« 東京セブンズまで、あと3日 | トップページ | A5Nキックオフ・場所&トップリーガーふれあいイベント »

高校日本代表、最終戦結果

高校日本代表「イタリア・フランス遠征」第3戦(最終戦)の試合結果が届いた。昨年までのU18代表より、ワンランク上のチームとあって苦しい戦いが続いた。

2014年3月19日(水)、フランス・パリ
高校日本代表●14-61○U19フランス代表(前半0-19)

【高校日本代表 メンバー】
1金子崇、2北林佑介、3 垣本竜哉、4 中村大志、5佐藤大樹、6佐瑛亮、7占部航典、8テビタ・タタフ、9中嶋大希、10アタアタ・モエアキオラ、11坂本英人、12山田一輝、13鹿尾貫太、14東川寛史◎、15井関信介、16朴成浩、17土山勇樹、18 古川満、19古田凌、20吉岡航太郎、21加藤広人、22藤井俊哉、23薄井諒介、24堀米航平、25笠原開盛、26前田土芽
◎キャプテン

◎横田典之監督
「スコアは差が開いてしまったが、準備していたことは出せた。通用する点と今後の課題が分かったので、次の強化につなげていきたい。東川キャプテン中心に最後までしっかり戦ってくれた。チームとしてのまとまりがあり、可能性のある選手が多くいて良いツアーになった。フランスのスキルの高さやプレッシャーは我々の想像以上だったので、今後は(そうした状況も)想定して対策していかなければならない。課題はセットプレー。特にラインアウトで背の高い相手に対してしっかり獲得できるかどうか。ディフェンスはフランスのパスのつなぎが良かったので、そうした時の対応を考える必要がある。アタックでは一度手にしたボールをどのように支配して継続していくか。今回できたことと今後やらなければならないことを整備して、引き続き強化していく。ずっとやってきたS&C(ストレングス&コンディショニング)は間違いなく効果が出始めているので、今後も継続して取り組む」

◎東川寛史キャプテン
「前半はディフェンスで前に出ることができ、自分たちのラグビーが出来たと思うが、アタックは通用しない面が多かった。後半、こちらが疲れた時にフィジカルの強さで押されてしまった。フランスはイタリアよりもさらに個々のレベルが高くて、一人ひとり芯があるという印象。遠征を通じて、自分たちが意図するプレーができない時や、レフリングに合わなかった時にいかに冷静な判断ができるかが大切という点が学べたと思う」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 東京セブンズまで、あと3日 | トップページ | A5Nキックオフ・場所&トップリーガーふれあいイベント »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    予想外の大差ついちゃいましたね。
    この時点でこれだけの差。今後は大学で成長してもらうしかないわけですが、今回の日本とフランスの(フランスがどういう育成システムなのか知りませんが)代表選手の、今後の伸び率に差が出ないことを願いたいものです。もちろん日本の伸び率が上で、差がつくことには大歓迎ですけどね!(^^)

    投稿: 亮 | 2014年3月24日 09:50

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59326520

    この記事へのトラックバック一覧です: 高校日本代表、最終戦結果:

    « 東京セブンズまで、あと3日 | トップページ | A5Nキックオフ・場所&トップリーガーふれあいイベント »