« 4月5日、6日は関西セブンズフェスティバル開催 | トップページ | トップリーグ合同選考会、4月(東京)、5月(大阪)で開催 »

2014春・日本代表メンバー発表

4月26日(土)の強化試合(アジアパシフィックドラゴンズ戦)から始まる春シーズンの日本代表メンバー40名および育成選手4名が発表になった。育成選手はこの春、日本代表の合宿に参加する。

エディー・ジョーンズ日本代表HCは、この春は「まず、2015年W杯のアジア予選を確実に突破する」と話し、アジア五カ国対抗はベストメンバーで臨む意向を示した。また、2015年大会での目標を「トップ8」と強調した。新たに選んだ選手については、次のように説明した。「稲垣はトップリーグで感銘を受けました。素晴らしいタックラーです。しかし、インターナショナルレベルで通用するには、体のサイズをさらに大きくしないといけません。ホップグッドは、バックローとしてゲームセンスが良い。小瀧は、ラインアウト、キックオフのキャッチに優れ、スピードもあり、好んでコンタクトもします。インターナショナルレベルで通用するか見てみたい選手です。村田大志は、ランニングのラインがいいし、ラグビーセンスも良い」

会見中、ジョーンズHCは何度もインターナショナルという言葉を使った。トップリーグでいいプレーをしていても、それがテストマッチのレベルでプレーできるものがどうか、そこを良く見て選考したということだ。テストマッチで活躍できる選手、将来その可能性のある選手が選ばれたということになる。

常連の小野晃征は、家庭の事情で不参加。選びたかったが、怪我で見送った選手として、霜村誠一、山沢拓也の名前があがった。報道陣からは、FW第三列の選手で日本人が少ないことに関する質問もあったが、ジョーンズHCは、「インターナショナルレベルで非常に難しいポジション。コンタクトエリアも激しい。タックルのスキルも必要です。日本人選手の中になかなかインターナショナルプレーヤーが見つからないポジションです」と語った。

スーパーラグビー組は、韓国代表戦(5月17日)の前に合流予定。イングランドにいる菊谷は4月下旬の合流予定。キャプテンについては、4月7日から始まる菅平合宿の2日目に発表される予定だ。

◎日本代表メンバー
■FW: 24名
ジスティン・アイブス(キヤノンイーグルス)、青木佑輔(サントリーサンゴリアス)、浅原拓真(東芝ブレイブルーパス)、伊藤鐘史(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、稲垣啓太(パナソニック ワイルドナイツ)、大野均(東芝ブレイブルーパス)、菊谷崇(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、小瀧尚弘(帝京大学3年)、ヘンドリック・ツイ(サントリーサンゴリアス)、トンプソン ルーク(近鉄ライナーズ)、長江有祐(未定)、畠山健介(サントリーサンゴリアス)、平島久照(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、マイケル・ブロードハースト(リコーブラックラムズ)、ヘイデン・ホップグッド(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、ホラニ龍コリニアシ(パナソニック ワイルドナイツ)、堀江恭佑(ヤマハ発動機ジュビロ)、堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ)、真壁伸弥(サントリーサンゴリアス)、三上正貴(東芝ブレイブルーパス)、安井龍太(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、山下裕史(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、湯原祐希(東芝ブレイブルーパス)、リーチマイケル(東芝ブレイブルーパス)

■BK: 16名
クレイグ・ウィング(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、内田啓介(筑波大学4年)、五郎丸歩(ヤマハ発動機ジュビロ)、マレ・サウ(ヤマハ発動機ジュビロ)、立川理道(クボタスピアーズ)、田中史朗(パナソニック ワイルドナイツ)、田村優(NECグリーンロケッツ)、中村亮土(帝京大学4年)、林泰基(パナソニック ワイルドナイツ)、廣瀬俊朗(東芝ブレイブルーパス)、日和佐篤(サントリーサンゴリアス)、福岡堅樹(筑波大学2年)、藤田慶和(早稲田大学2年)、松島幸太朗(サントリーサンゴリアス)、村田大志(サントリーサンゴリアス)、山田章仁(パナソニック ワイルドナイツ)

■育成選手:4名
石井魁(東海大学2年)、垣永真之介(早稲田大学4年)、坂手淳史(帝京大学2年)、牧田旦(帝京大学4年)

※所属は2014年3月12日現在

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 4月5日、6日は関西セブンズフェスティバル開催 | トップページ | トップリーグ合同選考会、4月(東京)、5月(大阪)で開催 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    アジアとの試合は、皆さんが挙げているような、「あと一歩で代表入り」みたいな選手だけで組成して、セレクションの材料にしたらどうか。

    もちろん、その間、(ホントの)代表は強化を図る。去年やったような欧州遠征とか。

    去年来たウェールズみたいな対応が必要では。

    投稿: テルキー | 2014年3月14日 08:23

    パナ西原はずれた~(涙)
    でも、これだけコメントで名前があがっていてちょっとうれしい(^^)
    あと、松島選手、まだ観たことないので楽しみです。

    投稿: ねこぷ~ | 2014年3月13日 22:11

    稲垣くん早速入ってきましたね!
    33歳のホップグッドであれば、やはり前川・西原辺りを見てみたかった気も。アイブスも今シーズン印象ないけどなぁ。
    ま、そこはエディさんの目を信じよう!
    こうやって代表発表される度に、ああだこうだと意見言い合えるくらい、ラグビーに関心持つ人増えたらいいな。
    サッカーの国、ブラジルでは国民全員が代表監督っていいますしね(笑)


    投稿: 亮 | 2014年3月13日 02:45

    パナの西原、バツベイ。
    神戸の前川、安江が選れてないのが残念です

    投稿: 田中 | 2014年3月13日 01:39

    パナのバツベイ、西原選手。神戸の前川選手も選んでほしかったね。
    充分可能性のある選手ですよ。
    そうそう神戸の安江選手なんかの意外性のあるプレーヤーも加えたいね。

    ジャパンのセレクタリー的視点でトップリーグを見てたから
    ちょっと残念。
    FBは五郎丸ひとりでいいのかな。もう一枚必要。

    俺、エディさんじゃないけどこういうの考えると尽きないな。

    投稿: フジピー | 2014年3月12日 23:11

    こうやって見ると、サントリー、パナ、東芝に比べて、神戸製鋼の選手層が厚くないことがよくわかると思いますね。

    そんな中、強力外国人の力を借りた面はあるにせよ、4強の一角に収まったんだから、今年はまずまずいいシーズンだったと思います。

    本当に2015年にベスト8を目指すのであれば、アジアの大会にベストメンバーを投入してる場合ではないと思いますが、言ってもせんないのでやめときます。

    きっと、アジアでの試合内容を受けては、点差をつけて勝ちながらも、細かいミスが多かった、とか、連携にスムーズさを欠いた、とかいう反省の弁を聞くことになるんでしょうが、かなりの確率で勝てる試合の勝ち方にこだわっても、力の接近した相手との戦いに向けてはあまり意味ないと思いますね。試合して勝った瞬間、忘れてしまう方がまだマシな気がしますね。

    投稿: テルキー | 2014年3月12日 21:05

    パナ西原選手と神戸前川選手とトヨタ吉田光治郎選手は選ばれなかったか。

    こうなったらヤマハ堀江選手に頑張ってもらおう。

    日本人だってオープンサイドFLできるってことを見せてくれ(^o^)/

    帝京小瀧選手は東芝大野選手を、坂手選手はパナ堀江選手を越えてくれ(^o^)/


    とにかく楽しみなメンバーです(^-^)b

    投稿: nick | 2014年3月12日 19:12

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59280324

    この記事へのトラックバック一覧です: 2014春・日本代表メンバー発表:

    « 4月5日、6日は関西セブンズフェスティバル開催 | トップページ | トップリーグ合同選考会、4月(東京)、5月(大阪)で開催 »