« 男子セブンズ瀬川HC決意を語る | トップページ | キャップ授与式&リコー退団選手 »

サントリーサンゴリアスに厳重注意

立川選手の出場停止処分については、2回前の日記に僕なりの見解を書きましたが、6日付けで、サントリーサンゴリアスにも、日本ラグビーフットボール協会の競技運営部長名で厳重注意がありました。内容は以下の通りです。


■フェアプレーの遵守と再発防止に向けた指導徹底について(厳重注意)

第51回日本ラグビーフットボール選手権 準決勝 サントリーサンゴリアス 対 東芝ブレイブルーパス戦(2014年3月1日 近鉄花園ラグビー場)におきました下記の事象2件について厳重注意のご連絡をいたします。
本件は日本ラグビーが目指すべきフェアプレーの遵守を損なう問題であると認識しております。
今回の処罰の意義は、「行為を罰する」ことではなく、今後の「再発を防ぐ」ことにあります。日本のトップチームとして貴チームは戦略・技術はもちろん、普及の観点、フェアプレー精神なども「日本最高峰」でなければならないことは言うまでもありません。
貴チーム内におかれましては「フェアプレーの徹底」をスタッフ、選手と再確認頂き、再発防止に向けた更なる指導・徹底に取り組むよう、衷心よりお願い申し上げます。


日本ラグビーフットボール協会
競技運営部長 南隆雄

【事象/対象選手】
後半38分 東芝陣 ハーフウェーライン付近
(1)対象選手 : サントリーNO13平浩二
事象:東芝NO15が密集に参加しようとしたところ、オフサイドの位置でありながら背後から掴んでプレーを妨害した
(2)対象選手 : サントリーNO3畠山健介
事象:密集から前方に離れた後、東芝NO6、NO9のジャージを掴んだまま放さず、プレーを妨害した

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 男子セブンズ瀬川HC決意を語る | トップページ | キャップ授与式&リコー退団選手 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ワイルドナイツの優勝、うれしい限りです。ブレイブルーパスの攻撃もものすごく、決勝戦がナイスゲームだったこともありがたく思います。

    さて、先日のブレイブルーパス対サンゴリアスの準決勝戦での妨害プレイ、ラフプレイについての翌日以降発表された協会の対応に関してです。
    TMOで確認していたにもかかわらず、その場で平、畠山両選手に注意すら与えられなかったことは全く不届きだと思いました。二日後に発表するようなものでないはずです。(それがあったからか、決勝戦では、ブレイブルーパス久保選手がワイルドナイツバツベイ選手を持ち上げたことをTMOでの確認後に、注意を受けています。)
    また、ゲーム内でシンビンにもなっていない立川選手が、三試合出場停止というのも変な感じです。
    要するに、審判団の力量不足なのでしょう。

    2019年までにやらなければならないことの第一は、国際試合でレフリングできるレフリーを早急に育成することのように思えてきました。スーパーラグビーに見習いに出すとか、協会には取り組んでほしいです。

    投稿: ワイルドモス | 2014年3月10日 21:30

    改めてVTRで何度も見直しましたが、ラックから外れた後、オンサイドに戻ろうとしていた立川選手を、後から両腕で抱え込んではがいじめにして邪魔した平選手に、悪質な故意反則で試合中にイエローカードと、試合後の裁定で1試合の出場停止。
    その平選手に、後から右エルボー(不発)で振りほどこうとした後、平選手の正面に向き直して左側頭部に右フックを浴びせた立川選手に、悪質な報復行為かつ暴力行為でレッドカードと、試合後の裁定で3試合の出場停止。
    ラックから外れたかどうか微妙な段階から、ベイツ選手と小川選手のジャージーを掴んで中々放そうとしなかった畠山選手。
    その畠山選手を、ラックから外れた後振りほどこうとして暴れていた、ベイツ選手と小川選手と、それに気付いて走り寄って畠山選手を両手小突いた立川選手には、試合後に注意のみが、個人的な見解です。

    投稿: 坂石町分 | 2014年3月 8日 22:27

    明日立川が出れないのは残念。熱くなるのは持ち味やから、またやっちゃった!サントリーに前王者的なプレーを期待してましたが最近ぶれてるかも。と感じました。kei

    投稿: kei | 2014年3月 8日 11:58

    釜石の頃からラグビーを見ている者ですが、今回の処分の流れを見て、「ああ、ラグビーはまだまだ古いな」と思いました。

    他のスポーツだとしたら、例えばUSAで隆盛を極めているような競技だとしたら、喧嘩両成敗が基本でしょう。
    特に、原因を作った平(畠山)に問題がある。

    「報復が悪い」というのは大英帝国流のエクスキューズですよ。
    例えば、18-19世紀に大英帝国はアジアやアフリカで植民地を作りまくっている。
    阿片を中国(清)に輸出して、問題を作っておきながら、
    いざ清が大英帝国に対して戦争を起こしたら「報復が悪い」といって自分達を正当化するのです。
    パレスチナ・イスラエル問題も、大英帝国がユダヤとアラブの両方に「エルサレムを譲る」と言ったのが発端。
    「暴力的でない発端よりも、暴力(報復)が悪い」というロジックに屈するのは、
    彼らのホンネとタテマエの使い分けを分かっていないだけですよ。

    つまり、キリスト教流の価値観で「報復が悪い」というのとは、ちょっとズレています。
    日本の古くからのラガーマンには「ラグビーは紳士のスポーツ」「反則して勝つよりも反則しないで負けるほうを選ぶ」「それは勝負よりも重要なプライドの問題」という人も多いですが、それは日本化された(美しい?)価値観です。
    大英帝国のラグビー観ではないです。
    六カ国対抗のイングランドを見ていれば、「バレなければ反則してイイ」という価値観を動いているのは明らかですから。

    ラグビーが世界的に普及するためには、この価値観をもう少し現代化しないとダメではないでしょうか?
    未だイギリス連邦+フランス+α程度に留まっているのは、ルールを含めたスポーツとしてのラグビーの魅力が低いからだと思います。
    協会単位で代表が決まるというのも、言うまでも無く古い価値観です。
    ですから、「日本でラグビーの人気がなかなか上がらない」と嘆くのはオカシイのではないかと。
    むしろ「世界的にラグビー人気は上がらない」のであって、日本独自の現象ではない、のではないかと。

    87年にようやくW杯ができて、95年頃からプロ化して、多少は近代化してきたしフィールド上でのプレイや選手のフィットネスは進歩していると思いますが、
    ルールや制度や仕組みによってスポーツとしての魅力が削がれていると思いました。

    あれでサントリーが勝っていたら、しばらくラグビーは見なくてイイ、どうでもいいスポーツです。

    投稿: 洞口梶原大野 | 2014年3月 8日 10:56

    日本の文化だと「どっちが悪いか」考えてしまい整理がつきにくいかもしれません。
    海外では報復行為とペナルティレベルの反則が同時に起こっていても、ほとんどの場合は報復行為の方が厳罰に処分されてます。
    背景には聖書にある「だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい」や「自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。」等の文化が影響していますね。

    彼がパンチングしてるのを見て、昔の日本選手権(サントリーvs関東学院)で坂田選手にパンチ入れてたのを思い出しました。
    何にしろ後味が悪いですね。

    投稿: のぶ | 2014年3月 8日 03:02

    なんで平選手のオフサイド見逃した戸田レフリーはお咎めなしなんですか?
    「平選手はオフサイド」だったんですよね?
    TMOまで使っても正しくペナライズ出来なかった審判団には、正直もうレフリーしてほしくないくらいです。
    レフリーって「聖域」過ぎませんか?
    アマチュアだから、それはそうです。でもアマチュアレフリーを採用しているのは協会です。昔は来ていた外国人レフリーも今は来ない。協会はレフリーを強化するつもりはないのですか?
    レフリーがダメだと、日本ラグビーはダメになります。

    投稿: のびた | 2014年3月 8日 01:04

    今回の処分についてどうこう言うつもりはないですが、
    立川君の殴打行為のせいで、影に隠れてしまっている問題に触れておきたいと思います。


    スポーツを見る側から言えば、プレイ参加そのものを妨げる行為は、選手の行為であれミス・ジャッジであれ、見てて本当につまらないんです。
    あるべきコンテストの機会が奪われているわけですから。
    つまり、競技性が失われる。

    その意味で、今回のサントリー2選手の罪は重いと思います。
    (ついでに、ピッピ、ピッピ笛を吹くレフェリーも(最近は見かけないですかね))

    ラグビーそのものの魅力を下げる行為ですね。
    別に重い処分をして欲しいとも思いませんが、ラグビーに携わる人間としては、ただ残念の一言です。

    トップ選手には自覚を持って頂きたい。

    投稿: かもめのJONA | 2014年3月 7日 23:54

    ラグビー協会は今回のプレイでサントリーを罰することはせず
    再発防止を促すといった内容なんですね。
    東芝はペナルティー+出場停止、サントリーは再発防止の注意で
    プレイに対しては罰せず・・
    フェアプレイにはフェアの判断があるべきと思い残念です。
    しかも先に東芝のペナルティを発表し、仕方なしにサントリーに
    注意を促しただけ、協会がフェアな判断をできないようでは
    WCを含め疑問です。

    投稿: 結局 | 2014年3月 7日 22:35

    個人的に、この手の話で一番記憶に残っているのは、初期のJリーグにおけるラモスとカシュウゼンの件ですね。ラモスが先に殴りかかって、カシュウゼンが応戦した結果、ラモスはイエローカード、カシュウゼンはレッドカードでした。万博でやってるのに。。

    話が逸れましたが、この手のラフプレーに対する判定については、その行為がラグビーの試合に関係したものかどうかで考えるべきですね。

    殴る行為を報復行為と言えば何だか聞こえはいいが、ここで報復とは同じ反則行為をやり返すことを差すのでは。

    殴るのは単なる暴力行為であって、その結果、相手が負傷したら、刑法犯になってもおかしくないと思う。

    ラグビーの試合を有利に進めようと、ラグビーというスポーツのルールを乱した者と、それにイライラして、人としてのルールを乱した者。その裁きに差がでるのは、あったりまえの話だと思いますね。

    投稿: テルキー | 2014年3月 7日 22:00

    まさか挑発行為を『やったもん勝ち』とする前例を作るつもりかと怒りが沸いておりましたが、迅速に、しかも名指しで発端を作った側にも対処がなされたことは評価したいと思います。

    もう二度とこのようなラフプレーは見たくないし、後味の悪い結末は撲滅を。

    投稿: とぅいがまらー | 2014年3月 7日 17:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59252065

    この記事へのトラックバック一覧です: サントリーサンゴリアスに厳重注意:

    « 男子セブンズ瀬川HC決意を語る | トップページ | キャップ授与式&リコー退団選手 »