« 2014年5月4日 - 2014年5月10日 | トップページ | 2014年5月18日 - 2014年5月24日 »

2014年5月11日 - 2014年5月17日

日本代表対韓国代表戦結果

5月17日は、韓国の仁川文鶴競技場で、日本代表対韓国代表の試合が行われた。12時5分、韓国のキックオフで試合開始。立ち上がりから韓国の激しいタックルを浴びた日本代表だが、個々の選手が倒されながらもしっかし前に出てボールをリリースし、SH日和佐篤が素早いテンポでボールをさばいた。SO田村優、インサイドCTB立川理道がよく前に出てパスを回したのも良かった気がする。

開始2分、韓国ゴール前のモールからLO真壁伸弥が先制トライ。7分、ゴール前のスクラムからNO8ホラニ龍コリニアシがトライ。FB五郎丸歩がPGを追加し、17分、リーチ マイケルキャプテンのトライで17-0とした。韓国がラインアウトで再三ノットストレートを犯し、スクラムでも日本代表が圧力をかけたこともあるのだが、セットプレーについても日本が圧倒した。終盤には、WTB藤田慶和のタイミングのいいパスからWTB山田章仁が連続トライ。最後のトライは、SO田村とCTB立川がループし、ブラインドサイドから藤田が走り込んだものだった。前半は、34-0で折り返した。

後半に入っても、日本代表はホラニ龍コリニアシ、山田章仁の連続トライで、55-0とする。しかし、ここから韓国の連続攻撃を受ける。ディフェンスラインもそれほど前に出られず、韓国の俊足BKに走られてしまう。ここは、カウンターアタックで何度もトライを奪われた昔の日韓戦を思いだしてしまうシーンだった。なんとか、1トライに抑えたが、後半20分過ぎ、日本代表が大きくメンバーを入れ替えてからも、ディフェンスでは何度もスペースを空けてしまい、ここは課題が多かった。ディフェンスでのコミュニケーションは重要な修正点だ。交代出場の中では、松島幸太朗の、とくにディフェンス面での働きが光っていた気がする。

次は、5月25日の香港代表戦(国立競技場)。内容のいい勝利で来年のワールドカップ出場を勝ち取ってもらいたい。

■エディー・ジョーンズヘッドコーチ
「最初の20分で試合を決めるという目標があったので、それを実現できたことは満足している。一方、課題は状況判断の部分で後半に集中力が切れてしまったこと。今日は対戦相手に試されるような試合ではなかったが、セットピースが段々と伸びてきていることには満足している。スクラムを強化している成果が現れ、今日はラインアウトもかなり良かった。ジャパン(日本代表チーム)はボールを動かすラグビーなので、セットピースが強くなることで、より柔軟性が出てくるはずだ」

■リーチマイケルキャプテン
「試合ごとにレベルアップできている。前半最初の20分と後半の入りは良かった。しかし、ラインブレイク後にシェイプがなくなったり、誰が何をやるかしっかりできていなかったりしたところがあった。ディフェンスでも我慢できず、自分たちのやりたいことができていない。ラスト15分は特にコミュニケーションがなくなった。今後に向けてコミュニケーションが課題となる」


■試合結果
日本代表○62-5●韓国代表(前半34-0)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さよなら国立競技場&東大阪ラグビーイベント告知

スーパーラグビーの第14節、金曜日のハリケーンズ対ハイランダーズのニュージーランド対決は大接戦に。録画で観る人もいるので結果は避けたいが、ここからの順位争いは熾烈だし、明日のクルセーダーズ対シャークスも楽しみになってきた。

5月25日、日本代表対香港代表戦はスポーツの公式戦としては現在の国立競技場で行われる最後の試合になるのだが、本当の最後は5月31。『SAYONARA国立競技場FINAL “FOR THE FUTURE”』と題し、国立競技場にゆかりのあるアスリートや国立競技場を愛するゲストで、一日中、さまざまなプログラムが展開される。

サッカーとラグビーのレジェンドマッチは発表されているが、その一つとして5月16日、防衛省のブルーインパルスの展示飛行が決定したと発表があった。「1964年の東京オリンピック開会式にて日本中を大きな感動と歓喜の声に包んだブルーインパルスが最後の国立競技場の上空で再び、華麗なフライトを披露していただきます」とプレスリーリースにはある。【展示飛行スケジュール】(予定)は、17:35~17:45.※天候等の状況により中止もあり

また、【ファイナルセレモニー】(19:30~21:00には、歌手の谷村新司さんと森山良子さんが登場し、「昴」と、「今日の日はさようなら」が歌われることも決まった。
 
お知らせ◎東大阪ラグビー映画まつり&関連イベント情報
5月24日(土)~6月6日(金)の2週間限定上映で、布施ラインシネマにて、「60万回のトライ」、「グラス☆ホッパー」が上映される。それぞれ別。上映時間は劇場サイトにてご確認を。

その関連イベントとして、「クレアホール・ふせ」にて、以下の催し物がある。トークショーはものすごいメンバー。これをどう仕切るのか。司会、難しそう~。以下のイベント、申し込みは不要。

□5月25日(日) =ラグビーワールドカップ2015最終予選 日本VS香港 パブリック・ビューイング。15:00~19:30。入場無料。キックオフまで、近鉄ライナーズ応援くらぶ・武広団長によるミニライブや、東大阪市ラグビーアドバイザーの南條さんの講演などがある。

□6月1日(日)=ラグビートークショー。15:00~17:00。入場料500円。
ゲスト/宮地克実(元日本代表・第1回RWC日本代表監督)、宮本勝文(元日本代表・第1、2回RWC出場選手)、児玉耕樹(元日本代表・同志社大学V3のSH)、川村幸治(元高校日本代表監督・元布施工業高校ラグビー部監督)、大畑大介(元日本代表、テストマッチトライ数世界記録保持者)
司会/村上晃一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表、韓国代表戦メンバー

5月17日の韓国代表戦の日本代表メンバーが発表になった。スーパーラグビーのチームに所属していた、堀江翔太、マレ・サウ、立川理道が戻ってきた。レギュラー争いは一段と激しさを増している。ここに怪我などで戦列を離れているマイケル・ブロードハースト、ルーク・トンプソン、クレイグ・ウイング、田中史朗らが加わると、チーム力はもう一段階上がる。楽しみだ。JSPORTSは、韓国戦を17日の11:50~14:00、JSPORTS 3で生中継の予定。


◎日本代表 アジア五カ国対抗(A5N)2014 第3戦 対韓国代表 試合登録メンバー
1三上正貴、2堀江翔太、3畠山健介、4大野均、5真壁伸弥、 6ジャスティン・アイブス、 7リーチ マイケル◎、8ホラニ龍コリニアシ、9日和佐篤、10田村優、11山田章仁、12立川理道、13マレ・サウ、14藤田慶和、 15五郎丸歩/ 16平島久照、 17木津武士、 18山下裕史、19伊藤鐘史、20菊谷崇、21内田啓介、 22中村亮土、 23松島幸太朗
※◎はキャプテン

エディー・ジョーンズ ヘッドコーチ
「ベストの23人を選んだ。スーパーラグビーから戻って来た3人(堀江翔太、立川理道、マレ・サウ)はチームに慣れるのに少し時間がかかるが、スーパーラグビーでやってきた選手なので選ばざるを得ない。チーム内のポジション争いはとても激しくなっており、毎試合セレクションをするのが難しい。最近の試合でスターティングメンバーとして良いプレーをした木津や伊藤らも今回はベンチスタートとなっているくらいだ。今週も良い練習ができている。日本のライバルである韓国代表との試合は他のA5Nの試合よりも難しさを感じるが、チャレンジを楽しみにしている」

リーチ マイケル キャプテン
「毎試合レベルアップできている。ただ、良い試合をした後にもっと良い試合をするのは難しい。スリランカ代表戦と比べたら、韓国代表戦はディフェンスが多くなるはず。宗像サニックスブルースとの合同練習でディフェンスシステムはかなり良くなったと思う。韓国代表戦ではその成果を見せたい。スーパーラグビー組が帰ってきて、レギュラー争いがより激しくなった。自分と同じポジションの堀江恭佑も良くなってきて、自分もプレッシャーを感じるほどだ。チーム内での争いが激しくなるのはチーム全体のレベルアップにつながるので、みんなで向上していきたい」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪、京都トークライブ告知ほか

5月31日に国立競技場の最後のイベントが開催されることが、すでに明らかになっているが、国立競技場で数々の記憶に残る試合を繰り広げてきた早明戦が、東京ドームでの開催を検討中とのこと。ラグビー界の一つの話題として実現してほしいと思う。

先週末、JSPORTSでスーパーラグビーの解説をしているときに、オールブラックスのことを話したのだが、この6月、オールブラックスはイングランド代表を迎え撃つ(6月7日、14日、21日の3テストマッチ)。その試合に向けてのトレーニングスコットが5月12日に発表された。田中史朗選手のいるハイランダーズからは、SHアーロン・スミス、FBベン・スミスの常連組に加えて、HOリアム・コルトマン、CTBマラカイ・フェキトアも選ばれた。フェキトア、チャンスつかんでほしいなぁ。そのオールブラックスは、11月1日に、アメリカのシカゴでアメリカ代表イーグルスとテストマッチを行うことが発表された。

この日記でも何度か取り上げている映画『60万回のトライ』が、韓国の第15回全州国際映画祭で「CGVムービーコレージュ配給支援賞」を受賞した。日本でも各地で上映場所が広がっている。
詳細は以下のURLにて。
http://www.komapress.net/

そして、この映画に関連する大阪と京都のイベントで僕が関わるものをご紹介します。皆さんのご参加、お待ちしております。

◎6月4日(水曜)=大阪・北浜「ラグビー部マーラー」
午後7時より。大阪朝鮮高級学校ラグビー部の呉英吉監督をゲストに、60万回のトライにまつわる裏話など伺います。
会費:3,500円(ドリンク、軽食込み)
場所:ラグビー部マーラー(大阪市中央区東高麗橋5-6南野ビルB1)
進行:村上晃一
ゲスト:呉英吉(大阪朝鮮高級学校ラグビー部監督)
▼お申し込みは、メールにてアドレスkashima@oksystem.co.jpのラグビー部マーラー、イベント受付担当加島まで。お名前、メールアドレス、電話番号、お申込人数をお知らせください。※お申込人数が複数の場合は同伴の方の氏名も全てご記入願います。先着順に受け付けさせて頂き、担当者からメールで連絡させて頂きます。
※満席となりました。

◎6月5日(木曜)=京都・烏丸松原「パーカーハウスロール」
午後7時より。『60万回のトライ』京都上映会打ち上げ記念として、スポーツジャーナリストの藤島大さんをゲストに、この映画について語ります。朴思柔、朴敦史両監督も来場予定です。
会費:1,500円(ワンドリンク付き)
場所:パーカーハウスロール(京都市下京区烏丸通松原下る東側五条烏丸町397)
進行:村上晃一
ゲスト:藤島大、朴思柔(予定)
▼お申し込みは、メールにて、gk51@mac.com まで。お名前、メールアドレス、電話番号、お申込人数をお知らせください。※お申込人数が複数の場合は同伴の方の氏名も全てご記入願います。先着順に受け付けさせて頂き、担当者からメールで連絡させて頂きます。定員50名。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア代表戦ランチイベント告知

ラグビーとノーサイド精神を広め、ラグビーを愛する人々を増やす活動をしている「ノーサイドプロジェクト」が、「イタリア好き」編集部との共同企画で、6月21日の日本代表対イタリア代表戦の前に、ランチイベントを開催します。美味しいイタリア料理を食べ、イタリア文化を学びつつ、当日の試合の見どころを知り、観戦しようという企画です。イタリアは好きだけれど、ラグビーは知らないという人たちに、試合を見てもらうという目的もあります。イタリア代表のレプリカジャージが当たる抽選会もあり。申し込み受付は、本日より開始です。

※ゲストに川合レオさんが追加になりました!

★ノーサイドプロジェクト2014水無月
日本代表対イタリア代表戦・ランチイベント

「イタリアを知れば、ラグビーが面白い!
ラグビーを知れば、イタリアが面白い!」

『イタリア好き』編集長マッシモ松本氏と「ラグビージャーナリスト」村上晃一氏が、素敵なラグビー観戦をご提案します。お二人と共に、ゲーム前にイタリア料理&ワインと楽しみ、ラグビーとイタリアを語り、両国を代表する激しい男たちの戦いを応援しませんか?

※試合は、秩父宮ラグビー場にて午後2時キックオフ

日時=6月21日(土) 11:00~13:00(受付10:45より)
場所=Antichi Sapori アンティキサポーリ
http://r.gnavi.co.jp/3z51b77x0000/

〒106-0047 東京都港区南麻布5-2-40 日興パレス1F
会費=4,000円 美味しいイタリア料理とワンドリンク付き
司会進行=村上晃一、有働文子
ゲスト=松本浩明(イタリア好き!編集長)、川合レオ(元日本代表CTB)

内容=ゲスト等によるトークライブ、イタリア戦のみどころ紹介
プレゼント=参加者の中から抽選で一名様にイタリア代表レプリカジャージー(アディダス製)贈呈
共催=『イタリア好き』、「ノーサイドプロジェクト」
後援=ラグビーマガジン

◎申し込み方法
募集人数:60名(*定員となり次第締め切りとさせていただきます)
★ベースボール・マガジン社のsportsclickより、右側のメニューの「関連イベン
ト」より、「ノーサイドプロジェクトイベント」申し込みをクリック。「参加申込フォーム」へ。 必須事項を明記の上、お申し込みください。または、以下のURLから直接行けます。
http://www.sportsclick.jp/p/event/rugby/2014lunchparty/index.html
*申し込み完了の方には受付メールが返信されます。会費は、当日会場にてお支払いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ新加入選手&ロンドンセブンズ結果

トヨタ自動車ヴェルブリッツから、2014年度の新入団選手として、ニュージーランドのノースランド代表のSO・CTBデリック・カーペンター選手(183㎝、96㎏)の発表があった。選手登録の締め切りは、6月末なので、そのあたりまでに新加入選手の発表は続くだろう。まだまだ大物の加入があるかもしれない。

ロンドンセブンズに出場している男子セブンズ日本代表の大会第2日(5月11日)結果は以下の通り。日本はシールドトーナメント準優勝で大会を終えたが、準決勝でスコットランド代表を破り、存在感を示した。

◆シールド決勝
日本代表 12-36 アメリカ代表(前半0-26/後半12-10)
◆シールド準決勝
日本代表 26-19 スコットランド代表 (前半7-12/後半19-7)
◆ボウルトーナメント準々決勝
日本代表 19-21 カナダ代表 (前半5-7/後半14-14)

◎瀬川智広ヘッドコーチ
「前週末のグラスゴーセブンズに続いて、シーズンのフィナーレとなるロンドンセブンズに2大会連続して出場できたことは、我々にとって非常に大きな意味がある。結果を出せなかった要因であるスキル、フィットネス、フィジカルを向上させなければならないことはもちろん、大会を通じて一貫して力を出すための強いメンタルも必要である。選手・スタッフともにレベルアップする必要がある。また、ワールドシリーズの全9大会を戦い抜くためには、選手層を厚くすることも重要である。2014-2015シーズン開幕まで残された時間は限られているが、日本ラグビーフットボール協会をあげて最大限の強化に努めたい」

◎坂井克行キャプテン
「満足いく結果を出せず、課題が多く残った大会だった。この経験を次のステップに必ず活かして、世界と戦える日本のラグビーをつくっていきたい。2大会通じてアウェーで戦う難しさも学んだ。コアチーム入りしたことで、これが当たり前であることを強く自覚し、日本のセブンズのレベルを更に上げていきたい」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稲垣合流&ロンドンセブンズ&スーパーラグビー

日本代表合宿に、負傷のために離脱していた稲垣啓太選手(パナソニック ワイルドナイツ)が合流するという発表があった。2013年度シーズン、ルーキーながらパナソニックでレギュラーポジションを獲得し、FW第三列並みのタックル数で活躍。トップリーグ新人賞、そして日本代表にも選出された。

トップリーグ終了後に一度インタビューしたことがあるのだが、実はシーズン中から肘の痛みを抱えており、終盤は、顔も洗えないほどに悪化していたそうだ。だから、シーズン後の手術は日本代表選出前から決まっていることだった。彼の課題は、インターナショナルレベルで通用するためにさらに体を大きくすること。そのトレーニングをするにも、肘が悪くては「トレーニングもできないですから」と話していた。彼の加入で、すでに熾烈なレギュラー争いが続く日本代表のFW第一列の競争はさらに激しいものになる。

ロンドンセブンズに参加している男子セブンズ日本代表は、プール戦でオーストラリア、フィジー、スペインに敗れ、ボウルトーナメント準々決勝に進むことになった。

◎瀬川智広ヘッドコーチ
「プール3試合ともボールポゼッションが低く、ディフェンスする時間が長いゲーム展開になった。粘り強くディフェンスすることができずに失点を重ね、ゲームの流れを作れなかった。アタックでもトライを取り急いでしまい、チャンスを得点に結びつけられなかった。ワールドシリーズでは小さなミスが勝敗を大きく分ける。最終日は気持ちを切り替えて、チーム全体で意思を統一し、必ず勝利を手に入れたい」

5月11日の午後、JSPORTSで放送されたスーパーラグビーの解説をしたのだが、混沌とする順位争いの中で、7回優勝の実績あるクルセイダーズ(ニュージーランド)がじわり浮上してきた。11日は、オーストラリアのレッズとの対戦だったのだが、オープンサイドFLのリッチー・マコウを筆頭に、レッズの連続攻撃を網で包み込むようなディフェンスで食い止め、後半開始からの20分間で3トライを畳み掛けた。NECグリーンロケッツのWTBネマニ・ナドロは先制トライをあげたほか、攻守に大きな体をフルに使って大活躍。もう一人のWTBジョニー・マクニコル(23歳)の気の利くプレーにも感心させられた。次週は、ホームのクライストチャーチで総合首位のシャークスと対戦する。ここでも勝てば、いよいよクルセイダーズが優勝争いの主役に躍り出る。今季はスーパーラグビーをあまり見ていない皆さんも、ここから面白くなるので、見始めてみてはどうだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2014年5月4日 - 2014年5月10日 | トップページ | 2014年5月18日 - 2014年5月24日 »