« 東京セブンズプール分け他 | トップページ | トップリーグ2013-2014表彰式 »

トップリーグ・ファイナル結果

2月11日、雪で順延されたトップリーグ・プレーオフファイナルが秩父宮ラグビー場で行われた。前半は点の取り合いとなる。前半5分、パナソニックWTB山田章仁が先制トライ。サントリーもLO真壁伸弥、SHフーリー・デュプレアのトライで逆転するも、パナソニックはSOベーリック・バーンズの3連続PGで逆転し(16-12)、スコア上は拮抗した展開になる。しかし、「前半はやりたいプレーできず、イライラする時間帯もあった」(パナソニックWTB北川智規)という言葉通り、無用な反則やミスで、自陣での戦いが多く、流れはサントリー優位に進んだ。前半を終えて、19-16とサントリーがリード。

後半、パナソニックは、「前半は、通るか通らないかの50:50のパスを無理につなごうとしていた」(中嶋則文監督)などの課題を修正し、正確なプレーを心掛けるようになる。後半9分、バーンズの突破でできたチャンスから最後はWTB山田章仁が中央にトライして23-19と再逆転した直後、パナソニックのHO堀江翔太がサントリーのジョージ・スミスを仰向けに倒すタックルを仕掛け、そのブレイクダウンを乗り越えて、反則を誘う。このPGをバーンズが決めて、26-19。一気に流れはパナソニックに傾いた。

残りの時間は、パナソニックが常に相手陣で攻勢に出て、「相手の圧力に反則を繰り返して流れを悪くしてしまった」(サントリーFLジョージ・スミス)という通り、サントリーは自陣に押し込められた。バーンズは、8本のPGと、3ゴールで30点をあげた。プレーオフに限ってのMVPは、試合を決める2トライをあげた山田章仁が選ばれたが、こうなるとシーズンMVPは、ふつうは…。パナソニックは交代出場の三宅敬が最後にトライをあげるなど、交代選手が着実に仕事をしてチーム力の高さを見せつけていた。

試合後の中嶋監督は就任3年目の戴冠に「探していたものが、やっと見つかった感じです」と優勝杯を手中にして満足げな表情を見せた。試合後、すぐにオーストラリアに旅立った堀江翔太キャプテンに代わって記者会見に出てきた北川智規は、「細かいことを積み上げて勝ちに結びつけた。チーム全員で勝った気がします」と、ディテールの大事さを語った。

敗れたサントリーの真壁キャプテンは、「パナソニックはいいチームでした。でも、すごく悔しい。もっとアタックしたかったです。日本選手権では、リベンジとか、そういうことではなく、トロフィーを獲りに行きたいです」と前を向いた。

■プレーオフファイナル試合結果
パナソニック ワイルドナイツ○45-22●サントリーサンゴリアス(前半16-19)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 東京セブンズプール分け他 | トップページ | トップリーグ2013-2014表彰式 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    いゃぁ、パナのじわじわとリードしていく様子に感動しました。ところで、秩父宮で昨日観戦したのですが、自分の席の隣3つ横にパナの田邊選手がいて、2つ隣にいたのが、『RD』のジャンパーを着た人物でした。彼ってロビー ディーンズなんですか?日本に来てたのでしょうか?

    投稿: KOHI | 2014年2月12日 19:35

    意外と点差がつきましたね・・・
    前半はパナソニックのボール支配率が高かったのですが、サントリーが優勢な流れでした。
    この試合の分岐点となったのは、後半15分。サントリーはなぜPKを狙ったのでしょう?
    その前の4分にPKが入っていれば戦術としては統一出来ていたと思うのですが、
    トライが取れそうな流れを断ち切りキックオフから又、パナソニックのペースとなりました。
    サントリーらしからぬ消極的な判断だと思います。トライを狙い続けないと、
    このようなハイレベルな試合を制することが難しいですね。
    選手権は堀江、田中選手は不在ですが、
    選手層も厚く戦術が確立しておりトップが獲れそうな予感がします。特にバーンズ選手は凄い!!の一言に尽きます。

    投稿: カズ | 2014年2月12日 17:32

    評価の難しい試合だなあと思った。

    不思議と点差がついて。力差以上の点差なんだろうなあと。相性もあるのかなあ。

    バナは交代した選手がすぐに負傷交代になって、ここが勝負のアヤかなと思ったが、むしろ逆に振れました。

    投稿: テルキー | 2014年2月12日 13:15

    G・グレーガンも来場してて、スタンド・ピッチ共に豪華な顔ぶれだなぁと思って観てました。グレーガンやロビーディーンズには日本のレベルがどう写っているのか知りたいところです。
    おそらく再戦の可能性が高い日本選手権決勝。国立ですし、見た目的にもそれなりのお客さんが入らないと淋しい光景になっちゃいます。告知とかもっと大々的にできないのかなぁ…そりゃ今朝も全部ソチにもっていかれるって…

    投稿: 亮 | 2014年2月12日 08:46

    白熱した試合でした。点差が離れたけどナチュラルな笛だとこうなるで、それはそれで良いのでは。
    自分の感想では、昔の方が点が入らなくて良かったなと。ロースコアの方が手に汗握ります。「ユーズイットで5秒以内」せこせこしてませんか。あとは選手の身体が昔より2回りは太くなりましたが、以前の体型とスピードの方が見ていて楽しかった。今はずいぶん審判が目立つような印象を受けてびっくりしました。

    投稿: よねすけ | 2014年2月12日 01:02

    熱い試合内容に反して、レフリングに少し疑問を感じました。
    前半からのパナの選手によるノーバインド、あるいはハイタックルに対して、何らペナルティが科されないことで、サントリーの選手が隠れて報復していたかのような反則にもレフリーは何も感じていないようでした。(山田選手へのレイトタックル等)互いの選手がタッチジャッチにアピールしてる場面もありましたが、それも流されていました。
    トップチーム同士だからあの程度で済んだかもしれませんが、荒れた試合を生まないように、もう少ししっかり見て欲しいと思いました。

    投稿: ラグくま | 2014年2月11日 23:05

    パナソニックの特徴は、相手のアタックを固いディフェンスでしのぎターンオーバーから逆襲するところですが、今日はその特徴を生かすまでもなく勝ってしまった感じです。一方、サントリーはアタックで優位に立てず他に策もなく完敗したように思えます。
    エディジャパンは明らかにサントリータイプのチームです。そして、ジャパンが勝とうとしているチームは、ジャパンがアタックで優位に立てることはまずないのではないでしょう。
    エディ=ジョーンズの功績は素晴らしく感謝すべきものですが、ジャパンはパナソニックタイプのラグビーのほうが適してるのではないでしょうか。

    ロビー=ディーンズのジャパンも見てみたい。

    今日の試合を見てそんなことを思いました。皆様はいかがですか。

    投稿: ぶたまる | 2014年2月11日 22:05

    パナソニックファンの私にはうれしい結果でした。仰るようにMVPはバーンズかなと思いましたが‥‥ あれだけ次々に得点しなかったら、サントリーにも勝機あったかも? 33歳・三宅のトライもお見事!
    2季続いたサントリー1強時代は転機を迎えたのでしょうか。日本選手権も熱戦を期待します。

    投稿: ねも | 2014年2月11日 21:21

    パナ、優勝おめでとう! 秩父宮の雪かきしてくださった方々、どうもありがとうございました。 
    記事と関係なくてすみませんが、ファイナルの前、たまたまテレビをつけたら「花園オールドボーイ」を見ることができました。花園ラグビー場や、有名な立ち飲み屋さんやら、大八木さんも出てきて、ラグビーファンにはたまらないドラマでした。
    もっと宣伝してくれてたらよかったのに~。小さな子供たちからシニアまで、ラグビーに頑張ってる人たち、応援してる人たちがとてもいとおしくなりました。
    花園ラグビー場も近鉄から譲渡されたことだし、ぜひラグビーW杯も頑張れ!東大阪市! 

    投稿: ちびとも | 2014年2月11日 21:10

    パナおめでと〜(^o^)/

    TVの前で応援してました。
    山田選手良かったよ〜。ディフェンやパワープレー頑張ってた。
    観戦に来てたエディ-さん喜んでるよ(^-^)b

    次は日本選手権。ここでもサントリ-とパナがリードしてると思いますが。この2チーム以外の逆襲も期待してます。

    パナは田中選手と堀江選手が抜けるけど、日本選手権でも頑張れ〜「パナ & アキ」(^o^)/

    投稿: nick | 2014年2月11日 18:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59114111

    この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ・ファイナル結果:

    « 東京セブンズプール分け他 | トップページ | トップリーグ2013-2014表彰式 »