« 関西大学A、23日の結果 | トップページ | 全国高校大会シード校&お知らせ »

日本代表、グルジア戦結果

2年前の対戦では小野晃征の勝ち越しドロップゴールで勝利したグルジア代表に、日本代表は、24-35で敗れた。テストマッチの連勝記録は11で止まった。グルジアがFW戦で優位に立ち反則を誘って攻め込んでくるのは2年前と同じだったが、日本代表は予想以上にスクラムで圧力を受け、攻めてはミスを連発した。

ルーマニアやグルジアのようなセットプレー中心のチームに勝つためには、自分達がコントロールしている攻撃中のミス、自陣での反則は禁物である。相手ボールのセットプレーが増えてしまうからだ。前半10分、最初のトライを奪われたのも、スクラムでの反則、モールのディフェンスでの反則が続いて、ゴール前のラインアウトを確保されてモールを押し込まれたもの。20分には、スクラムを押し込まれてのペナルティートライを与えてしまった。28分、日本代表はセンタースクラムからの素早いボール出しでNO8レレィマフィが抜けだし、サポートしたWTBへスケスがトライして、12-10に迫る。LOルーク・トンプソンがシンビンになり、ヘスケスがFLの位置に入っていたことが吉と出たトライだった。

その後も日本代表はスクラムで圧力を受け続けた。何度もスクラムが崩れた原因になったことで「コラプシング」の反則をとられ、連続攻撃を仕掛けながらミスを切り返されて失点するパターンが続いた。後半27分、ようやくミスのない連続攻撃でWTBへスケスがトライし、25-17として勝利に望みをつないだが、PGとトライを追加されて突き放された。最後のトライも自陣からの攻撃中にパスカットされたものだった。

世界の強豪国とワールドカップ本番で戦えば、ボールを確保する時間を長くしないと勝つことはできない。それが分かっているから、エディー・ジョーンズヘッドコーチは、ボールを保持して攻撃を継続できるアタッキング・スタイルを標榜している。この11月は、いろんなタイプのチームと戦うことで、来年のワールドカップへの課題を見つけるマッチメークがなされた。自ら苦しい状況に身を置いたわけだ。本番を見据えれば得難い経験を積めたというところだろう。強豪国のフィジカル面の進歩も著しいということも体感できたはず。先週、日本代表に惜敗したルーマニア代表は、今週、カナダ代表を18-9で下した。ヨーロッパの二番手グループも、ワールドカップに向けてチーム力を上げてきている。

日本代表がワールドカップで同プールとなるチームには、ルーマニア、グルジアほどスクラムに全力を傾けるチームはないが、セットプレーの強化は引き続き日本代表の課題である。スクラムで苦しめられそうなのは、南アフリカ、スコットランドだが、圧倒されないところまでは持っていきたい。ワールドカップで勝つことの難しさを痛感する11月の日本代表シリーズだった。

■エディー・ジョーンズヘッドコーチ
「テストマッチではセットピースを獲得できないとゲームプラン通りに進めるのは難しい。このような経験をグルジア戦で得て、そこから学ぶことがあったので良かった。明らかにフィジカルを強くしていかなければならない。スクラムはいくらテクニックがあっても、グルジアのようにテクニックもあり大きな相手には勝てない。スクラムは強化されているが、まださらに強化していく必要がある。アタックに関しては今シーズン通して個人のミス以外のところは良かった。グルジアには負けたが、シーズンを通してテストマッチ10試合で9勝1敗というのは喜んで良い成績だ」

■畠山健介ゲームキャプテン
「試合に負けたのは残念だった。FWはセットピースをもっとレベルアップできる。スクラムは試合を通してずっと劣勢だった。スクラムはいきなり強くなったりするものではないので、フィジカルの強化と8人で戦うというマインドをしっかり確立していく必要がある。2年前の試合もスクラムでプレッシャーを受けているが、メンバーもルールも変わっている。ただ、この試合はスクラムが決め手だったということに尽きる。セットピースが安定したらもっといいチームになることができるし、ワールドカップでも勝てる。これでチームは一度解散になるが、自分のチームに戻ってもインターナショナルレベルということを意識してプレーしていきたい」

■五郎丸歩バイスキャプテン
「勝ち続けるということがいかに難しいかわかった。ただの敗戦にするのではなく、ここから学んでレベルアップして、ワールドカップで自分たちが目指しているところにいけるようにしたい。個々の能力をもう少しプラスしていかないとワールドカップ初戦であたる南アフリカとの戦いは厳しくなる。11連勝できたし、ワールドカップまであと10ヶ月ある。所属チームに戻るがもう一度見直して、学んだことを忘れずに来年の春、また集合したい」

■リポビタンDツアー2014
日本代表第2戦 対グルジア代表結果
11月23日(日)17:00キックオフ
(日本時間:11月23日(土)22:00キックオフ)
日本代表●24-35○グルジア代表(前半10-17)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西大学A、23日の結果 | トップページ | 全国高校大会シード校&お知らせ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    日本で開催されるワールドカップには、
    日本代表の前5人として、以下のフィジカルを求めたい。

    1(左プロップ)190cm以上/120kg以上
    2(フッカー) 185cm以上/110kg以上
    3(右プロップ)190cm以上/125kg以上
    4(左ロック) 195cm以上/110kg以上
    5(右ロック) 200cm以上/120kg以上

    先ずはフィジカル。

    スキルはフィジカルを前提として機能すると思います。

    投稿: 西村知浩 | 2014年11月30日 15:26

    僕も秩父宮でねマオリ戦観戦してましたから、あのスクラムみてしまいましたから、テレビで見る映像は、本当に信じがたいものでした。二回のコラプシンク゜のシンビンも本当にショックでしたね。グルジアって凄いチームなんですね。本当に国際ラグビーの
    奥の深さ、裾野の広さを痛感しました。本当にワールドカップに勝つためには、FWの再強化が急務ですね。やっぱり、大相撲の出稽古かなぁー。特効薬は。

    投稿: ランボルギーニ・カウンタック・アニバーサリー | 2014年11月28日 10:19

    BREAK THROUGHしようぜエディーJAPAN!

    投稿: nick | 2014年11月27日 21:34

    パルベリーさん
    ご丁寧にありがとうございます。
    感謝ですm(_ _)m

    ゴローもまかさんぽも山田もブログ更新しないですね。

    選手のブログでしか知る術がないってのもへんな気がしますが(笑)

    村上さん掲示板ぽく使ってしまって申し訳ございませんm(_ _)m

    投稿: けんじ | 2014年11月26日 21:06

    ファーストチョイスのメンバーが8−9人いないことや、テストマッチ前にもかかわらず、ほとんど練習の強度を落としていないことから、エディさんの真の狙いは、2本目を鍛え上げいわゆる1本目と2本目の格差をなくすことにあったのだと思います。これから10ヶ月課題となったセットプレーを更に鍛え上げ、一方でスクラムから早い球出しによる攻撃のバリエーションを増やせば、スコットランド、サモアとクロスゲームができる予感がします。勝てるかどうかのポイントは、サッカーワールドカップで日本が予選通過できなかった理由として岡田前監督が挙げていた、全員が試合開始から戦闘モードに入って行けるか?だと思います。たしか、故大西鉄之助さんが言われていた、日本人は48時間前から準備しないと戦闘モードに入れない。欧米人は、5分前にスイッチオンすれば戦闘モードに入ることができる。今回のマオリ戦、欧州遠征で一番気になったのは、前半常に先手を取られたことです。日本人の血が入っているとはいえ、外国人であるエディーさんが日本人の特性を完全に理解し、開始早々からスイッチが入りまくった状態の日本代表が
    見れる事を期待したいと思います。

    投稿: ハミルトン | 2014年11月26日 19:59

    けんじさん
    山田選手は、前回のルーマニア戦で腕を強打した。って自身のブログで書いてましたが、それの影響でしょうかね。
    大きな怪我してなければいいですが。

    投稿: パルベリー | 2014年11月26日 13:58

    えもいわれぬ閉塞感です。喪失感と表現されている方もいましたが、そんな感じでもあります。

    個人的には、来年のW杯はアメリカに勝ってくれれば十分で、2勝しようものなら万々歳、という感じだったのですが、この二試合を見ると……

    グルジアは強かった。BKも、攻撃は上手じゃなかったけど、守備は普通というか、日本とは大差なかった。でも、そんなグルジアにトンガとアイルランド(?)はきちんと勝利しているわけで……
    相当、深刻な状況かと思っていて、コメント欄も相当荒れてるかなと思ったのですが、前向きなコメントも結構あって、意外な印象です。

    投稿: テルキー | 2014年11月25日 21:47

    「全てはW杯の為」
    エディさんがいつも言ってる言葉を最後まで信じたいですが、南ア(スコットランドにも)に勝つチャンスって本当にあるのかと不安になってしまう今日この頃。。

    さて試合後、あれだけ激しくやり合ってたグルジアの選手の方から握手を求めてきてくれる姿が好印象でした☆

    投稿: 亮 | 2014年11月25日 19:58

    残念です。火曜日の今日まで喪失感です。
    恐らく選手達もそうでしょう。
    ただ、今でよかった。
    これがワールドカップなら半端ない喪失感。
    にしてもスクラム強くなったのに、上がいるとは・・。
    次は相撲部屋で一ヶ月くらいぶつかり稽古くらいしかないか?ばんばと競うとか、そんなレベルだな。

    投稿: noom | 2014年11月25日 19:23

    記事と関係なくすいませんm(_ _)m
    山田は怪我で外れたんでしょうか?
    あちこち見ましたがはっきり言及している文章を見つけられずですm(_ _)m

    村上さんのブログで申し訳ないのですがご存じの方いらっしゃったら教えて頂きたいですm(_ _)m

    投稿: けんじ | 2014年11月25日 16:22

    スクラム強化してなかったら大変なことでした。セットピースの重要性を再認識。
    それにしてもティア2のテストマッチで簡単にシンビンを出して試合を壊し、両国代表の数少ない強化の機会を損なうレフリーの存在を、IRBはラグビー普及の障害と捉えて欲しい。
    シンビンの引き金ともなったコラプシングも日本側の責任ばかりではなかったはず。
    崩れたら必ずペナルティが昨今の世界標準だとしたら、日本でラグビーのファンは増えない…
    あと、日本のミスはテストマッチ慣れしていない選手のナイーブさが主因で、スーパーラグビー参加で外国チームとの経験を積んで改善を図って欲しいですね。
    ジョージアのFWは日本のレベルをチェックする良いベンチマークと思うので、アイランダーとの対戦だけでなく定期的に対戦するべきですね。

    投稿: バリージョン | 2014年11月25日 13:43

    60分ジョージア陣内ジャパンのノットリリースザボールはジョージアのノットロールアウェイのように見えます。

    こういう時のアピールがぶっちゃけヘタクソですね(笑)

    日本人がこの手のアピールやっても違和感ないと思うんですが。

    東海大対大東大みててもアタックは面白いけどディフェンスが…
    アンストラクチャーの充実とかはその次だと感じます。

    ボクはトップクラスのテストマッチが大好きなんですが、理由は
    アタックの華麗さより何よりディフェンスのしつこさ、えげつなさ(笑)旨さが面白いに尽きます。

    ジャパンにもちらほら匂い(笑)感じる選手出てきてる感じなので期待したいです。
    絶対トライさせない!ゲインさせない!と観てる側が強く感じるプレーを待ってます。


    投稿: けんじ | 2014年11月24日 19:20

    dangerなんだ、ジャパンの力上がってないじゃないか!
    2年前、同じヘッドコーチのもとで戦った試合(25-22)から退化している。
    もともとジョージアの力はわかっているのだから、
    ジョーンズさんの「そこから学ぶことがあったので良かった。」
    などの発言は的外れだ。
    ジョージアは、ゴルゴゼ、アプセリゼも出ていない。
    ジャパンも田中が出ていないと言うかもしれないが
    今のジャパンには、小野澤宏時のような
    ワンプレーで流れを変えられるバックスプレーヤーがいない。
    福岡、藤田など世代交代期というのはわかるが
    スピードだけでウィングやヘスケスなどをセレクトしている。
    北半球の列強にFW戦で勝つのは無理だ。
    せめてBKのスピードと理解力で上回らなければ。
    あと10か月!!

    投稿: エリス少年 | 2014年11月24日 19:07

     これから見ようと思っていたら、もう、負けていました。
     ガーン。

     どうも、日付間違っていた?

     ちなみに、現在、11月24日。

     このブログにぶち当たったのがさっき。11月24日。

     あれ、23日って!?

      

    投稿: 曽根崎あかね | 2014年11月24日 17:49

    スクラムの問題は、ルーマニア、グルジアとワールドカップのこの時期に戦って本当に良かったと思います。何しろ、昨年からのウェールズ、AB. イタリア、MABと優勢だったからファンも多分選手も世界一強いんじゃないかと勘違いして、ワールドカップに入るところでした。スクラムはなんとかこらえる程度が日本の実力だろうし、やはり不味いのは、ノックオン等のイージーミス。グルジア戦もヘスケスのトライの時にグルジアのスタミナ切れは明らかだったのに、そのあとのイージーミスで一気にやられた。田中、堀江がいたら、、、と思いますが、田中、堀江抜きで戦えたのも収穫で、田中、堀江に次ぐキーマンが出てきたと思います、松島です。兎に角、前回のワールドカップの時とは違う次元で、準備しているのは確か、楽しみです!

    投稿: 郡山人 | 2014年11月24日 17:26

    ジャパンのテストマッチで毎回思うのですが、試合が終わって相手チームとの握手より先に自分たちで円陣組むのを止めて欲しいです。恥ずかしい。レフリー・相手チームと握手して健闘を称えあってから、自分たちの円陣で全く問題ないと思います。相手チーム、待ってますよね。トップリーグのゲームと同じ感覚なんだと思いますが。ジョージア戦では、いつもと同じように円陣組もうとしていましたが、円陣が完成する前にジョージアの選手が握手しに挨拶に来たので、円陣が後回しになっていましたね。

    投稿: マカロン | 2014年11月24日 17:25

    こんにちは^^

    ジャパンはリーチ主将、田中史朗、堀江翔太のスーパーラグビー組、

    そして、

    攻守の要でチームの精神的支柱であるホラ二龍コリニアシも欠いていました。

    ラグビーで2番、8番、9番というと一番大切なポジションであり、

    いわばチームの中枢を欠いていたジャパンがマオリと互角の勝負をし、

    敵地で前五人がフランス代表並のグルジア相手に、

    しっかりとした最後まで勝敗の行方が分からないゲームができたのだから

    万々歳だと思います。

    日本のマスコミは通常、

    相手チームが今回のジャパンのようメンバー構成の場合、

    「相手は二軍、相手は二軍」と勝ち誇ったように書くんですけど、

    何故かジャパンの場合は、

    どれほどメンバーが変わっても

    常にベストメンバーみたいな感じで報道しますよね^^

    いったい何なんでしょうか?

    投稿: 土佐守 | 2014年11月24日 15:50

    無念残念。
    相手が強かったという総括をすべきであろう。

    岩のようなグルジアの選手。単純だが強い。
    ジャパンが鍛えてきたにもかかわらず、通用しなかったのだ。
    さてどうする。エディの本音が聞きたい。

    投稿: fuzip | 2014年11月24日 13:54

    ジャパンのスクラムが強くなったことは確かですが、上には上が・・夢から覚めた気がします。このレベルの相手なら、FWの力比べでやられたとしても、もっとバックスでラインブレイクできないものかと思って見ていましたが・・キックも少なかったし、後ろへ下げれば相手FWをもっと疲れさせることができたのに・・マレサウもいつものキレがなく、チーム全体にルーマニア戦の疲れが出ていた印象です。シェイプのフェイズを5回くらい継続するとすぐにノックオン!(悲)第2第3のランナーをオフロードで走り込ませるなど、「変化」をつけないと簡単に止められてしまいます。ガチの力比べの相手をすると、先にコチラが疲れてしまい、当然プレー精度も落ちてくるわけで・・いい勉強になったかと思います。

    投稿: ニャロメ! | 2014年11月24日 10:08

    悪い方向の予想があたった。

    現在、ジャパンのランキングは、10位。
    ここから、上位のチームと対戦して勝ためには、なんとしても強靭なプロップとロックが必要だ。

    昔のランキング15位から10位になるために対戦したチームとは、次元が違う。

    スクラムでは、ヒットした瞬間、組勝ったと思っても、あり得ない角度から、感じたことのない強烈な圧力を受ける。これが現実。

    死力を尽くした選手には申し訳ないが、
    フィジカル検査というものは必要だと思うし、それ以前に、身長、体重は当然のこと、特に首筋力、背筋力、腹筋のパワー値を桁違いに上げないと、強豪に対してスクラムで押せないのである。

    身長が必要な理由は、体幹力を上げるために前提となるばかりか、タックルを受けた時に、懐が深いと、ボールハンドリングの余裕ができること、スクラムでは味方のロックと相手のプロップとの間で良い意味であそびを作ることができること。

    ウエイトが必要な理由は、相手に、単にウエイトをかけ続けることだけでスタミナを奪うことができるからだ。

    ハタケのコメント、危機感がない。
    思う・願望だけではダメなのである。


    厳しくみて通用していたのは、レレィマフィと松島だけ。

    このゲームは、ルーク・トンプソンのシンビンでゲームが壊れてしまった。
    ルーク・トンプソンは、良いプレーもしており、リーチとともに頻繁にシンビンになるが、これは際どいプレーをしなければ勝てないという証拠である。

    FWの次元の違う強化は絶対に必要だ。

    ジャパンは、世界の強豪相手に
    グルジアのようなスクラムをしなければならない。


    投稿: 西村知浩 | 2014年11月24日 10:07

     スクラムを敗因の一番に挙げる人が多いけど、素人目には前半に相手にボールを渡すキックを3~4回やった事と、敵陣内でもノックオン等のミスが問題だったと思います。

     前半に日本が相手よりは得意であろうランニング・ラグビーに持ち込めたなら、相手の壁に押し返されても臆する事なくもっと走り回ったら、後半に追い上げは十分だったと想像しますが。もちろん相手がそうさせない様に封じ込めに来る訳で、それを上回れなかった原因がどこなのかが重要なのでしょう。

     一方で試したい部分もあったでしょう。後半ヘロヘロになったジョージア相手にスクラムで勝てても、あまり意味は無い訳で。ジョージアのスクラムは、日本を上から押しつぶす感じで組んでたのかな~?

     しかしテストマッチの連勝が止まったのは残念です。今年一年、無敗の金字塔を期待していたのですが、世界は甘くはなかった。トップリーグにフロント・ローを別枠で外国人選手を入れられる様に変更した方が良くないかな?

    投稿: トリック | 2014年11月24日 09:21

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60703780

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表、グルジア戦結果:

    « 関西大学A、23日の結果 | トップページ | 全国高校大会シード校&お知らせ »