« 成田ラグビーフェスティバル | トップページ | ラグマガ2014年8月号ほか »

日本代表の世界ランキングが初の10位に

6月23日、IRB(国際ラグビーボード)の最新の世界ランキングが発表され、イタリアに勝利した日本は、10位だったフィジーがサモアに敗れたこともあり、史上最高位の10位となった。ただ、イタリア戦勝利後の会見で、報道陣から「10位以内になる可能性があるが」と問われたエディー・ジョーンズヘッドコーチは、「うれしくはない。代表チームはW杯で勝つことが大切」と語った。「日本代表戦でスタジアムを満員にするには、W杯で勝つしかない」とも。W杯の怖さを知る選手からも浮かれたコメントはなかった。日本が来年の本大会一次リーグ戦う、南アフリカ、スコットランド、サモアは上にいる。下位はアメリカだけ。歴史的快挙を喜びつつ、着実に強化を進めたい。

◎IRB世界ランキング
※カッコ内は先週の順位
1(1) ニュージーランド 93.81
2(2) 南アフリカ 89.34
3(3) オーストラリア 86.94
4(4) イングランド 85.68
5(5) アイルランド 83.44
6(6) ウエールズ 80.70
7(7) フランス 80.01
8(8) スコットランド 77.78
9(9) サモア 76.59
10(12) 日本 75.39
11(10) フィジー 74.56

イタリア戦の山田章仁選手が相手のパスをカットしようとした結果、故意のノックオンとされ、ペナルティトライを奪われ、シンビンになったことについて、山田選手の立ち位置についてご質問があった。

競技規則には、「プレーヤーは手または腕を用いて故意にボールを前方にノックしたり、故意にスローフォワードをしてはならない。罰:ペナルティ。その反則がなかったならば、ほぼ間違いなくトライが得られたと認められる場合は、ペナルティトライを与えなければならない」という文言があり、山田選手がオフサイドであったかどうかは関係なく、ノックオンでトライを防いだと判定された時点でペナルティトライになる。

イタリア代表のFLベルガマスコ選手が日本戦で100キャップ目だったのに、最近のテストマッチでの慣例である先頭に立って出てくることをしなかったことについても質問を受けたのだが、本人が「特別扱いはしないでくれ」と頑なに拒んだ、とのこと。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 成田ラグビーフェスティバル | トップページ | ラグマガ2014年8月号ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    yasさんからの質問
    その2
    「日本ラグビー100年の記録」という雑誌で当時のメンバーであったWTB
    の坂田氏と伊藤氏が対談されています。その話しを要約すると
    ・個人の技術が凄い
    1、全員のデイフェンスが凄い。足首へのタックルで一発で仕留めた。
    2、スクラム、ラインアウトから出たボールは瞬時でWTBまで回った。
    3、1対1の個人で抜く練習を徹底し、実際に試合で抜けた。
    (横井氏はSO,CTBで抜く練習をし、試合で抜けたとのこと)
    上記1~3を見れば当時相当技術の高いプレーをしていたことが分かりますし、
    大西理論である接近→展開→接近を実践出来ることが伺えます。

    その雑誌でジヤーナリスト9人にセンチュリーベスト15のアンケートがあり
    その回答で当時のメンバーがほぼ選出されています。
    PR 原(5票)下薗(1票)
    HO 後川(1票)
    LO 小笠原(2票)寺井(1票)
    FL 井澤(2票)山口(1票)
    NO8 村田(2票)
    SO  藤本(1票)
    CTB 尾崎(1票)横井(1票)
    WTB 伊藤(4票)坂田(7票)
    SHとFBこそ0票ですが、バランス良く票が集まっている印象です。
    BKは伊藤氏、坂田氏に票が集まっていることから当時二人に相当な決定力があることが伺えます。
    村上さんは当時のメンバーから下薗、後川、横井、伊藤、坂田の5名を選出され大変興味深く拝見させて頂きました。
    15人中5名ですから、村上さんも大西ジャパン。選手の力量を高く評価されているのですね!!
    ところで当時のメンバーであるFLの井澤氏が最近死去されたとのこてすが本当でしょうか?

    投稿: カズ | 2014年7月 3日 17:59

    yasさんの質問に対して
    その1
    体重70kgの柔術家が体重100kgのレスラーを寝技で制する・・のをイメージして下さい。
    確かに多くの方からご指摘のある海外もフィジカル、デイフェンスのスキルが向上しているのは事実ですが、
    個人的には当時のメンバーで当時の戦術(シャローデイフェンス、浅くて狭いアタックライン)は今も通用すると思います。
    当時のラグビーを観た人はSO,CTBが的確に相手のタックルポイントに入りそれを第3列がフォローし、カウンターを仕掛ける。
    その確実性と素早い技術はまさしく神業で今の時代にないと聞きます。ちなみに当時のイングランドCTBは身長190cm 体重100kg
    それを170cm、体重65kg前後の日本人CTBが対応したのです。
    このような力が出せたのは当時の選手に力量があったことは当然のことですが、やはり大西監督の指導、采配に
    依る部分は大きかったのではないでしょうか?
    大西ジャパンは1966年~72年、横井氏は73年で引退。横井氏曰く80年以降そのような技術が何故か消滅したとのこと。
    私が知るジャパンは皮肉にも80年以降ですので、そう考えると私は力の落ちたジャパンしか知らないということになります。

    投稿: カズ | 2014年7月 3日 17:11

    カズさんのご意見、なかなか興味深いですね。

    ラグビー初心者からの素朴な疑問です。
    40年くらい前の日本代表の方が現在よりも強いというお話で、
    当時イングランドやオールブラックスジュニアに善戦したというのが
    根拠のようですが、
    プロ化以前で、比較の根拠にされている海外勢もサイズやスピード、スキル等々
    かなり進化していると思うですが、いかがでしょうか?

    投稿: yas | 2014年7月 1日 16:17

    ちなみにイングランド戦の日本FWの平均体重は80kg台だったよう。
    そのサイズで当時世界屈指のFWの攻撃を凌ぎました。
    オールブラックスジュニア戦は尾崎、横井の両センターのタックルが
    炸裂し、相手の攻撃を遮断。そのこぼれ球を拾って坂田が4トライで勝利!!
    尾崎、横井の両センターも日本史上最強のセンターと言われていますが
    二人のサイズは身長170cm未満、体重65kg前後とのことですから
    驚きですね!!尾崎氏は既に他界されていますが横井氏は今でも「我々の
    時代の方が個人、チームとして高度な技術でプレーしていた」と自信満々に
    語られていますからね~
    カーワン時代に外国人を半数入れ、大型化を目指しましたが結局失敗しました。
    エデイジャパンもフィジカル強化の狙いは分かるし、結果も出ている。しかし
    WC本戦どのような戦術で戦うのか?強豪相手に・・・福岡、藤田という若手を
    早い段階から使っているため、2019年に向けてということではなく
    本戦彼らのトライを期待しているし、勝ち切りたいのでしょう!
    そのためには強豪相手にFWが健闘することが大前提であると・・・勝手ながら
    こう解釈します。FWもBKももっともっと俊敏性を活かして欲しい。それが
    ジャパニーズウエイだから・・・

    投稿: カズ | 2014年7月 1日 14:29

    村上さん、イタリア戦、山田選手の立ち位置に関するご回答ありがとうございました。目一杯身体を伸ばしてボールをキャッチしに行こうとしていたように見受けましたが、レフリーの判定が“故意”で且つ、競技規則にきちんと記載されている通りに適用ですので仕方無いですね。
    今度もし、同じような場面に出くわしても選手には、積極果敢にキャッチに行って欲しいです。ま、心配しなくても、身体は自然に反応するでしょうけども、

    投稿: KimuSige | 2014年7月 1日 12:36

    かもめのジョナサンがこの度、ついに完成したらしいですね。ヤフーのニュースに出てましたが、何か、親近感が湧くニュースでした。

    さておき、昔に今よりも強いFWがいた。そのメンバーに監督をお願いする、となった場合、普通に考えれば、FWが強いチームができるんでしょうね。そのチームができるのは賛成ですが、そのチームには戦術を間違わないよう、お願いしたいと思います。

    でも、2019年のFWは今よりも強くならないとの意見も耳にしました。

    うーん、2019年はどうなってるんだろう。よくわかんないですね。ま、先のことは誰にもわからないか。

    個人的には、これまで、皆さんがエディさんを絶賛していたのが理解できなかったのですが、今では感謝の気持ちさえあります。2015年のW杯でどんな結果が出るかはわかりませんが、仮に未勝利に終わっても、批判するつもりはありません(戦い方がまずいと文句言いそうですが)し、2019に向けても、さらなる強化に努めて欲しいと思っています。
    とは言っても、アメリカには勝ってほしいなあ。

    投稿: テルキー | 2014年6月30日 18:00

    71年の日本代表のことは知りませんが当時を知る関係者は皆
    FWは間違いなく当時の方が強力。特に3列の強さは今と比較にならないと・・
    口を揃えます。68年にはオールブラックスジュニアを破っています。
    今で言えばオーストラリア代表に勝っている位の金星でしょうか?
    かつては今より強い日本代表が存在したのは事実です。
    ですから、昔の話しとか、ルールが改正され別競技になっているという次元の話しではない。
    関係者の話しを総括すると単純に今の選手よりも当時の選手の方が技術や能力が優れ、
    勝利に向けての戦術がバッチリハマったということです。
    前コメントは強い日本を取り戻す指揮官は当時を知る横井氏しかいなという私の自論です。
    実際に国内ではここ10年位指導され大学、高校のチームで結果を出されています。
    2019年ツイやリーチがスタメンに名を連ねていることはないでしょう。
    それじゃ予選落ちじゃないですか?本当に勝利を目指すなら海外のFWの一流選手を
    数人呼べばいい。これをすると叩かれるのですよ!!!
    叩かれると勝って当然となる。これでは選手が可哀そ過ぎるし勝てる保証もない。
    確かに大西理論は今のメンバーでは机上の空論です。しかし結果を出すためには避けては通れない。
    かつての坂田、松尾、平尾のような相手をかわせる技術を持つBKがいればこの戦術も十分使えます。
    上記に挙げた選手は50年に一人?と言われるの逸材ですから無理でしょうけど
    協会がこのようなアスリートを本気で発掘して育成しないと・・・
    どちらにしても15人全員での接近→展開→接近2019年版を形成しないと
    その年は色々な意味で厳しいことになっていることでしょうね!
    そうならないためにも横井監督誕生強く希望します!!

    投稿: カズ | 2014年6月30日 12:36


    テルキーさん

    ただ、私は、大西理論は、今でも使えると思うんですよね。但し、そのままの形では苦しい。
    大西理論は俊敏性のアドバンテージを活かすという要素があるわけですが、
    現在でも、日本人は俊敏性に優れていると思います(差異は縮小してると思いますが)。

    但し、速さは、世界の方が上。
    これを日本の展開攻撃に当てはめて考えると、現在の発達したディフェンスでは、日本側は、せいぜい体1つズラせる程度だろうと思うんですね(傾向の話)。世界の選手は瞬間的について行けなくても、腕はかかるし、ボール・キャリアーへの集まりも優勢になる。
    こうなると、ボール保持が困難というわけですね。

    そこで、味方の人数の多いトコロを攻めながら機を窺う方が良いと思うわけです。
    エディさんの打ち出す「パス」攻撃。
    大西理論のうちの「展開」は、FW・BK一体となって、細かくパスをつなぎつつフェイズを重ねる形、いわば細かい展開を繰り返すという形に変容させて活用するのがいいんじゃないかなあと思います。

    で、チャンスがあれば、大展開。
    攻撃に大きな変化が出るので、その方が効果的じゃないかなと。
    (ボディに意識を集中させて右フックみたいな感じで)

    投稿: かもめのJONA | 2014年6月28日 23:31

    かもめのJONAさんに先を越されてしまいました。
    が、そもそも、2019年にFWがさらに強くならないことの理由に外国人をチームに入れておくことに対して批判が上がることを挙げ、最後に、FWを全員外国人にしろ、と言われてもなあ。。。

    また、そもそも、リーチやツイが出て、文句言う人がマスコミにいるんでしょうかね。

    あと、昔の試合を引き合いに出されても、ラグビーは、ペナルティーからのタッチキックがマイボールラインアウトになり、ラインアウトでリフティングができるようになった時点で大きな変革を迎えているので、それ以前の話はあまり参考にならないと思いますね。

    天理大学対帝京大学の試合で、天理大学がBKでトライを取ったら盛り上がったように、展開ラグビーは見ていて楽しいですが、今のジャパンには、もっと確率の高い選択肢があると思いますね。

    投稿: テルキー | 2014年6月27日 14:24

    イタリア戦の勝利、世界ランク10位。率直に喜んでます。50年以上ラグビーファンでいたこともよかったと思っています。今度こそと思う気持ちと、またかと思う気持ちの繰り返しでした。もちろんここからが勝負です、戦術も選手強化も確実に勝利に向けて積み上げていってほしいと思います。そして、エディージョーンスの言葉を協会関係者はもう一度かみ締めてください。「スタジアムを観客でいっぱいにする、ラグビーを日本でもっと人気のあるスポーツにする」とてもヘッドコートの言葉とは思えません、ますます好きになりました。

    投稿: 山本 昭 | 2014年6月27日 09:59

    スーパーラグビークラスの外国人中心では、あのダルマゾ理論に基づくスクラムは組めないですよ。
    足の短く骨格の小さい日本人だから、小さくまとまって力を一点集中できるわけで。
    力を加える面積が小さいと、より強い力がかかる。物理的な意味での圧力、これを高めたわけです。


    それから、15人制は、セブンの影響を受けることはないと思いますよ。
    少なくともエディさんは、ランで世界を崩し切れないことを熟知していますから。
    (ランで崩すことはできるが、その後TOが待ってる)

    防御の発達を考えれば、捕まることを前提に組み立てざるをえません。
    となると、BK展開の前提としては、BKが1:1でボールをリテンションする力を持つことが必須です。しかし、日本人の体型とパワーでは、それを高い確率で達成することは現実的ではないですね。


    大西理論は優れた理論ですが、当時とはディフェンスの発達度が全く異質。いわば別競技になっています。コンタクトを避けるっていう選択肢はほぼ無くなっているのが現代ラグビーです。
    大西理論も現代的に変容させなければならないと思いますね。

    投稿: かもめのJONA | 2014年6月26日 22:59

    2019年WCにて日本のFWが更に強力になっていることはないでしょう。
    ご承知の通り日本開催で外国人が多数いることに対してマスコミや世論にて
    相当叩かれる恐れがあるからです。
    その頃セブンが今よりかなり人気が出て競技人口も急増している影響もあり
    BK中心の展開ラグビーになると予想します。日本の戦術がどうなるかは
    監督が誰かになるのか?で決まりますが、横井章氏が最適ではないでしょうか?
    1971年イングランドとの一戦で
    (6-3でイングランド勝利ノートライゲーム)
    何故あれだけの大善戦が出来たのか?関係者は本気で検証すべきでしょうし・・・
    それを再現出来る監督は横井章氏しかいないと思います。
    昨年末、高校時代のラグビーのコーチに会った時もあのイングランド戦の
    メンバーが日本最強だと言っていましたからね!!
    FW 原、下園、小笠原、山口、村田 BK 今里、横井(欠場)坂田、伊藤
    凄いメンツですね!!!横井氏が出ていれば勝っていたという話しですから・・
    2015年WCに話しを戻すと、まず第一にBKのデイフェンス力を強化してもらい
    たい。オフェンスはその次で良いと思う。FWはこれ以上大きな成長は見込めないものの
    BKは現メンバーでもまだまだ成長出来る余地は残されていると思う。
    今の日本BKは前へのデイフェンスは問題ないが、相手BKがヨコ→ヨコ
    →タテという展開になれば簡単に抜かれると思うので・・・
    WC本戦スクラム、モールで相手を圧倒するプランなら今のFW8人全員入れ替えれば
    いい話しですよ。全員スーパーラグビーで活躍している外国人8人スカウトすれば
    済むことでしょう。まあ本当にそう動いてもタイムオーバーですが・・・

    投稿: カズ | 2014年6月26日 17:09

    ここ10年ほどの日本と世界の闘いを見ていると、
    日本代表のポイントは「まとまり」。これに尽きると思いますね。
    平尾JAPANの頃から言われていましたが、日本は局所的に数的優位に立つことを目指さなければなりません。1:1で敵わなくても、3:1で取り切る。
    スクラムでも小さくしっかりまとまることで、相当パワーアップしました。
    要は、より狭い範囲に力を結集する、そういう戦い方。

    よく言われる、広いスペースにボールを運ぶってのは、実は日本には不利なんですよね。なぜなら、人が少ない=局所的に1:1の場面になるからです。周囲のサポートにコンマ何秒かの遅れが生じる。これが致命的になるわけですね。
    日本のBKが抜け出た後に捕まった時、TO食らうことが他国に比べ圧倒的に多い。このことからもお分かり頂けるかと思います。


    その意味では、エディーJAPANの進む方向は、正しいと思います。
    シールド・ロック時、FWでサイドをついてボールキープしつつチャンスを窺うとか。昨年の特徴的な、狭い方へ球を出す攻め方とか。
    ぽーんと1人裏に抜け出たときに、どのようにして攻撃を継続するか、W杯までにJAPANオリジナルが必要ですね。

    投稿: かもめのJONA | 2014年6月26日 01:56

    FW主体の戦いは通じないので、BKで、という論調が多いですが、BKはもっとダメでしょう。

    でも、これは2015の話。
    BKのメンバーは2019を見据えた人選にも映る。従って、2015を捨てる覚悟があれば、今からでもBK主体のラグビーをして2019に備えればいいのではないか。今の状況でBK主体に戦って2015で勝とうという方が無理のあるシナリオと思うので捨てる覚悟は必要。しかも、2015を捨てたからと言って2019に勝てる保証はどこにもない。

    一方、FWのメンバーは2019にも主力で出ているかどうかは不透明という年齢の選手が多く、2019までには世代交代を進めていくのが課題となるが、個人的にはその世代交代の中で更なるパワーアップをして、2019は一層FWで真正面からぶつかるラグビーをやってほしいと願っている。なぜなら、相手を一度圧倒できれば、どうすれば圧倒できるかを認識できるわけで、それを伝えられた、2019に出る選手はより良い準備ができるはずだから。

    2014年は、そのドアをノックした記念すべき年なのではないか。

    2015で今の選手が得る経験を2019に出る選手にうまくつなげてほしいと思う。もちろん、ツイ選手とか2019にも出てるであろう選手には2015を経てさらなる成長に期待します。

    あと、スクラムだけでなく、モールをもっと使ってほしい。押し切れなくても、アドバンテージをもらう確率はある程度あると思う。そうすれば皆さんお望みのBK展開も気楽にできる。でも、個人的には、22近辺でアドバンテージもらった場合に一番ズルい作戦はインゴールにハイパントを上げることだと思う。トライかペナルティーか、こんなズルい作戦はないが、美徳の観点からかあまり用いられない(ずいぶん昔、三洋電機がやっていて、賢いなあ〜と思った記憶がある)。

    投稿: テルキー | 2014年6月25日 20:47

    テルキーさんのおっしゃる通り、トップ5も相手にしてくれる可能性が広がったことは大きいですね。
    また、ニャロメさんのおっしゃる好循環も、期待が膨らみますね!
    やっぱラグビー日本代表の未来は明るい!!

    暗殺者さんのおっしゃるトンガ戦ですが、明らかに頭から突っ込んでボールを殺す反則が、ほとんど流されてしまったんですよね。あれをやられると、体の小さくパワーに劣る日本としては、どうしようもない。
    ただ、今の日本なら、全弾スクラムで押しまくることで対処するっていう選択肢があると思いますが。
    あとは、レフェリーをうまく味方につけることですかねえ。。。
    (具体的にどうすればええんやろか?)

    投稿: かもめのJONA | 2014年6月25日 20:28

    べスト10に入る。一つの目標はクリアしました。
    但し・・・サッカーWC。グループCはランキング通りの結果
    となりました。2015年ラグビーWC。グループB
    もランキング通りになる可能性があり何も喜べない
    というのが個人的な所感であります。
    やはり本大会に向けての戦術を明確!!!でしょうね
    確かにFWは強くなりました。スクラム凄いですよね!
    ただ本気のサモア、スコットランド、南アフリカに通用するとは
    思えません。仮にスクラムで優位に立てても勝負に勝てる程
    WCは甘くない。日本人の特性を活かしたBKでの展開にて賭けるしか
    ないでしょう。要は接近→展開→接近の大西理論です。
    過去日本が強豪国に善戦した又、勝利したケース(昨年は除き)
    はBKのオフェンス、デイフェンスのバランスが抜群で第3列のディフェンスが強烈
    でした。後はカリスマなリーダーシップを持つ選手が必ずいました。
    現在のテストマッチでの連覇は上記の要素はあまり当てはまりません。
    特にBKは更に組織的な精度を上げて欲しい。現状のままでは味方FWが押されたり
    プレッシャーのかかる局面、時間帯にパスミス、ハンドリングエラー、を
    繰り返すと思われるため・・・

    投稿: カズ | 2014年6月25日 16:47

    「BLUE」の次は「RED」だ!

    投稿: nick | 2014年6月25日 13:12

    ランキングTOP10入りは素直に嬉しいし、それを鵜呑みにしない
    エディーさんのコメントは頼もしいと感じます。
    話は変わりますが、サッカー日本代表のW杯の試合を見て、
    ラグビー日本代表の前回のW杯トンガ戦の戦いぶり思い出しました。
    少ない人数で素早い球出しができず、策なくBKラインに回して、
    個で上回るフォワードにボールを取られてカウンター…
    試合中の修正もできなかった。
    負けたことよりも惰性で試合していたことに対して、ここ数年で
    最もストレスが貯まったのを覚えています。
    次回W杯ではそういうことがないよう選手の皆さんに頑張ってほしいです。

    投稿: 暗殺者 | 2014年6月25日 11:12

    もっとメディアで取り上げて~!!

    投稿: ねこぷ~ | 2014年6月24日 21:10

    他国の成績はやはり本気モードでの選手の招集ではなく、若手の育成や経験を重視したものでは?みなさんがおっしゃるとおり有頂天ではいられませんが、順位が上がったジャパンに注目が集まることで、どこか海外の強豪チームから日本の選手にオファーがこないかな?・・なんて思ったりします。特にプロップは注目をされてくるのではないでしょうか?ヨーロッパの国々で日本の選手が強いスクラムを組んで、その経験が堀江、田中のように、またジャパンにもたらされ・・・良い循環ができてますますジャパンが強くなってもらいたいと願う私です。

    投稿: ニャロメ! | 2014年6月24日 20:23

    5チームのうち4チームが世界ランク10位以上。

    普通なら死のグループと言われそうなものですが、きっとそんな報じられ方はしないでしょう。

    やっぱり、W杯で勝たないとね!

    でも、10位は素直にうれしいですね。これで、フランスとかイングランドとかが練習相手にしてくれる可能性が上がれば何より。堂々と申し込んでもらいたいものです。

    スーパーラグビー参戦に手を上げたことが評価されていますが、僕は、いつの日かセブンネーションズが実現しないかなあ、と願っています。

    毎年、期間中は長期遠征。難しいでしょうけどね。夢はでっかく的な話ですいません。

    投稿: テルキー | 2014年6月24日 14:22

    そうそうたる顔ぶれのすぐ下にJAPANがいるなんて、なんだか信じられません。
    ただ今回の順位鵜呑みにはしていません。(サッカーも昔9位の時ありました!)
    各国の対戦成績によるタイミングもあったでしょうし、W杯の本番でフルメンバーのアルゼンチン、イタリア、サモア、フィジー、トンガ辺りにコンスタントに勝ってこそ、この順位に確信が持てると思います。
    エディさんが一番冷静ですね(^^)
    コメント頼もしい限りです。

    ただ夢が持てる順位であることは確か。
    サッカーの本田みたいに「W杯優勝」と口にできる時代が早くきてほしいものです(^^)

    投稿: 亮 | 2014年6月24日 10:07

    マウロ、かっこよかったですね!
    試合終了後、負けて悔しいはずなのに、JAPANの輪の中に入って
    一人一人に握手してた。「お前ら、強くなったな~」っていう感じで。
    いいシーンでした。
    100Capおめでとうございます!!

    投稿: デンタルフロス | 2014年6月24日 06:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59867180

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表の世界ランキングが初の10位に:

    « 成田ラグビーフェスティバル | トップページ | ラグマガ2014年8月号ほか »