« トップリーグ開幕節・土曜の結果 | トップページ | アジアセブンズシリーズ2014第1戦結果 »

トップリーグ第1節・日曜の結果

24日は、京都の西京極競技場でJSPORTSの解説をした。僕が担当したのは、昨季6位のトヨタ自動車ヴェルブリッツとキヤノンイーグルスの試合だった。雨の降りしきる難しいコンディションだったが、立ち上がりから両者が激しくボールを動かした。僅差勝負が予想されたが、開始早々、トヨタ自動車は、CTBイエーツが抜け出して内側のSO文字にパスを返し、文字が素早く右に走り込んできたCTBカーペンターにピンポイントのパスを通して先制トライ。キヤノンもHO山本がトライを返し、前半は13-10と、トヨタ自動車3点リードで折り返した。

後半はトヨタ自動車が入社1年目のルーキーながら落ち着いたプレーを見せるFB竹田のトライで差を広げ、文字のPGを追加して、23-16で勝利。キヤノンも終了間際のPGをCTB三友が冷静に決めて、7点差以内の負けに与えられるボーナス点を確保した。

「判断ミスが我々のほうが多かった気がします。こういう状況下で足りない部分があったということです」とキヤノンの永友洋司監督。トヨタ自動車の廣瀬佳司監督は「難しいコンディションの中で勝てたことは選手の頑張り。この勝利を次のサントリー戦につなげたい。しかし、ディフェンスのリアクションなどは非常に悪かった」と、勝ったことを喜びながらも課題を口にした。

第2試合は、神戸製鋼コベルコスティーラーズとリコーブラックラムズが対戦。こちらも拮抗した試合になり、スコアは最後の最後までもつれた。16-10と神戸製鋼リードで迎えた、後半34分、リコーはWTB小松が、「神戸のディフェンスがタイトだったので、外にスペースがあった。SOボークとコミュニケーションをとって長いパスをもらったら抜けた」と左コーナーにトライ。難しい角度のゴールを、FBピータースが決めて、17-16と逆転に成功。大声援を送っていたリコーのサポーターも盛り上がったのだが、直後のキックオフから攻め込んだ神戸製鋼がモールを押し込んでペナルティーを誘い、最後は、CTB田邊がPGを決めて競り勝った。

神戸製鋼のゲームキャプテンと務めた伊藤鐘史は、「FW戦は制圧できていたと思います。ただ、点数の加え方が、PGで刻むなど小さかったので点差がつかなかった」と話し、降りしきる雨の中でのプレー選択で僅差になったと説明した。リコーの小松大祐キャプテンは、「両チームともミスはあったが、神戸はここぞというときにトライをとった。我々も実行力を高めないといけないと感じました」とコメントした。

神戸製鋼では、後半11分、今季加入のオールブラックスSHアンドリュー・エリスが投入されたが、入った瞬間にフィールドを支配しているような風格があった。雨の中でもパスも安定し、タックルも強靭だった。また、ルーキーの山下楽平も交代出場して、非凡なアタックセンスを披露した。ジャック・フーリー、パスカ・マパカイトロら主力に負傷者が多い中で、若手が踏ん張って勝てたことは、神戸製鋼にとって意義深い勝利だった気がする。リコーも、7点差以内の負けに与えられるボーナス点「1」は獲得した。

◆トップリーグ1stステージ第1節・日曜日の結果
トヨタ自動車ヴェルブリッツ○23-16●キヤノンイーグルス(前半13-10)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○19-17●リコーブラックラムズ(前半6-10)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ開幕節・土曜の結果 | トップページ | アジアセブンズシリーズ2014第1戦結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    大雨の中の開幕戦ということで、まだまだこれからなんでしょうが、リコー戦のデキは、いかにも、今年も4番目かなあ、という感じのものでした。スクラム、モールは良かったですが、それ以外にいい点は、外国人SHくらいで。。。

    ミスも多いし、相変わらず、トライの『取れそう感』が伝わってこないのよねぇ。

    ま、長いシーズンだし、後半にピーキングしてるんだろう、と期待します。

    投稿: テルキー | 2014年8月25日 12:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60204208

    この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第1節・日曜の結果:

    » 神戸さん、ハラハラしたよ。 [ココロミ]
    試合結果&スケジュール | 神戸製鋼コベルコスティーラーズ8月24日(日)vs リコーブラックラムズ トップリーグが8月22日から開幕。神戸製鋼の初戦の相手はリコー。土砂降りの雨の中でのゲームとはいえ、今シーズンの神戸さん、またベスト4がいいところか? と心配な戦いっぷりでした。試合経過試合開始トップリーグ2014-2015シーズン 1stステージ リコーブラックラムズ(以下 リコー)10ボークのキックオフで試合開始 神戸製鋼コベルコスティーラーズ(以下 神戸) 前半2分リコー 神戸陣22Mライン付... [続きを読む]

    受信: 2014年8月31日 17:57

    « トップリーグ開幕節・土曜の結果 | トップページ | アジアセブンズシリーズ2014第1戦結果 »