« 25日の網走 | トップページ | 同志社・山神監督トークライブ »

網走ラグビーフェスティバルなど

201407261

7月26日の朝は、美幌へ出向き、NECグリーンロケッツの取材。写真は瀧澤直選手の取材風景。その後、網走に戻り、恒例の「網走ラグビーフェスティバル」へ。途中から雨が降り出したが、熱心なファンの皆さんが見守る中で激闘が繰り広げられた。

201407262

僕はメイングラウンドの東芝ブレイブルーパス対トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦の場内実況解説で、日本ラグビー協会審判委員会の太田始さんと話しながら観戦した。負傷者が多いトヨタ自動車は、ルーキーのPR内田裕大、LO中村大治郎、WTB増田大暉らが先発するなど若いメンバー。序盤はモールを軸に攻め込み、14-0とリードする。しかし、東芝もキャプテンのSO森田佳寿のリードで、テンポよくパスを動かし、ベイツ、リーチらのFW陣が次々に前進。森田のトライなどで21-14とリードした。

しかし、後半に森田に代わってSOに入った廣瀬が負傷退場したあたりから流れがかわり、トヨタ自動車も猛追。21-21の同点に追いつき、互いに1トライずつを追加する26-26で引き分けた。引き分けと言うことで勝利者賞の鮭とじゃがいもが贈られた。

隣のグラウンドでは神戸製鋼コベルコスティーラーズが、22-12でパナソニックワイルドナイツを破った。僕はこの試合は少ししか見られなかったが、セットプレーで神戸製鋼が優位に立っていたようだ。

この日記を書いている今、スーパーラグビーのセミファイナル、クルセイダーズ対シャークス戦が行われている。実は、JSPORTSでパナソニックのロビー・ディーンズ新監督にインタビューをすることになっていたのだが、ホテルにうかがうと、予想通り、「ハーフタイムまで待ってくれる」とディーンズ監督。もちろん、ということで僕らもJSPORTSのオンデマンドを見ていた。

ハーフタイムになると、「お待たせしたから、いくらでも答えますよ」と穏やかな表情で話し始めてくれた。その様子は、JSPORTSのトップリーグプレビューで見ていただきたいのだが、「我々コーチの仕事はチームをひとつにすること」など難しい言葉は使わずに、ラグビー哲学を語ってくれた。相手に対応しての状況判断を大事にしていることは確か。昨年のトップリーグMVPベリック・バーンズについては、「彼のラグビーキャリアの中で、今が一番いい状態なのではないか」と話していた。最後の写真は、バーンズの一言コメント収録。

201407263

セミファイナルがもうすぐ終わる。雨は降り続いている。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 25日の網走 | トップページ | 同志社・山神監督トークライブ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60047092

    この記事へのトラックバック一覧です: 網走ラグビーフェスティバルなど:

    « 25日の網走 | トップページ | 同志社・山神監督トークライブ »