« 湘南ベルマーレ7人制チーム始動 | トップページ | 杉本慎治さん取材&川合レオさん放課後ラグビー教室 »

トップリーグ第4節・日曜の結果

トップリーグのファーストステージ第4節は、14日、残りの2試合が茨城県水戸市のケーズデンキスタジアムで行われ、キヤノンとクボタが競り勝った。第1試合では、後半33分にキヤノンが交代出場のCTBマイケル・ボンドのトライで突き放したが、近鉄も最後に交代出場のLO山口浩平のトライで、7点差以内に詰めてボーナス点を獲得した。

第2試合の大接戦となる。NTTコムは、CTBマット・サンダースが何度もラインブレイクを見せるなど前半は17-10とリードしたが後半クボタが逆転するだとシーソーゲームに。27-16とNTTコムがリードして迎えた終了間際、クボタが自陣から少しずつゲインして相手陣に入る。ここでNTTコムが痛恨の反則。このPKをクボタの立川理道が決めて、劇的逆転勝ちとなった。

ファーストステージ第4節の結果、プールAは3勝1敗が3チームとなったが、勝ち点差で、ヤマハ発動機、東芝、パナソニックの順になっている。NTTコムとクボタは2勝2敗となり、勝ち点差でNTTコムが4位。クボタが5位につける。プールBは、神戸製鋼、サントリーが4戦全勝で1位、2位。3勝1敗で勝ち点「14」のトヨタ自動車が3位で、キヤノンと近鉄は2勝2敗で4位、5位に並び、両プールとも、セカンドステージの上位グループ入りを巡る、トップ4争いが激しくなっている。

今週の金曜日には、神戸製鋼とサントリーの全勝対決がある。

■トップリーグ2014-2015ファーストステージ第4節結果(14日)
◇茨城・ケーズデンキスタジアム水戸
キヤノンイーグルス○36-31●近鉄ライナーズ(前半14-3)
クボタスピアーズ○29-27●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半10-17)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 湘南ベルマーレ7人制チーム始動 | トップページ | 杉本慎治さん取材&川合レオさん放課後ラグビー教室 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

     立川理道選手、お見事でしたね。ちゃんと真面目にテレビ見ておけば良かった気が・・・。2回テレビつけたのに、2回とも見逃した気がします。そこは残念でした。
     さて、次節は、ヤマハ対クボタですね。クボタの皆さん、ここはひとつ、お手柔らかにお願いしますね。ヤマハ応援歴4年目の私から言わせて頂きます。良いゲームになります様に。ヤマハの勝利を祈って。それでは。

     
     

    投稿: 曽根崎あかね | 2014年9月15日 20:36

    記事と関係なくてすみません。


    昨日、交流を兼ねて米軍チームと練習試合をやりました。
    私は今年3度目の対米軍。

    でも何度やっても「サイズ・パワー・スピード」に驚かされます。

    ラグビーチームとしてはまだまだだけど個人の瞬発力が凄い。

    ちなみに私のトイメンは23歳。
    若い(笑)。


    肋骨痛めたけど試合は楽しかった。

    ラグビーによる言葉を越えた交流って最高(^-^)b

    投稿: nick | 2014年9月15日 20:25

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60318300

    この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第4節・日曜の結果:

    « 湘南ベルマーレ7人制チーム始動 | トップページ | 杉本慎治さん取材&川合レオさん放課後ラグビー教室 »