« 日本代表、フィリピン戦結果 | トップページ | サニックスワールドユース最終日 »

サニックスワールドユース5月4日&関西でのテレビ放映

5月4日も福岡県宗像市のグローバルアリーナに行っていた。朝は日差しも強く、暑く感じたのだが、午後2時あたりを過ぎてからは曇り空になって、上着が無くては寒いくらいになった。今日も熱戦が繰り広げられたが、東福岡対慶應義塾は印象に残った。

201405045

5~8位決定戦・準決勝の第1試合は東福岡と慶應義塾の対戦。風上に立った慶應は、自陣からは上手くキックを使って相手陣に入り、東福岡のワイド展開に対しても、BKラインが広く立って対応し、東福岡が内側を攻めてくると、FW陣が低いタックルでこれを食い止めた。そして、2分、LO辻が先制トライすると、18分には、ラインアウトからのモールでトライを奪い、なんと、前半30分まで14-0でリードした。

東福岡も前半終了間際に、CTB永冨が独走で一本トライを返し、後半開始早々に14-14とすると、11分にはWTB岩佐のトライで19-14と逆転した。これで流れは東福岡かと思われたが、慶應はNO8山中がラインブレイクしてトライし、ゴールも決まって、21-19ともう一度試合をひっくり返した。個々の堅実なタックルと、コンタクトプレーでもしっかり体を当てる姿勢は堂々たるもの。最終的には東福岡が36-21で突き放したが、昨日の東海大仰星戦に続いて、タイガージャージの健闘が光った。

「SO松尾が前に出られなくてストレスになった」と、パスミスの多発を藤田監督は振り返った。逆に言えば、そのプレッシャー下の経験は、チーム強化にプラスに働くという考えもできるだろう。慶應の稲葉監督も、「まだまだです」と言いながらも手応えをつかんだ様子だった。なかなか見ごたえある試合だった。

201405044

東海大仰星は、1~4位決定戦の準決勝でニュージーランドのハミルトンボーイズに「勝ちに行った」(湯浅監督)が、攻めてはミスを繰り返し、ハミルトンのスピードランナーに次々にトライを奪われた。ハミルトンは何も変わったことはしないのだが、仰星の動きに的確に対応した。「練習が甘かったということです。考えられない判断ミスもありました。これくらいの相手が国内に現れたらもう勝てないくらいの練習だったということですから、落とし込めていなかった僕の責任です」と、厳しい評価だった。

ハミルトンボーイズは、43-0で仰星を破り決勝進出。明日は、南アフリカのパールボーイズと優勝をかけて戦う。仰星は3・4位決定戦で、フランスのリセルイドゥファワと対戦することになった。

201405043

きょうは、JSPORTSのダイジェスト番組の収録もしたのだが、写真は進行役の谷口さんが花壇でコメントしながら歩く撮影シーン。

201405046

お知らせ◎本日(5月4日)深夜1:20~2:20
毎日放送にて「花園伝説 ~花園ラグビー場から世界へ~」が放映されます。(近畿圏のみ)
「第8回関西ラグビーまつり」の模様を中心に、ラグビーの魅力をたっぷりの番組内容なので、視聴可能の方はぜひご覧ください。

番組内容
▼東西大学対抗戦
  同志社大学 vs 早稲田大学
▼花園オールドボーイズ交流試合
  天理高校OB vs 大分舞鶴高校OB
▼花園に導かれし、若きラガーマンたち
  今年の年末、花園で活躍を期待される高校ラガーマンを取材
▼日本ラグビーの現在地
 高校時代、花園3連覇、日本代表の最年少出場記録を持つ、ラグビー界期待 の星・藤田慶和。藤田選手と並ぶ日本代表のエース候補・筑波大学3年福岡堅樹。リオ五輪、W杯日本大会を目指す彼らの現在地を追う。

出演者【番組ナビゲーター】
大畑大介(神戸製鋼コベルコスティーラーズアンバサダー、元日本代表)
山崎紘菜(2013年度第50回全国大学ラグビー選手権イメージモデル)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表、フィリピン戦結果 | トップページ | サニックスワールドユース最終日 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59581755

    この記事へのトラックバック一覧です: サニックスワールドユース5月4日&関西でのテレビ放映:

    « 日本代表、フィリピン戦結果 | トップページ | サニックスワールドユース最終日 »