年2月 9日 23:34

    イタリアと2試合できたら良かったのに。

    投稿: 行 | 2014年2月 7日 19:58

    イタリア戦絶対行く(^o^)/

    ウェールズ戦の感動をもう一度(^o^)/

    投稿: nick | 2014年2月 6日 19:14

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59081605

    この記事へのトラックバック一覧です: 春の日本代表戦・日程:

    « 女子7人制チーム「パイレーツ」トライアウト実施 | トップページ | 映画「60万回のトライ」 »