« TLセカンドステージ第1節の結果 | トップページ | 関西学院大学で取材&読書日記 »

関西大学Aリーグ第7節結果

11月30日は京都の宝が池球技場だった。関西大学Aリーグの2試合をJSPORTSで解説した。快晴で日差しが強く、上着は不要なほどだった。第1試合は、6、7位決定戦となった摂南大学と近畿大学の戦いで僅差勝負が予想されていたのだが、キックオフ後、10分で摂南大学が4トライを畳み掛ける驚きの立ち上がりだった。近畿大学も追い上げたのだが、最終的には、この日のマン・オブ・ザ・マッチを受賞した1年生WTB藤井雄大と逆転トライで、摂南大学競り勝った。

第2試合は、全勝の関西学院大学と、5勝1敗で2位の京都産業大学の戦い。関西大学リーグは、勝敗数で順位を決め、同じ勝敗数で2チームが並んだ場合は、当該対戦の勝者が上位となる。というわけで、京産大も勝てば優勝というまさにファイナルマッチだった。

試合内容は、ラグビーリパブリックに書くのでここでは簡単にしておきたいのだが、前半は僅差勝負に持ち込もうと、エリア重視で戦った京産大ペース。しかし、それでも多彩な攻撃力を持つ関西学大が、12-6とリードで折り返した。終盤は関西学大が何度もラインブレイクして京産大陣に入り、次第に差を広げた。「関西学大、いいチームですよ。スクラムも強かった」(京産大、元木由記雄ヘッドコーチ)。それでも粘って接戦に持ち込むところが今季の京産大の充実も垣間見えた。クリス・ミルステッドコーチの「関西学大の選手はみんなスキルがあるね。うちは、ガスタンクがもう空っぽかと思ったけど、頑張ったよ」という言葉が印象に残った。

関西学院大学は、2009年以来の優勝。大学の125周年に花を添えた。この日の結果、関西大学リーグは、関西学大1位、京産大2位、摂南大6位、近畿大7位、大阪体育大8位が確定。天理大は4勝3敗でリーグを終えたため、12月6日の立命館大対同志社大の最終戦の結果で、この3チームの3位~5位の順位が確定することになった。5位までが全国大学選手権のセカンドステージに出場する。その大学選手権のファーストステージでは、朝日大学が福岡工業大学を下して、セカンドステージ進出を決めている。


■関西大学Aリーグ第7節の結果
摂南大学○43-40●近畿大学(前半38-21)
関西学院大学○33-13●京都産業大学(前半12-6)
天理大学○59-7●大阪体育大学(前半40-0)

■第51回全国大学選手権ファーストステージ最終節結果
福岡・グローバルスタジアム
福岡工業大学●7-31○朝日大学(前半7-12)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TLセカンドステージ第1節の結果 | トップページ | 関西学院大学で取材&読書日記 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    週末は所用で東京にいたので、秩父宮へ行ってきました。
    神宮外苑は銀杏並木が色づいて、すっかり秋の装い。
    関西と比較しながら、関東大学ラグビーを楽しんできました。

    第1試合は、帝京が王者の風格を見せつけるように慶應を完封。
    攻守ともに隙がなく、特にディフェンスの堅さを感じました。
    それから、対抗戦上位校の選手は当たり負けしないですね。
    関西勢が勝ち残るにはまず、1対1でやられないことかな。

    第2試合は、毎年春に対戦している縁もあり中央大を応援。
    強豪の流経大相手にあと一歩…、惜しかった。
    SOの浜岸君はキックが素晴らしいです。
    またこの日は、“1万人大作戦”と銘打って集客に努めたこともあり、賑やかなスタンド。
    “中大一族”っていうネーミング、いい響きですね。

    秩父宮で羨ましいと思うのは、大型映像装置があること。
    花園や西京極にも、そろそろ欲しいなあ。

    投稿: もりモリ | 2014年12月 2日 22:40

    開幕戦で、天理に勝ったので喜んでしまったが、結果的には、四位のチームが五位のチームに勝っただけのこと、ということになるのかもしれないのか。。。ただ、天理戦の前半は、いいラグビーしてたけどなあ。

    関学は前に出るディフェンスに好感。早稲田、筑波あたりにどこまで通用するか楽しみ。

    同志社が五位になる可能性があるのかどうか知らないですが、今年は五位がいいと思う。選手権で帝京とやって(華々しく散るとは思うが)、トップとの差を認識したらいい。去年立命館が躍進した背景には、その前の年に帝京とやって、フィットネスの差を認識したことがあった。これと同じ効果を期待したい。

    まだまだ、改革の二年目。引き続き、リクルート含め、粘り強く取り組んでいただきたい。

    投稿: テルキー | 2014年12月 1日 21:29

    村上さんのキャノンのコメント拝見しました。
    セカンドステージ、わくわくしてきました。
    僕もキャノンの躍進に期待しています。
    地元の英雄、山本貢選手や菊谷、小野沢選手たち元日本代表の活躍を見たいです。
    W杯メンバー入りにアピールして欲しいですね。

    投稿: 岡山スポーツファン | 2014年12月 1日 15:26

    関東のラグビーを見ていると今年も関西が上位に食い込むのは難しい。
    プレーの精度、コンタクトの強さどれも関西でそのようなチームがいないのは残念。
    関西人としては関東の牙城を崩してほしいのだが、タレントが違うのは致し方ない。

    投稿: ラグビー番長 | 2014年11月30日 22:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60737941

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西大学Aリーグ第7節結果:

    « TLセカンドステージ第1節の結果 | トップページ | 関西学院大学で取材&読書日記 »