« ラグリパ関西情報発信 | トップページ | トップリーグ開幕節・土曜の結果 »

トップリーグ第1節金曜の結果

8月22日のトップリーグ開幕戦。僕は秩父宮ラグビー場のパナソニックワイルドナイツ対東芝ブレイブルーパス戦をJSPORTSで、薫田真広さんと解説した。薫田さんにスクラムのことなど聞きながら楽しい解説だった。楽しめたのは試合内容が面白かったからだ。

試合は19:30、パナソニックのSOベーリック・バーンズのキックオフで始まった。東芝CTBカフイのキャッチ、パナソニックFL西原の低いタックル。パナソニックFB笹倉の思いきりのいいカウンターアタック、そしてバーンズの先制PG。あっという間の1分間だ。10分、パナソニックCTBピーターセンのトライで、10-0。しかし、東芝は慌てることなく追いかける。15分、SH小川のPG、18分、この日ゲームキャプテンを務めたWTB大島のトライで10-10の同点に。

前半は16-17と東芝が逆転して終了。後半は東芝がゴール前のラインアウトからモールを押し込み、22-16と引き離すと、SH小川のトライを追加。最後はパナソニックの反撃を粘り強く止め続けてインターセプトから逆襲し、最後は交代出場のHO森太志がトライ。5トライの快勝だった。

東芝の勝因の一つは、スクラムで優位に立ったこと。パナソニックの堀江翔太キャプテンも「スクラムは主導権を握られた。修正しなければいけなかった」と認めていた。勝った東芝の冨岡鉄平ヘッドコーチは記者会見の冒頭でこう話した。「応援してくださった皆さんの期待を裏切らなかった。今年の東芝が、やるんじゃないかと期待感を持ってもらえた。その期待を選手が感じることができた。これを感じるために春からやってきたのです。きょう負けたらチャンピオンシップは獲れないと思っていました。最高のスタートです」

怪我の森田佳寿キャプテンに代わってゲームキャプテンを務めた大島脩平選手はこう話した。「東芝が優勝するために、(破ることが)必要な壁が最初にあった。僕も含め、4年目以下の選手は優勝の味を知りません。僕たちはただ優勝したいという思いを持ち続けて挑みました。自信につながる勝利です」

冨岡ヘッドコーチの熱いトークは続いた。「きょうの勝因は、エナジーとパッション。今後も東芝のアイデンティティーを示し続けることが大切です。きょう、情熱のあるチームだと感じてもらえたとしたら、それを続けていくことです」。会見途中で相手は名将ロビー・ディーンズさんだった、意識したかという質問が出た。「一対一で殴り合うなら勝つ自信はあります。コーチとしては、経験も実績も何もかもかなわない。僕が現役だったら教えてほしいです。でも、試合は選手がやるもの。コーチがやるわけじゃない」と、選手をいかに万全のコンディションで試合をさせるかだけを考えたと話した。


◆トップリーグ開幕節金曜日の結果
パナソニック ワイルドナイツ●26-39○東芝ブレイブルーパス(前半16-17)
NTTドコモレッドハリケーンズ●17-21○近鉄ライナーズ(前半0-14)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグリパ関西情報発信 | トップページ | トップリーグ開幕節・土曜の結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    開場前、JRFUの先行入場側で前から4列目くらいに並んでたんですが、青い旗を持ってたのは自分くらいで、周りは赤い旗。去年までは、東芝ファンも待ってる間「今日は余裕だよ~。」なんて雑談が耳に入っていましたが、今年は周りが誰も喋らず、殺気立った空気がとても怖かった。^^;

    パナソニック、今回は残念でした。
    でも、もしパナソニックが勝ってたら、東芝側が暴動になりそうだったので、ちょっと安堵しました。

    それにしても、パナソニックの応援、何とかならないかな。
    他のチームはもっと観客皆で声出せてるのに、パナソニックは応援団が暴走しちゃってる感じ。応援の掛け声に原因があるような気がするんだけど。

    投稿: パルベリー | 2014年8月25日 11:53

    開幕戦面白かったですね。

    毎シーズン開幕戦は熱い時期なので両チームともハンドリングエラーが多い試合が続きますが、この試合は両チームともミスが少ない大変見ごたえのある試合だったと現地及び録画で確認しました。
    このレベルの試合がシーズン通して続くといいのですが・・・。
    土曜日のNECとクボタの一戦は内容的に寂しい試合でした。第一試合のNコムとサニックスが面白かったのでなおさらです。

    さて、わかれば教えて頂きたいのですが、秩父宮ラグビー場でウォーターブレイクや選手が怪我した時など、試合が中断しているときに中途半端な音量(ヘッドフォンから音が漏れているような音楽?)が流れているように関しましたが、何か今シーズンから何か始めたのでしょうか?
    数人から耳障りだな?と言うような声を聴きました。
    もし何かご存知であれば教えて下さい。

    投稿: のんきな監督 | 2014年8月25日 09:48

    待ちに待ったトップリーグ開幕!
    パナ東芝戦は気候のわりにイージーミスも少なく楽しめました。観客も1万越えたみたいですが、スタンドが白いシャツばかりでびっくり。仕事帰りのサラリーマンでしょうかね(^^)
    テーマ曲もラグビーの激しさにピッタリで、聞いただけで気分が高揚します(^^)
    Jスポさんで放送してくれるトップリーグは全試合カバーしようと思ってるので今シーズンもよろしくお願いします(^^)

    投稿: 亮 | 2014年8月24日 00:16

    両試合、接戦だったのですね!こういうワクワクする試合が今度8/30瑞穂で観られることを期待してます!!

    投稿: つくし | 2014年8月23日 11:30

     筋萎縮性側索硬化症の患者支援のイベント「氷水バケツ」に、同じ種類の病気の運動ニューロン病で闘病中のユースト・ファン・デル・ヴェストハイゼン氏(Joost van der Westhuizen)が挑戦。

    https://www.youtube.com/watch?v=ntQgJXwgIoM

     もう自分では手足が動かせないみたいで、悲しいです。

    投稿: トリック | 2014年8月23日 08:14

    暑かったけど面白い試合でした。リーグ全体でこういう面白い試合が増えるといいですね。

    投稿: タマモクロス | 2014年8月23日 07:45

    録画していたパナ対東芝を観ました。

    東芝強かった。

    パナはセットプレーとディフェンスが。

    私はパナファンなので残念な結果になりましたが、試合は面白かったです。


    あと田中美里さんの歌う「HERO」も良かった(^-^)b

    投稿: nick | 2014年8月23日 05:00

    パナソニックはダニエル=ヒーナンがいない日本人ロック二人で戦えるかどうか試したのではないでしょうか。ホワイトロックを使うためには必要な試みだったのでしょう。SH内田も劣勢な状況でどれだけ出来るか試したような気がします。
    第二ステージのベスト4がとりあえずの目標ということなのでそれに向けての起用ということは理解できます。
    しかし試合会場に行って観戦する側になると、勝負には拘ってほしいと思います。トップリーグとスーパーラグビーは置かれている状況が違います。一試合ごとにベストを尽くさないと次は会場に行く気が薄れます。
    パナソニックは好きなチームですが全試合勝利を目指した上で優勝して欲しいと思います。

    投稿: ぶたまる | 2014年8月23日 03:12

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60192993

    この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第1節金曜の結果:

    « ラグリパ関西情報発信 | トップページ | トップリーグ開幕節・土曜の結果 »