« トップリーグ2013-2014表彰式 | トップページ | 15日、熊谷の入替戦順延&クレイグ・ウイング »

香港セブンズ、日本の組分け

先日、2016年のオリンピックの7人制ラグビーの予選の発表があって、アジア王者にも枠が与えられるようになった。2013年は男女とも日本代表がアジアシリーズの王者になっており、このまま実力を高め、2015年の同シリーズの王者になれば、オリンピックに出場できる見込みだ。

さて、国際ラグビーボード(International Rugby Board=IRB)が、男子セブンズの国際サーキット「HSBCセブンズワールドシリーズ(HSBC Sevens World Series)」の2014-2015年シーズンのコアチーム昇格に向けて香港セブンズ(3月28-30日)で行う昇格決定大会のプール組分けを以下の通り発表した。

この昇格決定大会では、12チームが2014-2015年シーズンのコアチームへの昇格枠「1」を争う。コアチームになれば、ワールドシリーズのすべての試合に出場できるので、選手の経験値は飛躍的に高まるのだが、こうして見ると、ここで1位になるというのはかなり高いハードルではある。この前週に行われる東京セブンズでコアチームとの試合が経験できるのは、日本にとってのアドバンテージになるはず。東京セブンズ、ファンの皆さんもできるかぎり秩父宮ラグビー場で盛り上げてほしいなぁ。

◇プールE
ロシア、ジンバブエ、チリ、バルバドス
◇プールF
香港、イタリア、チュニジア、サモア
◇プールG
日本、クック諸島、ウルグアイ、トリニダード・トバゴ

続いて、3月28日(金)に香港・香港フットボールクラブで開催される「香港女子セブンズ(Hong Kong Women’s Rugby Sevens)」のプール組分けも紹介しておきたい。日本は「日本選抜」として出場する予定。

■香港女子セブンズ プール組分け
◇プールA
カナダ、カザフスタン、香港
◇プールB
ブラジル、南アフリカ、パプアニューギニア
◇プールC
フランス、中国、ケニア
◇プールD
アイルランド、日本、シンガポール

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ2013-2014表彰式 | トップページ | 15日、熊谷の入替戦順延&クレイグ・ウイング »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ジュニアワールドトロフィーももちろんそうですが、このセブンズも勝ち上がってなんとしても、なんとしてもコアチーム入りして下さい!お願いします!!

    投稿: 亮 | 2014年2月14日 21:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59125248

    この記事へのトラックバック一覧です: 香港セブンズ、日本の組分け:

    « トップリーグ2013-2014表彰式 | トップページ | 15日、熊谷の入替戦順延&クレイグ・ウイング »