« コベルコスティーラーズ懇親会 | トップページ | ユースオリンピック結果など »

スーパーラグビーの入札文書提出

2016年からの「スーパーラグビー」(南半球スーパークラブ選手権)参加を目指し、日本ラグビー協会が立候補するための入札文書を、主催するSANZAR (South African, New Zealand and Australian Rugby)に、8月14日、提出した。

入札文書は8月15日に締め切られ、参加チームの決定は、9月から10月の予定。

■矢部達三専務理事 コメント
「2019 年に日本で開催されるラグビーワールドカップ2019 を成功させるためにも、日本ラグビーが世界最高峰リーグであるスーパーラグビーで実力を磨くという強化の観点からはもちろんのこと、日本の皆様に世界トップクラスのラグビーに触れて頂く機会を得ることは大変有意義なことです。スーパーラグビーへの参加は日本のラグビー界にとって大変重要なチャレンジとなります」

現在15チームで行われているスーパーラグビーは、2016年より18チームになる計画で、すでに、南アフリカから1チーム、アルゼンチンから1チームが決まっており、残る1チームへの立候補を募っていた。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « コベルコスティーラーズ懇親会 | トップページ | ユースオリンピック結果など »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    一国の代表が、キャップ獲得なし(←代表キャップにはならないですよね?)に、SRに参戦したいから、認めてくださいSANZA殿…というスタンスは、個人的にはよいと思います。

    ただ現在、先達であるおふたり(または、おさんかた)が活躍されているのは、サッカー界におけるドルトムント時代のS.香川と少々重なるような。いや、多分いっしょです。

    ジャパンの実力不足やら、対費用効果(ひょ~高価!!!)について、私には詳細は分かりませんが、とにかく地力をつけて、2019年を迎えてほしいです。

    今回の決断が、手段は選ばない…という底意地なのか、はたまたパフォーマンスだけなのか。

    意外とファンは、その辺りに目ざとい。

    投稿: たこなぐり | 2014年8月15日 11:15

    ここまできたら何としても選ばれてほしいですね!
    参戦叶った場合、チーム構成、監督、国内のレギュレーションがどうなるのか大変興味深いです。
    さぁトップリーグ開幕まで1週間。盛り上げていきましょう!

    投稿: 亮 | 2014年8月15日 09:58

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60150417

    この記事へのトラックバック一覧です: スーパーラグビーの入札文書提出:

    « コベルコスティーラーズ懇親会 | トップページ | ユースオリンピック結果など »