« 洛北高校を取材&天王寺高校は英国へ | トップページ | 女子セブンズシリーズ横浜大会 »

世界のセブンズシーンと日本の現在地

17日の夜は、港区の麻生区民ホールで「第46回みなとスポーツフォーラム・世界のセブンズシーンと日本の現在地」が開催された。日本代表GMの岩渕健輔さん、女子7人制日本代表(サクラセブンズ)の浅見敬子ヘッドコーチを招き、僕が進行役をさせてもらった。

まずは、今年の国際セブンズ大会のスケジュールを確認したのだが、8月にブラジルで世界大学選手権を皮切りに、中国・南京でのユースオリンピック、男女のアジアセブンズシリーズと、11月を除いて毎月複数の大会がある。男子の日本代表は、10月から始まるセブンズワールドシリーズ9大会にすべて参加するため、9名のコアメンバーを決め、年間150日間の活動を発表したが、女子は、なんと週5日集まってトレーニングしており、チームとしての活動期間は250日を超える現状なども語られた。

男女セブンズ代表ともに、2016年のオリンピック出場、そしてメダル獲得を目標に強化している。ただ、岩渕GMによれば、「世界のトップ6の壁が厚い」という。トップ6とは、昨季のシリーズ6位までのチーム(ニュージーランド、南アフリカ、フィジー、イングランド、オーストラリア、カナダ)だ。この次にケニア、サモアと続くのだが、このあたりとは日本も勝つ可能性が出てきているし、実際に今年の東京セブンズではサモアに勝っている。

女子のほうは、世界のトップ3(ニュージーランド、オーストラリア、カナダ)が強力で、これにイングランド、ロシア、スペイン、アメリカと続く。ただ、今年初めのアメリカ、ブラジルでの大会でサクラセブンズは8位、7位と躍進しており、世界との差を着実に詰めている。この日はサクラセブンズのことを軸に話を聞いたのだが、浅見ヘッドコーチによると、世界と一番差があるのは「スピード」らしい。フィットネスについては加藤慶子選手がオーストラリアで一番フィットネスがある選手よりも数値で上回るほどレベルが高いが、スピードに関しては日本の一番速い選手の40m走のタイムが、オーストラリアの平均値ほどだという。現在は、フィットネス、ストレングスの強化とともに、スピードを高めるトレーニングに取り組んでいるという。

サクラセブンズは、9月12、13日、香港で行われるセブンズワールドシリーズ昇格大会に出場する。ここで4位以内に入れば昇格できる(来季はコアチームが11となる)。昇格大会への出場チームは、フランス、オランダ、ポルトガル、南アフリカ、ケニア、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、フィジー、日本、中国、香港。浅見ヘッドコーチの話では、フィジー、オランダあたりに実力があるという。

客席からは、15人制と7人制の棲み分けについて多数の質問があった。「15人制の選手を7人制に適応させるには、3か月のトレーニングが必要と言われています。両方高いレベルでできる選手はそう多くありません」と岩渕GM。今後は、オリンピック予選など大事な試合に、福岡堅樹、藤田慶和、リーチ マイケル、山田章仁ら7人制にも適応できる選手を、いかに出場させるかが課題になりそうだ。つまり、15人制の試合のあと、大事な大会までに彼らをいかに7人制にフィットさせられるか、ということになる。

逆に女子の方は、いまのところ7人制に主眼が置かれており、世界の壁が凄まじく高いことを感じながらも、そこに着実に近づくサクラセブンズの現状が感じられるフォーラムだった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 洛北高校を取材&天王寺高校は英国へ | トップページ | 女子セブンズシリーズ横浜大会 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    記事と関係なくてすみません。

    今日は東京の外国人チーム、地元の外国人2チーム、地元クラブチームの4試合で交流試合をやりました。

    まぁとにかく外国人選手がデカくて速い(笑)。

    地元外国人チームはチーム結成当時はアメフトの延長でプレーし、反則の繰返しで自滅していた。

    しかし今ではセットプレーやブレイクダウンの攻防、モール、タックルが段々向上。

    こちらの助言にも耳を傾ける。

    アメフトの国から来た彼らがしっかりラグビーに取り組んでいる。

    ラグビーの魅力にはまってきたんですよ。


    ラグビーには素晴らしい魅力があります。

    あとは魅力の伝え方じゃないですか。


    魅力をどうにか伝えていって。

    皆で日本ラグビーの明るい「未来」を作っていこうぜ(^o^)/

    私は今日も吹っ飛ばされて体痛い(笑)。

    投稿: nick | 2014年7月19日 18:25

    7人制と言えば、この週末は高校生の全国大会です。

    いいハコはあるけど、PR不足といういつものパターンです。たった2日で48チームから優勝校が決まるという仕組みは新鮮だし、魅力ある大会と思うけどなあ。

    あと、開催地は聖地花園の方がいいような…

    グラウンド3つで足りないのかもしれないけど、辺りにはいくらでも球場あるし。。。

    投稿: テルキー | 2014年7月18日 19:12

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60003838

    この記事へのトラックバック一覧です: 世界のセブンズシーンと日本の現在地:

    « 洛北高校を取材&天王寺高校は英国へ | トップページ | 女子セブンズシリーズ横浜大会 »