« グラス☆ホッパー、バリアフリー上映会 | トップページ | 第15回全国高校選抜大会・決勝戦結果 »

関西セブンズ2014結果

4月6日の日曜日は、大阪市の鶴見緑地球技場で開催された関西セブンズ2014の2日目に行っていた。この大会は、5日に参加16チームが4組に分かれてプール戦が行われ、各上位1、2位が決勝トーナメントに進むスタイル。決勝トーナメントは、1回戦の勝者、敗者により、それぞれの準決勝を行い、カップ優勝、プレート優勝を決める方式で行われた。

1日目は、昨年優勝のHondaHEATを、同志社が破り、大阪府警が昨年準優勝の大阪体育大学を破るなど波乱もあったが、最終的に勝者戦の準決勝は、大阪体育大学対天理大学、HondaHEAT対大阪府警ということになった。この準決勝は白熱した。大阪府警はあと一歩までHondaを追い詰めたのだが、最後に、レリア・マサンガが快足を飛ばして逆転のトライ。劇的勝利をあげた。もう一つの準決勝は大阪体育大が勝ち上がった。

決勝戦は、立ち上がりから大阪体育大学が健闘し、前川雄の2トライなどで21-7とリード。3トライのゴールをすべて、ボイラン・タリグ洋一が決めたのも大きかった。しかし、後半は、徐々にHondaが地力を発揮。パワフルなFWでディフェンスを集め、谷口雄基のトライで同点に追いつき、終了間際にもトライをあげて競り勝った。

201404061

Hondaの天野豪紀キャプテンは、「関西の代表として、トップリーグとやれる機会を得られたのは嬉しいです。でも、内容的にはブレイクダウンでの反則など課題もある」と、6月に行われるジャパンセブンズへの出場権を獲得したものの、課題を修正して臨みたいと話していた。

201404062

また、試合の合間には、女子中学生のエキシビションマッチや、関西のトップリーガーがやってきての、ふれあい親子ラグビー体験なども行われた。大阪の女子中学生の背中には、「浪速闘球娘」の文字。プレーもレベルが高かった。トップリーガーのラグビー体験は、元日本代表で、この大会の広報部長を務める冨岡耕児さんから参加したトップリーガーの紹介から始まった。大西将太郎選手や松下馨選手などが、子供たちと交流し、プレースキック体験や、ラインアウト体験などで、子供たちの笑顔が絶えないイベントになった。

201404063

◎関西セブンズ結果
勝者戦決勝
大阪体育大●26-33○HondaHEAT
準決勝
HondaHEAT○29-28●大阪府警察
大阪体育大○19-7●天理大学
敗者戦決勝
立命館大○35-14●京都産業大

熊谷ラグビー場で開催中の全国高校選抜大会は、4月6日、準決勝が行われ、桐蔭学園と東福岡が勝ち上がった。2試合とも大接戦。この結果だけでも、冬が楽しみになってくる。決勝戦は、7日、正午キックオフで行われる。

國學院大栃木●28-29○桐蔭学園
東福岡○12-10●東海大付属仰星

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « グラス☆ホッパー、バリアフリー上映会 | トップページ | 第15回全国高校選抜大会・決勝戦結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    これらの試合の模様は、BS朝日のダイジェスト番組でチェックするしかないんでしょうね。

    先週から放送日が金曜日になってましたね。我が家の優秀な録画機(探して予約機能)は、このチェンジオブペースにも、慌てず騒がず、ガッチリとタックルを決めてくれました。便利な時代ですね。

    高校はこの4校の他だと、桐蔭学園と接戦した京都成章も有力かもしれません(ま、今年は、京都は野球の方が期待大なんでしょうけどね)。

    投稿: テルキー | 2014年4月 7日 14:01

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59424701

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西セブンズ2014結果:

    « グラス☆ホッパー、バリアフリー上映会 | トップページ | 第15回全国高校選抜大会・決勝戦結果 »