« 女子セブンズ、コアチーム昇格決定大会ほか | トップページ | 三宅選手トークライブ&お知らせなど »

チェスター・ウィリアムズ×大畑大介

20140710

10日の午後は、秩父宮ラグビー場で、南アフリカのスポーツ観光大使として来日中のチェスター・ウィリアムズ(元南アフリカ代表WTB)さんと、大畑大介さんの対談の進行役をした。ウィリアムズさんは、1995年に南アフリカで開催された第3回ラグビーワールドカップで初優勝を果たした南アフリカ代表スプリングボクスの一員として大活躍した名WTBである。映画「インビクタス」でも重要な役回りだったが、実際に彼はあのワールドカップで一躍スターになり、国民の心を一つにすることに貢献した。

今年は南アフリカが民主化20周年の節目を迎え、南アフリカ航空の設立80周年の年でもあり、南アフリカの観光促進に向けて世界各地でさまざまなイベントが展開されている。ウィリアムズさんの来日もその一環ということだ。

映画での人のいい感じと同様、とてもフレンドリーだった。大畑さんも、「1995年のワールドカップはテレビで見ていました」と嬉しそう。二人とも身長が同じくらいで(ウィリアムズさんは174センチ)、大畑さんが「あの大きな選手が多い南アフリカでどうやって戦っていたのですか」と質問すると、「大きな選手ばかりだから、逆に小さいことが有利な面もありました。私は足の速い選手ではありませんが、その分、WTBというポジションにこだわらないプレーをしたし、視野を広く持つようにしていました」との答え。大畑さんも瞬時のスピードで勝負した現役時代のことを話して共感していた。この対談の様子は、ラグビーワールドカップ2019組織委員会のホームページなどで紹介される予定。

ウィリアムズさんは、現役引退後、7人制南アフリカ代表のコーチを務め、その後はスーパーラグビーチーム(キャッツ)、ウガンダ代表、チュニジア代表、ルーマニアのクラブ(ティミショアラ)などで指導者としてのキャリアを積んできた。「トップリーグのコーチもしてみたい」と来日にも意欲的。近い将来、実現するかもしれない。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 女子セブンズ、コアチーム昇格決定大会ほか | トップページ | 三宅選手トークライブ&お知らせなど »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/59959690

    この記事へのトラックバック一覧です: チェスター・ウィリアムズ×大畑大介:

    « 女子セブンズ、コアチーム昇格決定大会ほか | トップページ | 三宅選手トークライブ&お知らせなど »