« スリランカ戦日本代表メンバー | トップページ | 稲垣合流&ロンドンセブンズ&スーパーラグビー »

日本代表、スリランカ戦結果

今夜は名古屋の瑞穂公園ラグビー場で日本代表対スリランカ代表戦が行われたが、僕はほぼ同じ時刻に行われていた、スーパーラグビーの首位攻防戦、ブランビーズ対シャークスの解説をしていた。複雑な気分だったが、日本代表戦は試合後に録画で確認することに。

日本代表が常に複数の選択肢を持ちながら、パスを回すと、スリランカの防御が対応できず、前半10分までに3連続トライで19-0。11分、ドライビングモールでトライを追加し、WTB藤田のトライもあって20分までに33-0となる。組織だって攻めているので、ミスは少なかったが、ときおり起こる日本にハンドリングエラーも、スクラムの圧倒的優位、個々のコンタクトスキルの差があって傷口は広がらなかった。アタックの精度は試合ごとに高まっているようだが、日本代表の春の課題である攻守の切り替えの早さについては、この試合では見る機会が少なかった。

日本代表は次週、アウェイで韓国代表と、25日には国立競技場で香港代表と対戦する。順当にいけば、25日に2015年のワールドカップの出場権を獲得することになる。韓国戦からは、スーパーラグビー組も帰ってくる予定。JSPORTSでスーパーラグビーが放送された金曜日、堀江翔太選手はレベルズで途中出場。試合前日の電話インタビューで、「この試合を終えたら、日本代表に合流します。悩んだのですが、僕がスーパーラグビーに挑戦したのは、自分自身のためもあるけど、日本ラグビーのためでもあるので」と、スーパーラグビーの経験を日本代表に伝えることが自分の挑戦の価値でもあり、戻る決断をしたとのコメントをしていた。

スーパーラグビーの首位攻防戦は、雨のコンディションもあって、キックの応酬が多かった。もう少し、「スーパー」な試合をしてほしかった気がするなぁ。

■アジア五カ国対抗・試合結果
日本代表○132-10●スリランカ代表(前半68-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « スリランカ戦日本代表メンバー | トップページ | 稲垣合流&ロンドンセブンズ&スーパーラグビー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    テルキーさんに倣って、「強化」というものを二面に分けて考えるなら、
    1つは純粋にチーム力を上げるということと、もう1つ、周囲のレベルを上げるというのがあると思うんですね。
    その意味では、アジア諸国にも強くなってもらった方が絶対にいい。

    そうした観点からみると、スリランカ、フィリピン相手には、若手であっても代表を出さない方がよい気がします。
    70点の敗戦をいくら繰り返しても強化にはならないと思うんですね。
    もちろん、勝つ側にもメリットは乏しいでしょうし。

    投稿: かもめのJONA | 2014年5月14日 21:42

    この種の低レベルな議論は終わりにして
    スーパーラグビーに日本代表が参戦するように
    我々関係者が協会に働きかける運動を行いたいです。
    そのためのブログであると個人的に解釈しています。
    世界レベルで日本代表が中途半端な実力である故
    このような議論を長々とし、業界が迷走している原因だと
    思われます。現代表はカーワン時代より進化、成長はしているものの
    強化体制としてはこれまでと大きな違いはないというのが個人的な所感です。
    圧倒的に強豪チームとの対戦が少ないことがWCで勝利出来ない
    原因であるとも(それだけではなく個人個人の力量も含む)思いますので
    2019年成功に向けて更なる強い日本目指して欲しいものです。

    投稿: カズ | 2014年5月14日 17:40

    強さには、体力や技術面という狭義の強さと、これに、試合勘等の経験やメンタル面を加味した広義の強さとがあって、前者は主に練習で、残りの部分は主に試合で磨かれるのかなと思います。

    今の日本は体力面についてはだいぶ改善されてきて、狭義の強さはついてきたのかなという気がします。これを継続しつつ、やはり次は広義の強さを身につけていく段階なのではないかと思います。ですから、試合の持つ意味は大きいと思います。

    実力差のあるチームとやっても余計な情報が増えるだけで、マイナスになってもプラスにはならない気がします。従って、いい相手と試合してほしい。

    ちなみに、五カ国対抗には代表を出せばいいと思いますよ。ただ、その人選を若手主体とかにすればいい。サッカーで海外組を招集しない代表を選ぶのと同じやり方。すると、キャップの安売りとかつまんない反論をする人がいるかもしれないですが、そんな直接的でない議論はムダだと思いますね。

    仮に、五カ国対抗の間に、他のいい強化先を見つけられないから、何もしないよりは試合に出させた方がいい、みたいな事情があるとした場合でも、五カ国対抗には一軍は出さず、どっかで強化合宿でもしたほうがいいと思います。

    投稿: テルキー | 2014年5月14日 14:23

    HSBCがスポンサーとしての条件に「その時点でのベストメンバー」という

    条件をつけたと聞いたことがありますが

    その辺はどうなんでしょうか。

    投稿: OnsidekickRecover | 2014年5月13日 16:12

    ぷーりっぷさんのご意見にはいささか賛成できません。

    まず「弱い相手だから大学生や2軍、3軍でいいと言うのは理屈は正しいのです。でもニュージーランドやイングランドなどの強豪国が、日本相手なら強化にならないからと大学生を派遣してきた時、説得力のある批判ができるのでしょうか?」という「大学生を派遣」というのはあまりにも「極端・大袈裟」ではないでしょうか。

    ラグビーで「意味がある」のは「最後に突き放されて50点差」あたりまででしょう。日本代表はこの前54-6でオールブラックスに負けていますが。132-10では「試合にならない」で確実な表現です。

    今の状況では「日本代表はアジアの大きく実力の離れたチームと年間何試合もして時間無駄にする『ハンデ』がある」という感じです。競った試合をしてこそ身につく。それが当たり前の話です。

    アジアの代表なのだからアジアで試合すべきという理由はよく分かります。
    しかし「物事の本当の姿」を直視するなら、132-10の試合は絶対にすべきではありません。
    少しでも少しでも日本代表に強くなってほしい、時間の無駄を排除してあげたいと願うと、そういう意見を主張せざるをえません。

    各球技には世界の普及分布に差があります。ラグビーW杯はサッカーに次ぐ規模とは言え、アジアで夢中になっているのは日本ぐらいと言って過言ではありません。

    世界ランキングと照らし合わせて無試合でW杯のアジア代表になるとか、韓国・香港あたりと2試合とかで良いのでは? ラグビーW杯について、開催国と前回12強チームは、予選が無いですよね。そのことはご存知でしょうか? つまり週末に時間を浪費して、無意味で残酷なスコアにならざるを得ない何週間かを、彼らは回避できるのです。

    アジアの普及の責任というなら、TLチームがアジア回るとか、アジアのチームでの大会を日本が招待して開く(日本は日本A代表とか)とか、手はいくらでもあります。

    投稿: トンガリキッズ | 2014年5月13日 11:30

    んー。それでも、日本の学生相手にも負けてしまうなら、彼らにとっては強化としての意味を持つので、何ら失礼には当たらないと思いますけどね。

    日本代表が、NZの学生を充てられるのとはワケが違うと思いますよ。NZの学生選抜より、日本代表の方が明らかに強いですから。
    逆に、ティア1の学生選抜が日本代表より強いなら、これはこれで納得ですよね。強化としての意味はあるので。特に失礼とも感じないです。個人的には。


    それよりも、IRBです。
    100点以上差がつくようなチーム同士を、地区予選の同じリーグに入れてくれるなと、言いたいですね。
    理想は、日本、香港のトップ2+2部リーグの勝者(韓国は2部。)で地区予選。
    韓国倒せるチームでないと予選に出られない仕組みがよいかと。

    投稿: かもめのJONA | 2014年5月12日 23:37

    自分が予想していた倍の得点を取ってくれました(笑)

    ただ個人的に前から気になっているのは、こういう力の差がある相手に対して奪った"膨大な"トライや得点も、個人記録に積み重ねられていくということ。
    もちろん選手の活躍を否定する気は毛頭ございません!ただ明らかに差がある相手から奪った、例えば一試合一人5~6トライがそのままカウントされていったら、価値的にどうなんだろう?みたいな。
    (実際、大畑氏はれっきとした世界記録だけど、そこまで世界的にフューチャーされてないような!?)

    なので、例えば高校野球の、よく話題になる通算本塁打も、なんで練習試合のホームランもカウントしちゃうの?っていつも思っちゃいます(笑)
    大リーグでは点差のついた試合では、盗塁しても記録されないんですよね。

    JAPANの大量得点に喜びつつ、ちょっとそんな事も考えてしまった自分でした。

    投稿: 亮 | 2014年5月12日 22:35

    世間体を気にしていては、いつまでたっても強くなれない。なぜなら、進歩しているのは日本だけではないのだから。普通にやっていたら、よくて現状維持。

    ジンバブエにしか勝ったことがないチームが2つ3つ勝つことができるチームにならないといけない、という課題は容易ならざるものと言わざるを得ない。

    いつものように後半半ばまで接戦して、そこから突き放されて、惜しかったね、ってやってればいいなら何でもいいですけどね。

    勝てば官軍で、W杯で勝てば、万事OKでしょう。
    ちなみに、昔、サモアやフィジーとかとやってる対抗戦(名前をド忘れ)にNZの二軍が参戦したことがありましたが、日本はあっさりひねられたので、ぐうの音も出ませんでした。負けたら文句言えませんよね。これと同じです。アジア五カ国で二軍を出しても、ちゃんとひねってあげればいいんです。相手としても、少しでも力の近い相手とやった方が得るところがあるでしょう。こないだのスリランカの3番の選手の途中退場もイヤ〜な感じだったし。

    投稿: テルキー | 2014年5月12日 21:56

    1軍には1軍で応えろ!
    これほど表面的なキレイごと、他にあるのでしょうか?

    ニュージーランドが2軍、3軍を日本代表にぶつけてくることは仕方のないことです。
    失礼でもなければ、誰も批判する権利はありません。

    そのようなとき、日本がその2軍や3軍に勝てば済む話ではないのでしょうか。
    それさえもできずに、キレイごとだけで批判するなんて、ナンセンスもいいところです。

    日本がワールドカップで1勝しかしていないことは、理由になりません。
    実際、日本とアジア諸国との実力差はそれ以上にあります。

    昨年、日本がウェールズ代表に勝利した感動は今でも覚えています。
    あのときウェールズは2軍でしたが、誰も非難せず、日本の勝利に酔いしれていましたね。
    ウェールズの監督は歴史的な汚点を残し、後悔することになりましょう。

    相手からなめられたくなければ、その2軍に勝てば済むはなしです。
    そうすれば、次は1軍を出さざるを得ないでしょう。

    アジアへのラグビーの普及という目的のために、何も1軍で迎えなくても良いわけです。
    社交辞令や遊びではないのですから。

    全ては実力の世界!

    弱いチームが、強いチームからの扱いに対して批判する権利は何ひとつありません。

    文句があるのなら、勝てばよい。


    投稿: ラグビーファン | 2014年5月12日 19:24

    アジア5ネーションズの季節になると毎回でる意見です。
    弱い相手だから大学生や2軍、3軍でいいと言うのは理屈は正しいのです。でもニュージーランドやイングランドなどの強豪国が、日本相手なら強化にならないからと大学生を派遣してきた時、説得力のある批判ができるのでしょうか?
    日本がランキング下位チームにしていることと同じようにしているだけだよ、と言われたら有効な反論ができるのでしょうか?
    野球のように世界のトップレベルにあるのならそういったある種の傲慢な意見も通るかもしれませんが、ティア2のしかもワールドカップで1勝しかしていない国がいう言葉ではないように感じます。
    私も現状のやり方がいいと考えている訳ではありませんが、アジアへのラグビーの普及を掲げてワールドカップを招致したのなら、それ相応のことをするのが責任ある態度といえるのではないでしょうか。

    投稿: ぷーりっぷ | 2014年5月12日 15:22

    私もラグビーファンさんの意見と同じです。
    怪我も心配ですが、時間の無駄です。
    貴重な週末の無駄使いです。
    実力の伸びが止まります。
    ラグビーファンも興ざめです。
    決して良い状態ではありません。

    投稿: トンガリキッズ | 2014年5月12日 00:56

    記事と微妙に関係なくスイマセンm(_ _)m
    堀江の運動量 精度 素晴らしく感じます。
    レベルズ ハリケーンズ戦の解説でSRへの日本参加について言及されてたのを聞きました。

    日本サッカーもああやって地道に海外に送りこんでるんで、飛び級みたいで微妙に感じます。

    が 個人的には嬉し過ぎます(笑)


    投稿: けんじ | 2014年5月11日 20:25

    アジア諸国やランキング大幅下位のチームとの試合、
    今後も継続していく必要があるのでしょうか。

    将来有望な日本の選手が怪我でもしたら、大変です。

    ランキング5位~10位くらいの上位チームとの対戦となら喜んで応援しますが。

    アジア諸国との試合は、大学チームとの練習試合程度で良いのではないでしょうか?

    投稿: ラグビーファン | 2014年5月11日 20:08

    アジア五カ国対抗に一軍を出すことはないと思っていますが、選手の個人記録のことを考えたら、出してあげなきゃですね。

    アジア五カ国で稼がなきゃ、いつ稼ぐんや、って話ですからね。


    でも、世界のトップ10で、ランキングが大きく下回る相手に対して、一軍を出しているチームはないでしょうから、逆説的に言えば、アジア五カ国対抗に一軍を出している間は、日本は世界のトップ10には入れないんでしょうね。

    投稿: テルキー | 2014年5月11日 11:22

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59620953

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表、スリランカ戦結果:

    « スリランカ戦日本代表メンバー | トップページ | 稲垣合流&ロンドンセブンズ&スーパーラグビー »