« 箕内選手、久富選手に会う。 | トップページ | JAPAN XV対マオリ・オールブラックス戦記者会見 »

トヨタスポーツセンターにて

29日は、トヨタスポーツセンターに行っていた。トヨタ自動車ヴェルブリッツの廣瀬佳司監督、北川俊澄選手らを取材した。ワールドカップの思い出を聞くインタビューで、WEBサイトで公開されるものだが、公開時期が未定なので、そのときはまたお知らせしたい。

201410291

北川選手は2011年ラグビーワールドカップ(RWC)に出場した。2005年から代表だったから、なんとなく2007年も出ていたような気がしていたが、その頃はトヨタでもあまり試合に出られない時期だったという。今季のトップリーグでの献身的なタックル、ボール争奪戦での働きを見ていると、ほんとうにいいロックだと思うのだが、そういう選手になったのも、RWCを経験したことが大きいと話していた。

201410292

廣瀬佳司監督が持っているのは、1986年当時、大阪体育大学の選手のサインが入ったボール。茶色の革ボールが時代を感じさせる。当時、大体大は大阪の茨木市にあり、茨木ラグビースクールに通っていた廣瀬さんは、よく自転車でグラウンドに来ていた。練習試合などよく見ていたようだ。当時の大体大の強さなどの話しになって懐かしかった。サインボールの話しになったら、取材後、家までボールを取に帰って見せてくれた。廣瀬監督は、1995年、1999年、2003年のRWCに出場している。2019年のときは、「リエゾンとかやって、海外の選手をいろんな場所に案内したいです。僕もそうしてもらったので」と話していた。

セカンドステージは、なんとか上位グループに滑り込んだわけだが、近鉄との得失点差はわずかに8点。ファーストステージ最終節は、さきにトヨタが試合を終え、近鉄の結果を待っていた。「得失点差1と聞いて、えっ!て(笑)」(北川選手)。最後はコカ・コーラがトライして、8点差になったわけだが、肝を冷やしたようだ。しかし、負傷者続出の中でよく戦ったとい言えるのかもしれない。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 箕内選手、久富選手に会う。 | トップページ | JAPAN XV対マオリ・オールブラックス戦記者会見 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60563099

    この記事へのトラックバック一覧です: トヨタスポーツセンターにて:

    « 箕内選手、久富選手に会う。 | トップページ | JAPAN XV対マオリ・オールブラックス戦記者会見 »