« 愛好日記10年目&日本選手権準決勝結果 | トップページ | DVD花園の記録&SCIXセミナー »

ジュニア・ジャパン第1戦結果

従来の日本A代表にあたるシニア代表チーム(Next Senior National Representative Team)として、「ジュニア・ジャパン」が出場しているIRBパシフィックラグビーカップ2014(PRC)第1戦、フォースA戦の試合結果が入った。

■ジュニア・ジャパン PRC第1戦 フォースA戦結果
3月1日(土)16:40キックオフ
ジュニア・ジャパン●6-61○フォースA(前半6-21)

【ジュニア・ジャパンメンバー】
FW 1.須藤元樹、2.中村駿太、3.具智元、4.牧野内翔馬、5.金嶺志、6. 亀井亮依、7.李智栄、8.上田宥人
BK 9.大越元気、10.山沢拓也、11.成田秀平、12. 梶村祐介、13.岡田優輝、14.松井千士、15.野口竜司
リザーブ 16.塚原巧巳、17.堀越康介、18.渡邉隆之、19.桑野詠真、20.桶谷宗汰、21.米村龍二、22.浜岸峻輝、23.尾崎晟也
【ジュニア・ジャパン入替】
後半5 分(4.牧野内→19.桑野、3.具→18.渡邉)
後半15 分(2.中村→17.堀越、1.須藤→16.塚原、15.野口→23.尾崎)
後半21 分(7.李→20.桶谷、9.大越→21.米村)

◎ヘッドコーチ 沢木敬介
「選手にとっては今まで経験したことがないプレッシャーの中でのプレーだった。前半は我慢ができていたが、正確な判断とスキルの精度は、まだまだレベルが低い。負けたことで泣いている選手もいたように、この経験を通じて向上心を持てたと思う。スクラムはかなり良く、(マルク・)ダルマゾコーチの指導の成果が明確に出ている。ターンオーバーされることは一度もなく、こちらがコントロールできていた。バックスは相手の一人ひとりのスピードが(ジュニア・ジャパンとは)違っていた。バックスも要所要所では良いプレーがあった。チャンスの時に相手プレッシャーに負けてミスをしていたので、トレーニングからプレーの正確さにこだわって精度に上げていく」

◎ゲームキャプテン 中村駿太
「前半20 分まではセットプレーが安定し、ブレイクダウンから良い球出しができていたので、スピーディーでテンポの速い日本のラグビーをすることができ、自分たちのペースだった。しかし、その後は相手のフィジカルの強さにやられるようになった。ブレイクダウンで差し込まれたり1対1でずらされたりして、プレッシャーをかけられなくなり、ずるずるといってしまった。この試合では日本国内では感じられないプレッシャーを実感できて良い経験になった。PRC でこれからこのレベルのチームに勝つためには、ボールを持っている時間を長くし、自分たちのテンポで戦うことが必要。そのためには、ミスを少なくしなくてはならない。今日は、アタックでもディフェンスでもフェーズが重なった時にミスをしてしまっていた」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 愛好日記10年目&日本選手権準決勝結果 | トップページ | DVD花園の記録&SCIXセミナー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ダルマゾコーチ恐るべし。ですね。セットプレーとS&Cについては、日本のコーチングがトップ10に遅れを取っていることが明白になったいま、それを真摯に受けとめ対応するチームがどれだけ出てくるのか?日本人の特性を考え抜き、ハードトレーニングを優れたトレーニングに替えて行ける、ラグビーが三度の飯より好きなコーチ。ってまさにエディさんですが、それを越えるような人が出てきて欲しいですね。


    投稿: ハミルトン | 2014年3月 5日 14:25

    結果は全くもって予想通り。おそらく全敗するでしょうが、大事なのは全てをジュニアワールドトロフィーに繋げること。でなければ、準代表を派遣している国もある中で、対戦相手に失礼だと思います。(ジャパンが出ても優勝できるか、かなり微妙!?)
    2019の大切な金の卵達ですから、高校ジャパン共々注目していきたいと思います!(試合の映像観たいな~)

    投稿: 亮 | 2014年3月 3日 22:33

    PRCは、準代表レベルの選手を、速かに日本代表へと引き上げる為に参加している大会ですよね?本来ジュニアジャパンは、U20日本代表と、日本代表との間の強化の空白期間を埋める為に創設された物。U20が海外遠征する為の強化費が足りないから、こういう形になったでしょうか?
    4~6月頃、PRCニュージーランドラウンドが開催されて、本物のJr.ジャパン(=日本A代表)が参加するものと期待します。

    投稿: 坂石町分 | 2014年3月 3日 21:39

    タツヤキさんの意見に賛成。
    先月私が提案していた日本選手権に
    日本代表が参戦する案は重要だと
    思います。本当の代表は無理としても
    若い世代なら問題はないでしょう。
    いつまでも日本選手権は国内の学生やクラブチームで
    競い合えば良いとの発想では代表の強化は遅れる。
    あらゆる状況下で常に強化を考えないと駄目やと思います。

    投稿: カズ | 2014年3月 3日 17:04

    日本選手権はU21やU23等の年代別代表が参加して欲しいです。大学単独だと参加チーム数によっては…ってのもあるので。大学選手権のセカンドステージも消化ゲームは選手個人的には無くなるでしょうし、テスト期間でも個人レベルであれば少なくともフィットネスは保てるんではないでしょうか?むしろ選抜される選手はそのくらいは対応してもらえないと…って気もします。強化のために日本選手権に学生枠があるなら何か方法を考えて欲しいですね。

    投稿: タツヤキ | 2014年3月 1日 23:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59220520

    この記事へのトラックバック一覧です: ジュニア・ジャパン第1戦結果:

    « 愛好日記10年目&日本選手権準決勝結果 | トップページ | DVD花園の記録&SCIXセミナー »