« 関西ラグビー協会HPリニューアルほか | トップページ | TRCのこと&トップリーグ第3節結果 »

トップリーグ第3節・金曜の結果

金曜日は秩父宮ラグビー場で、サントリーサンゴリアス対キヤノンイーグルスの試合をJSPORTSで解説した。予想通りの大接戦になったが、サントリーが3戦連続で辛くも競り勝った。

キヤノンは前半の最初にゴールラインに迫りながら二度トライを獲りそこなったシーンがあった。一度目は、キヤノンがターンオーバーから大幅ゲインしたところで、トゥシ・ピシはじめサントリーの防御の戻りが素晴らしくゴールライン上で止めたものだったが、二度目はキヤノンがスクラムで激しくプレッシャーをかけてボールを奪いながら押さえられなかったもの。

前半31分、サントリーはPR畠山のトライで13-3としたが、キヤノンも直後のスクラムからNO8菊谷が持ち出し、SH福居がラックサイドを抜け出してトライを返す。13-10で迎えた後半は、キヤノンFLアダム・トムソンが、SOカラム・ブルースのキックパスを獲ってそのままトライ。17-13と逆転する。このあたりから、キヤノンのペースになりそうだったのだが、ラインアウトが安定せず、ことごとくボールを失ってリズムに乗れなかった。

逆にサントリーは、後半32分、シンビンで7人なったキヤノンFWに圧力をかけ、スクラムからNO8スカルク・バーガーが逆転のトライ。36分、キヤノンのWTB和田拓が、交代出場のFBスライマンケルのキックを追って右隅に飛び込んだが、これはTMO(ビデオレフリー)でノックオンと判定され、そのまま20-17でサントリーが逃げ切った。

「僕のノックオンで試合が決まってしまった。ああいうところで冷静にプレーし、チームの勝利に結び付けられる選手になりたい」と和田選手。「サントリーは最後のブレイクダウンでもプレッシャーをかけてきた。本来なら僕らがやるべきプレー。そこが強いチームなのだと思います」

勝った大久保直弥監督は、大きなため息をつきながら会見場に現れた。「よく勝ったという試合です。すぐに良くなるとは思えない。もう少し、やることをシンプルにしなければいけないのかな、とも思います。若い選手も多いので少しずつ階段を上って行きたいです」

小野晃征選手は、「得点できない試合が続いているが、キーポジションの経験ある選手がいいので勝っているのだと思います。いまはチャンピオンシップを狙えるレベルではない」と、率直な感想を話していた。

■トップリーグ・ファーストステージ第3節結果(9月5日)
秩父宮ラグビー場
サントリーサンゴリアス○20-17●キヤノンイーグルス(前半13-10)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西ラグビー協会HPリニューアルほか | トップページ | TRCのこと&トップリーグ第3節結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60265843

    この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第3節・金曜の結果:

    « 関西ラグビー協会HPリニューアルほか | トップページ | TRCのこと&トップリーグ第3節結果 »