« 愛好日記ライブ2014弥生終了 | トップページ | 男子7人制日本代表メンバー(東京、香港に向けて) »

ジュニアジャパン第3戦結果

IRBパシフィックラグビーカップ2014(PRC)に出場している「ジュニア・ジャパン」の第3戦、レッズA(U20)戦の結果が入った。

■ジュニア・ジャパンPRC第3戦
ジュニア・ジャパン●26-40○レッズA(U20)
前半7-14

◎ジュニア・ジャパンメンバー
1塚原巧巳、2中村駿太、3渡邉隆之、4 金嶺志、5上田宥人、6末永健雄、7李智栄、8桶谷宗汰、9大越元気、10松田力也、11桑江健一郎、12森谷圭介、13岡田優輝、14松井千士、15尾崎晟也/16堀越康介、17三浦昌悟、18橋本大吾、19牧野内翔馬、20亀井亮依、21浜岸峻輝、22石田幹太、23成田秀平

◎沢木敬介ヘッドコーチ
「勝てた試合だと思う。相手に簡単にトライを取られすぎた。ファーストフェイズで(トライを)取られたのが3本あった。前半はレフリングに対応できず、シンビンが出たのが悔やまれる。しかし、いいアタックをしたらトライをとることができた。過去2試合の相手のスーパーラグビーのレベルよりは明らかに落ちるので、本当に勝てる試合だった。チャンスの時に簡単なミスが続いた。ブレイクダウンでの球出しをもう一回レベルアップする必要がある。良くはなってきているが、さらにレベルアップしたい。みんな確実にレベルアップしているので、あとは結果だけだ」

◎松田力也キャプテン
「今日は試合の入りを大事にしようと話していた。先制点をとれて良かったが、ブレイクダウンでプレッシャーを受けて相手に流れがいってしまった。後半に立て続けに取られて我慢の時間が続いたが、その後に連続トライを取ることができて要所要所に良い部分もあった。勝てるゲームだったと思う。プレーの精度をあげて、ブレイクダウンでレベルアップすればもっと戦えた。(今試合からキャプテンとして出場しているが)色んな世代の年の差を感じさせないために、コミュニケーションをとって良いモデルとなれるように意識している。(チームは)今まで良い準備をしているので、最終戦に向けて出し切りたい。一番良い試合ができるように良い準備をしていきたい」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 愛好日記ライブ2014弥生終了 | トップページ | 男子7人制日本代表メンバー(東京、香港に向けて) »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     この試合は点差が少ないですけど、前の試合の大量失点はもはや相手に対して失礼だと思います。あれでは練習にもならない実力差と批判されても仕方がない。

     日本側は若い選手に経験を積ませたいのでしょうが、大会の価値を棄損させないためにも、ジュニア・ジャパンにもう少し力のある選手を入れるべきだと思いますけど。

    投稿: トリック | 2014年3月15日 19:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59295570

    この記事へのトラックバック一覧です: ジュニアジャパン第3戦結果:

    « 愛好日記ライブ2014弥生終了 | トップページ | 男子7人制日本代表メンバー(東京、香港に向けて) »