« 関西学院大学で取材&読書日記 | トップページ | 関西大学A最終戦&TL結果 »

清華園第1回トークライブ、細川隆弘さん

10391011_407917599364693_1857081664

昨夜は、京都の清華園主催の第1回トークライブだった。ゲストは元日本代表の細川隆弘さん。京都の出身で、伏見工業高校でラグビーをはじめ、同志社大学、神戸製鋼でプレーした。神戸製鋼V7の中心選手の一人でもある。いまは自営業でラグビーから離れているが、面白い話をたくさん聞かせてくれた。

冒頭は、神戸製鋼が三連覇を達成した三洋電機との死闘のクライマックスのシーンを細川さんが解説するスタイルで始まった。これがあまりに面白く、あっという間に30分。イアン・ウィリアムズ選手のスパイクが脱げたシーンや、平尾誠二さんのガッツポーズが某選手の顔に当たるところは、ストップモーションで解説が入って爆笑の連続。「僕、平尾さんの従兄弟だということを隠して伏見工業に入ったのですが、バレた瞬間に一軍になりました(笑)」。「従兄弟なのに平尾二世とは言われず、男前の薬師寺が平尾二世と言われて…(笑)」。鉄板ネタも続々。

ウィリアムズ選手のトライで、16-16の同点となり、細川選手のゴールで勝利が決まったわけだが、そのキックについては、高校の頃からのイメージトレーニングがあったからこそ、冷静に決められたとのことだった。高校時代の山口良治監督と2人でプレースキックの練習をしたことがあった。山口監督がぶつぶつ言いながら蹴っていた。よく聞くと、試合の状況をしゃべっている。「それを聞いたとき僕は笑う気になれなくて、イメージして蹴るということだなと思ったんです。それからキックの練習では、大観衆と最後の勝利を決めるところを思い描いていました。そのままの状況が現実になったのが、あの瞬間だったのです」。

細川さんの代表デビューは、1990年のワールドカップアジア予選のトンガ代表戦。1991年ラグビーワールドカップの予選は、アジア・オセアニア地域になっており、サモア、トンガ、韓国、日本のうち、2チームが出場することになっていた。サモアは「ミニ・オールブラックス」と言われるほど強く、日本はトンガと韓国に絶対に勝たなくてはいけなかった。当時のトンガは日本よりも強いと言われていたし、韓国も日本と互角の実力があり、厳しい予選だった。そして、必勝を期した宿沢広朗監督が、プレースキッカーとして抜擢したのが細川選手だったわけだ。なんとこの試合でFB細川隆弘は6PGを決めて、28-16の勝利に貢献している。もし負けていたらワールドカップには出場できなかったし、1995年大会からのアジア単独枠もでなかったかもしれない。そうなれば日本はずっとワールドカップに出られず、代表強化は遅々として進まなかっただろう。改めて、あのトンガ戦勝利の意味をかみしめた。

1時間のトークの後は懇親会。細川さんと僕で各テーブルをまわってラグビー談義に花を咲かせた。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。それにしても、細川さんの胸筋は鍛え過ぎ。思わず、「何を目指してはるんですか?」と突っ込んだ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西学院大学で取材&読書日記 | トップページ | 関西大学A最終戦&TL結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    90年のW杯予選、私も秩父宮で3試合観戦しました。当時は単純に予選突破が嬉しかっただけでしたが、改めて振り返ると、あのときトンガに負けていたら本大会でのジンバブエ戦勝利もなく、日本は未だにW杯未勝利国だった可能性があったんですね。日本ラグビーにとって歴史的な勝利だったことを再認識しました。
    個人的には、トンガと西サモア(当時)のウォークライを初めて生で見て、とても興奮したことを覚えています。
    エディジャパンになってから、スタジアムにあの頃の代表戦の熱気が戻りつつあるのは嬉しいですね。

    投稿: ジャパンファン | 2014年12月 7日 13:48

    えー! 3連覇の解説、楽しそう。とっても聴きたかったです。平尾さんの拳、選手に入ってましたね(笑)。このシーン覚えてます。いったいどんな理由だったんだろう。イアン・ウィリアムスのギリギリの走りばかりが目立ってますが、細川さんのキックが決まらなければ、同点優勝でしたからね。それまで、神戸製鋼はキッカー不在(笑)だっただけに、細川さんの存在の大きさに改めて気づきました。

    投稿: サファイヤ | 2014年12月 6日 01:13

    あのトンガ戦、秩父宮で観戦しました。
    当時はプレースキッカーが人材難で、確か来日したアメリカ戦でもPGがきちんと入っていれば勝った試合を落としていた記憶があります(W杯でも同じ展開だったかと)。

    トンガ戦で最初のPGを細川選手があっさりと(そう見えたのです)決めた後に、
    私は思わず「上手だねぇ。」と口走り、周囲の笑いを取ってしまいましたが、
    当時の代表のキッカー難はそれ位シリアスだったと記憶しています。
    また予選でとてもドキドキしながら応援して、見ていて疲れたことも思い出しました。

    そう思いつつも、91年の様な予選状況があってこそ、本番で戦えるチーム作りの土台が出来るのかな、という気もしますが。

    投稿: 同志社OB | 2014年12月 5日 23:23

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60763991

    この記事へのトラックバック一覧です: 清華園第1回トークライブ、細川隆弘さん:

    « 関西学院大学で取材&読書日記 | トップページ | 関西大学A最終戦&TL結果 »