« グルジア戦日本代表メンバー | トップページ | 関西大学A、23日の結果 »

東海大対大東大戦結果

11月22日は、秩父宮ラグビー場で行われた関東大学リーグ戦「東海大学対大東文化大学」戦を観戦した。好天に恵まれ、互いにアグレッシブに攻撃を仕掛けたが、最後に競り勝ったのは東海大だった。

前半の立ち上がりは東海大が連続攻撃を仕掛けたが、これを大東大が粘り強く止め、6分、WTBホセア・サウマキがタックルを弾きながらオフロードパスし、最後はWTB戸室が右コーナーに力強く飛び込んで先制。9分に東海大がPGを返したが、13分、WTB戸室が再びトライ。直後のキックオフで東海大がノット10mの反則を犯すと、大東大はハーフウェイライン中央のスクラムからNO8テビタ・ツポウがサイドアタックで前に出て、最後はWTBサウマキがトライして、17-3とする。東海大も、モールからトライを返し、SO野口大輔がPGを加えて、17-11。

後半も大東大がサウマキのトライで先にスコアしたが、東海大もようやく横の攻めだけでなく縦を入れてボールを動かし始め、13分、CTB井波健太郎がトライし、24-18に迫る。ここからは拮抗した展開になったが、31-16と大東大が5点リードで迎えた35分、東海大が大東ゴールまで10mほどの地点でスクラムを得て、組み直しから二度のフリーキック、ペナルティなどあってゴールに近づき、最後はスクラムトライを奪い、ゴールも決まって33-31と逆転した。

勝った東海大のCTB林大成キャプテンは、「大東大の強いランナーを組織的なディフェンスで止める準備をしてきました。しかし、前半はディフェンスのディシプリンが上手くいきませんでした。後半は、レシーバー(ボールを受ける選手)にプレッシャーをかけるようにして、良くなりました」と、試合中に修正できたことが勝利につながったとコメントした。

敗れた大東文化大のFL篠原祥太キャプテンは、「いらないペナルティが多かった」と反省したものの、「自分達には力があると思えた」と大学選手権に向けて手ごたえをつかめたとも話していた。

この結果、東海大は6勝1敗で勝ち点25となり、11月30日の流通経済大対中央大の結果で、1位か2位が決まることになる。

■関東大学リーグ戦結果
11月22日、秩父宮ラグビー場
東海大学○33-31●大東文化大学(前半11-17)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « グルジア戦日本代表メンバー | トップページ | 関西大学A、23日の結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    大東大の巧さ対東海のパワーというコントラストで、見応えのある試合だった。残念ながら、関学対同志社よりも一枚上の印象を受けた。

    大東の方が効率的なラグビーをしていたが、やはりそれを可能にしているのは両外国人と思う。特にウィングの選手は攻守に活躍。先々は代表になれそうな逸材(なってくれないかもしれないけど)。やはり、ストップザ帝京を目標にするなら、そろそろ見栄を捨てて、外国人留学生を入れなくてはいけないのでは。

    投稿: テルキー | 2014年11月23日 16:50

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60694307

    この記事へのトラックバック一覧です: 東海大対大東大戦結果:

    « グルジア戦日本代表メンバー | トップページ | 関西大学A、23日の結果 »