« イタリア戦前日練習 | トップページ | 成田ラグビーフェスティバル »

日本代表対イタリア代表結果

21日は、ノーサイドプロジェクトのランチイベントで、イタリアンを食べて秩父宮ラグビー場へ。このイベントは、イタリアが好きな方にラグビーを知ってもらい、ラグビーファンはイタリア文化を学ぼうということで企画されたのだが、最終的には70名以上の方々が集い、広尾の「アンティキサポーリ」で美味しい料理を食べ、ゲストの川合レオさんと、フリーペーパー「イタリア好き!」の松本編集長のトークを聞きつつ、楽しい時間を過ごした。このお店の料理は期待以上の美味しさで参加者の皆さんも喜んでくださったみたい。他の国が来た時もまた企画してみたい。

僕はJSPORTSで日本代表対イタリア代表戦の解説だったのだが、一緒に解説した大畑大介さんと手に汗にぎる試合内容だった。こんな緊張感のある試合をたくさんできるように、日本代表が強くならなければいけないと心から思った。

試合は、午後2時、イタリア代表のキックオフで始まった。いきなりイタリアにボールを確保されたが、日本もFLジャスティン・アイブスが軸になってカウンターラックでボールを獲り返す。互角の攻防を予感させるシーンだった。

日本の先制トライは、前半4分、NO8ホラニ龍コリニアシがキックリターンで抜けだし、WTB山田章仁が右隅に飛び込む。FB五郎丸歩が難しいゴールを決めて、7-0とする。10-3で迎えた、17分、日本はイタリアに攻め込まれたところで、パスをカットしようとした山田が、故意のノックオンでトライを防いだとしてシンビン(10分間の一時退出)となり、ペナルティトライを奪われる。前半は13-13で終了。ラインアウトはミスもあったが、スクラムは互角以上に組めていた。

後半の立ち上がり、SH田中史朗がPKから速攻を仕掛け、日本が流れをつかむ。イタリアSOオルケーラと五郎丸がPGを決め合い、19-16で日本リードの後半19分、日本は連続攻撃からCTBマレ・サウがインゴール右中間に飛び込み、26-16とリードを広げた。イタリアの猛反撃を粘る強く守り、なんとか1トライにおさえて、26-23で逃げ切った。

20140621

「勝因はスクラム。勝てたのは良かったが、いい内容ではなかった。そんな状況で勝てるようになったのは成長の証でしょう」とエディー・ジョーンズヘッドコーチは淡々と振り返った。「悪いパス、ハンドリングエラーでチャンスを失った。上手く戦えば15点差はつけられたはずです。ここまでの成果は、まあまあ。ワールドカップに向けて、万全なチームを作っていきたい」

リーチマイケルキャプテンも「この内容では、ワールドカップなら負けています」と反省の口にした。「長い時間をかけて、おそらく他の国より倍以上努力してきた。その結果です」と、話したところで、ジョーンズHCが、「いま、オフな少ないという話をしたと思うけど、きょうのような内容では、オフはもっと短くなります」と突っ込み、会見場の笑いを誘った。

■試合結果
日本代表○26-23●イタリア代表(前半13-13)

追記◎先日、真壁伸弥選手が「さんぽ!」という声援に驚いたが、まんざらでもなかったと書いた。試合後、「さんぽって声がかかりましたか?」と聞いたら、「さんぽ、さんぽって、声かかりまくりましたよ。名前言ってほしいなぁ。誰だか分からないじゃないですか~」と言いつつ、やっぱり、まんざらでもないみたいだった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « イタリア戦前日練習 | トップページ | 成田ラグビーフェスティバル »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今回の一連の試合はフォワード、スクラムの勝利。
    しかし、今回のイタリアは、カストロ ジョバンニが来ていないスクラムということも忘れてはならない。今回のスクラムが他チームに衝撃的であればあるほど、来年に向けて、どのチームもスクラムを強化してくるでしょう。他国も8人で組むスクラムに特化するかもしれない。
    もちろん、ジャパンももっと強化し強くなってほしいですが、ワールドカップ本番では、今回のようにスクラムでペナルティをとれるとは思わない方がいい。
    となると決して楽観はできない。
    でもスクラムが強いとこんなにも景色が変わってくるのか、と再確認致しました。攻め手、ゲームメイクと全然変わってきますね。


    投稿: シノ | 2014年6月25日 08:08

    課題は色々ありますが、まずは勝利おめでとう。
    点差以上に安心感のある試合でした。

    気になるのはディフェンス。
    相手が、どフリーでノック・オンしてなかったら、今日の勝利も危うかったかもしれません。ま、ディフェンス・プレッシャーと、スタミナを奪う戦い方の賜物でしょうけど。
    国内リーグでほとんど経験できない、デカい速い相手の1on1ディフェンスを、もっともっと進歩させないと、本番ではキツいと思います(国内では、3:1とかで止めてるのが現状だと思います)。

    ・・・国内リーグに戻るんですよね。各選手。また勘が元通りに・・・学生に至っては・・・明らかにマイナス(ガックリ

    投稿: かもめのJONA | 2014年6月23日 22:35

    某スポーツ新聞が、エディさんが「サッカーみたいにW杯で勝てないチームになりたくはない」と言い切ったと報道しており、ネットでサッカーファンが騒いでいます。実際、どうだったのでしょうか?ファンとして気になります。

    投稿: ギャン | 2014年6月23日 22:23

    nickさん。
    楽しい思い出いっぱい作れましたよ(^^)
    年に1~2回しか生観戦出来ない者にとっては全てが楽しく貴重な思い出です☆

    行きは正門横のトイレでジャパンジャージに着替えたのですが、帰りは堂々と浜松町までジャージ来て電車乗ってやりました(笑)
    ジャパンのジャージと気づいた人がいたか分かりませんが、なんだかとても誇らしげな気分でした(^^)

    投稿: 亮 | 2014年6月23日 21:15

    村上さん、ご存じだったら教えて下さい。
    山田選手の故意のノックオンの場面で、レフリーはTMOを要求しますが、テレビマッチマッチオフィシャルに、山田選手の立ち位置がそもそもオフサイドかどうかも確認したのでしょうか?

    もしオフサイドの位置からパスカットに行ったのであれば、キャッチに成功しようが、落そうが、ペナルティトライとシンビンは納得しますが、場内に流れたVTR映像は、山田選手がボールを取ろうとしているシーンが繰り返されただけだったので「ノックオンが故意か、故意で無いかが問われているのだな」としか思えませんでした。

    投稿: KimuSige | 2014年6月23日 12:17

    コリーはつまらないミスも多いけど、イタリア戦はよかった。山田のトライにつなげた判断も素晴らしかったけど、ラックに入るタイミングが良かったように見えました(現地&録画)。

    投稿: さわさき | 2014年6月23日 10:46

    Japan、頑張りました。よくやった!!
    試合の日は、法事のため、遠く田舎の親戚宅にてTV観戦。後半16分のイタリアペナルティでスクラム選択に、おぉ!と思いました。

    ねこぷ〜さん、油性マジックはカバンに常備しとくといいですよ〜(^.^)

    それにしても、もう一つのフットボールのJapanは・・・
    やっぱり、W杯は特別なのですね。

    投稿: Do | 2014年6月22日 20:57

    こうなってくると、トンガやフィジーともやってほしいなと思う。

    やっぱり食い足りないなあ。余計な試合を三試合くらいやってるからだろうなあ。

    今年も秋に欧州遠征してくれないかなあ。シックスネイションズのうち3つくらいとやれないかなあ。

    ワールドカップはFWのゴリゴリで貫いてほしい。そうすれば必ず1つは勝てる。うまくいけば2つ勝てる。個人的にはそれで十分。
    ドタバタラグビーだと、全部負けることもありうる。ジャパンウェイとは何なのか、当初描いていた方向とは、いい意味でズレて来てるのではないか。

    投稿: テルキー | 2014年6月22日 18:44

    どうなんだろう。FWは格段に強くなった。
    バックスはそれほどでもないじゃないか。

    ハンドリング、走力、スキル。マレサウはひと味違うぜ。
    スーパーリーグが彼をさらに鍛えているからだ。

    もっと海外経験を積ませようよ。
    ベスト8はいけるチームになるぜ。
    エディはきっと考えてるとおもうよ。いつも次を見据えて貪欲だから。

    投稿: フジピー | 2014年6月22日 18:39

    イタリア戦初勝利から1日。

    未だ興奮冷めやまず(笑)。

    今日はクラブチームの試合のレフリーをしてきました。

    会場での話題は「エディーJAPAN」。

    やっぱり「勝利」の効果は絶大。

    今後も「エディーJAPAN」の「勝利」を期待です。


    亮さん。私も試合後の写真撮影に参加しましたよ。

    前列に陣取り、ツイ選手のサインボールをget(笑)。


    近くで私服姿の田中美里さを見ることもでき(可愛かった)、短い時間でしたが沢山の「思い出」を作れました。

    亮さんも楽しい「思い出」を作ること出来ましたか。

    また秩父宮で(^-^ゞ

    投稿: nick | 2014年6月22日 18:27

    danger中学生でもしないノックオンをしたり、、ミスは多かったけど実力上がったことが認められる試合だった。カストロジョバンニ、パリセ主将抜きでもオール2軍のウェールズ戦勝利より価値ある勝利。ただし、ワールドカップでの国はこんなものじゃない。ノックオンなんて論外、ゴール全て決めてやっと勝利できるかどうかの戦いだから。

    投稿: エリス少年 | 2014年6月22日 15:32

    やってくれましたね!
    ジャパンおめでとう&ありがとう!!

    ジャパンジャージィ着てバックスタンドで観戦。
    開門前から結構列が出来てて、ジャパン人気上がってきてること実感(^^)

    実際ピッチとスタンドが一体となってる雰囲気は最高でした!やっぱり生は全然違うな~(前後めっちゃ声出す人らに挟まれてたんで余計楽しめました笑)

    スクラムも安定してたし、安心して観てられた感じ。今回双眼鏡持ってったんですが、プレーが途切れる度にエディさんの表情が気になって観てました(笑)
    放送席の村上さんの姿も確認できました(^^)

    とても暑い日で、ハーフタイムの売店は長蛇の列。自分も、戻るともう後半始まってました!これ改善できないかなぁ。あっ、試合前の無料のリポビタンDご馳走様でした(笑)
    ジャパン勝利の余韻に浸りつつ機上の人に。
    ホント行ってよかったな(^^)
    秋シリーズも超楽しみ☆
    イングランド辺り来てくれないかな~(^^)

    投稿: 亮 | 2014年6月22日 13:04

    レフリーがヤコ・ペイパーさんでちょっとビックリしました。
    いまや、ジュベールさんと並ぶトップレフリー。見事なゲームコントロール。
    何から何まで素晴らしいゲームで、大満足の秩父宮でした。

    投稿: デンタルフロス | 2014年6月22日 09:45

    ジャパンカッコいい!ようやく子供たちが憧れる日本代表になってきたのではないでしょうか?ジャパンが強くなれば、ラグビー人気も盛り上がるはず。W杯本番で結果を出せば注目も浴びるはず。本番で力を出せる真の強さを身につけて欲しいです!

    投稿: 輝 | 2014年6月22日 09:05

    JAPAN勝利おめでとう!
    確かにミス多かったですね。立川どうした!?
    でも「勝つ」という結果は大事ですよね。
    さらに格上のチームとの対戦が増えて、JAPANが強くなることを期待します。

    Doさん、サインの件ありがとうございました(^^)
    試合後はかなり遅くまでたくさんの選手がサインや写真に応じていましたね。間近でみる伊藤鐘史 のかっこよさに感動しました。
    次回こそ、油性のサインペンを持って会場に行きます!

    投稿: ねこぷ~ | 2014年6月22日 07:21

    スクラムが美しくて感動しました。

    非常に分かり易いラグビーという印象でした。

    でも、勝つと思って観てましたね 勝て!ではなく(笑)

    投稿: けんじ | 2014年6月22日 06:04

    熱い試合でしたー!現地で見られなかったのが悔やまれます!
    フルメンバーではないとはいえ、イタリア相手にスクラムで押し勝つところが見られるとは!

    エディー監督、選手のみなさん、スタッフのみなさん、素晴らしい試合をありがとうございました!
    2015W杯期待してます!

    投稿: 元ロック | 2014年6月22日 01:25

    イタリアはDFがいつも不揃いで、それだけで上位とは明らかに違う(劣る)印象でした。肝心な場面でのハンドリングエラーも余裕感がないことから発生すると思われ。しかしそんなできの悪いイタリアに力負けしなかったのは、ふがいないジャパンを繰り返し見てきたものにとっては、やっとここまでこれたのか、と感慨も確かに覚えました。サッカーも同じですが、本番で勝たなければ意味がありません。親善試合は3割程度割り引いて考えるべきでしょう。来年絶対勝って1995年のNZ大敗のトラウマを20年越しで忘れさせてほしい、と願っています。

    投稿: nori | 2014年6月21日 23:57

    初勝利おめでとうございます!
    今日はJAPANが強くなったなあって思いました。3点リードでの敵陣スクラム。本当に時間をうまく使えるようになりましたね。2度の組み直しにフリーキックで再度スクラム。今までなら逆にやられているシーンでしたね。それが、堂々と時間を使ってノーサイド。見事です。
    来年のW杯は決勝トーナメント進出は簡単ではありませんが、間違いなくごかくにたたかえるチームになってます。

    また、4年前に比べて子供や女性が代表ユニ着てる人も増えましたね。子供がにユニフォーム着てる数は間違いなく増えてます。これからも大好きなラグビー、代表をしっかり応援しまし

    投稿: MZ | 2014年6月21日 22:47

    10連勝を締めくくる、サイコーのゲームでした。

    畠山の自身あふれる表情が印象的でした。

    前半の山田のプレーですが、結果シンビンになりましたが、
    こういう気合は絶対必要だと思いました。

    イタリアも山田に触らせるようなパスをしたのだがら、実質的には山田の勝ち!

    投稿: tamtam | 2014年6月21日 21:58

    Nice game!
    ランキングは下位ですが、実際の格上相手に勝ちました。SO立川、ノックオン3回(?)あっても、チャンネル1でのディフェンス、低いタックル入ってました。倒して、すぐに起き上がる!!イタリアの選手が嫌がってたように見えました!! 山田選手も福岡選手も…みんなの気持ちが入った試合だと思います!!
    強くなった!!はず!! go!JAPAN!!

    投稿: 頑張れ!!別府RS!! | 2014年6月21日 21:53

    仕事が終わって、お寿司を買って合流。

    今日は、お寿司で祝う日だと決めていた。

    録画を見ながら。

    イタリアの選手達は、更にデカイ。強い。

    しかし、その中で、スクラムを選択する8人の寡黙な男達が、カッコ良かった。
    五郎丸選手がペナルティーゴールを決めて決めて。

    残り10分から既にウルウル。

    残り20分になっても「まだまだいける」という姿が嬉しかった。

    本当に皆さんに感謝です。
    日本ラグビーの勝利。

    ありがとうございます。

    投稿: 池田亜樹 | 2014年6月21日 21:47

    ラグビー日本代表の勝利、おめでとうございます!

    勝という結果を出せたのは、なによりも成長の証。

    素晴らしいです。

    あの強いイタリア代表にスクラムで勝負。

    今日は、安心して観ることができました。

    ランキング5位~10位のチーム相手に締まった良いゲームができそうですね。

    今日の個人的なMVPは、堀江選手とアイブス選手(どの選手も素晴らしいです)。

    ちなみに喧嘩が一番強そうなのは、田中選手。

    田中選手の眼は鋭いです(笑)。

    今日のジャパンの闘志に感謝したい!

    投稿: ラグビーファン | 2014年6月21日 19:37

    TV観戦できないので村上さんの更新待ってました。接戦でも勝つことが何より大事!3点差に追い付かれても守りきったことは強くなってきてる証拠。今のジャパンにワクワクするのは私だけじゃないはず!

    投稿: ニカウ | 2014年6月21日 19:35

    「エディーJAPAN」イタリア戦の初勝利おめでとうございます。

    FW(スクラム)の勝利!

    前に出るディフェンスの勝利!
    山田選手!ナイストライ!シンビンあったけど、あれは仕方ないよね。

    それと試合後のサインありがとです。それと私からのプレゼント喜んでくれたらいいけど(笑)。

    あとエディーさんの「ラグビーを再人気スポーツに」っというコメントに感謝(^∧^)そして涙ウルウルです(T-T)

    投稿: nick | 2014年6月21日 19:32

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59852955

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表対イタリア代表結果:

    » ラグビー日本代、国際試合10連勝おめでとう!! [IXY-nob]
    土曜日はラグビー日本代表対イタリア戦を東京・秩父宮ラグビー場で生観戦。今春の国際試合最終戦にして、最強の相手。今期、ここまでジャパンが一番力を入れて強化してきたのがスクラム。そのスクラムを最大の武器にして、ヨーロッパの強国と凌ぎを削っているのが、イタリアなのです。キックオフから3分後、ファーストスクラム。スタンドの観客もまるでペナルティショットの前のような静寂。組み合って、ボール投入。ジャパンのナンバー8の足は後退することなく不動。スタンドから「オッ、オー」という驚きと喜びの歓声。その後もラインアウ... [続きを読む]

    受信: 2014年6月23日 21:16

    « イタリア戦前日練習 | トップページ | 成田ラグビーフェスティバル »