« サニックスワールドユース5月4日&関西でのテレビ放映 | トップページ | グラス☆ホッパー宗像上映会 »

サニックスワールドユース最終日

5月5日は、サニックスワールドラグビーユース交流大会の最終日。雨の予報は外れて、快晴に。地元・東福岡は、前日とはうって変って、一人一人が前に出ながらボールをつないで、ウルグアイのブリティッシュスクールを翻弄し、36-7で勝った。藤田監督は「ディフェンスで前に出る、セカンドタックルのインパクト、外のスペースを作るためのFWの縦、を意識しました」と、狙い通りの試合運びができたと語った。東福岡は総合5位。「慶應とも初めて試合ができたし、いい大会でした」(藤田監督)。

201405051_2

3位決定戦に臨んだ大阪の東海大仰星は、フランスのルイドゥファワ高校と互角の好勝負を繰り広げ、FB山口のトライなどでリードしたが、最後は逆転を許し、15-19で敗れ、4位で大会を終えた。

201405052

決勝戦は、ニュージーランド(NZ)のハミルトンボーイズと、南アフリカのパールボーイズの対戦。試合前は両国の国歌斉唱もあり、試合前のハミルトンボーイズのハカに、パールボーイズがじりじりと前に出て、スタジアムは俄然盛り上がった。

試合は、FWに巨漢選手を揃えるパールボーイズがFWの縦突進を軸にパワフルに戦えば、ハミルトンボーイズはスピーディーなBKで勝負する展開に。まずは、ハミルトンボーイズがフィジーからの留学生FBセヴロニ・リースのPGで先制。18分にはリースのトライで、10-0とする。粘り強くディフェンスしていたパールボーイズは、27分、相手陣22mライン付近のスクラムからNO8カラニ・ビーティーがサイドアタックからそのままトライ、10-5とし、前半終了。

後半はさらに白熱した。キックチャージや、ジャッカルでのターンオーバーが交互に続くなど、手に汗握る試合内容だった。パールボーイズはモールを軸に前進し、反則を誘って2本のPGを決めて、後半16分、11-10と逆転に成功。この後も拮抗した展開になったが、終了間際に、ハミルトンボーイズは、FBリースの快走でチャンスをつかみ、最後は、LOヴィリアミ・ツイプロツが逆転のトライを左コーナーに決めて、劇的勝利を収めた。

201405053

ナイジェル・ホザムコーチは、「タフなゲームでしたが、チームを誇りに思います」と、安どの表情。NZの全国高校大会(9月)に優勝すると、翌年のワールドユース大会に出場できるため、いまやNZでは、この大会に出場することは選手達の大きなモチベーションになっているという。選手達は、優勝を喜ぶハカのあとも記念撮影、そして、ロッカールームでの大合唱と、いつまでも勝利の余韻に浸っていた。

201405054

敗れたパールボーイズは、立派に勝者を称えていたが、今回は、U20南アフリカ代表選手3名は来日しておらず、同時期に南アフリカでも大会があるため、ベストメンバーでは来ていない。NZチームに5年連続で優勝されていることもあり、来年はどの高校が出場するにせよ、ベストチームを送ってくるかもしれない。そうなれば、更にレベルアップした大会になりそうで、楽しみだ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « サニックスワールドユース5月4日&関西でのテレビ放映 | トップページ | グラス☆ホッパー宗像上映会 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59587662

    この記事へのトラックバック一覧です: サニックスワールドユース最終日:

    « サニックスワールドユース5月4日&関西でのテレビ放映 | トップページ | グラス☆ホッパー宗像上映会 »