« 2014年9月7日 - 2014年9月13日 | トップページ | 2014年9月21日 - 2014年9月27日 »

2014年9月14日 - 2014年9月20日

TLファーストステージ第5節・土曜の結果

20日の土曜日は、名古屋市の瑞穂運動公園ラグビー場だった。JSPORTSの解説である。夜は寒くなるかと思ったけど、そうでもなかった。観戦するにはちょうどいい気温だったのではないだろうか。

第1試合は、東芝のSOフランソワ・ステインがトップリーグデビュー。いきなり50mのロングPGを軽々と決めてみせた。豊田自動織機も粘り強いディフェンスで健闘したが、後半は、東芝がラインアウトのモールからトライを重ね、FLスティーブン・ベイツの3トライなどで突き放した。

第2試合は、ブレイクダウンで互いが激しくファイトするタフな試合になった。近鉄がSO重光のPGで先制すると、トヨタもWTB彦坂が相手にミスボールを拾って50mを独走してトライ。前半17分には、近鉄が豊田キャプテンのトライで逆転。互いに点を取り合い、前半は17-17の同点で折り返した。

後半に入ると、近鉄の攻撃力が上回り始め、WTBアンドレ・テイラーがトップリーグ初トライ。トヨタもトーマス優のトライで追いすがったが、29分、近鉄のモールをトヨタが崩したとしてペナルティートライが与えられ、35-24となってほぼ勝負あり。近鉄が4トライ以上の勝利で、勝ち点「5」を獲得した。トヨタもCTBタウモエピアウのトライで7点差以内の負けと、4トライでボーナス点「2」を獲得。互いにミスと反則が多い試合ではあったが、観客席は大いに盛り上がっていた。

マンオブザマッチは近鉄の豊田キャプテン。トライに、トライを防ぐタックルにと大活躍だった。「チーム全体でいい準備ができました。本来はトヨタのホームなのに、近鉄のファンもたくさん来てくれて、大声援でやりやすかったです」

■TLファーストステージ第5節・土曜の結果
◇瑞穂運動公園ラグビー場
豊田自動織機シャトルズ●10-35○東芝ブレイブルーパス(前半0-11)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●31-38○近鉄ライナーズ(前半17-17)
◇秩父宮ラグビー場
リコーブラックラムズ○53-5●コカ・コーラレッドスパークス(前半27-0)
キヤノンイーグルス○24-10●NTTドコモレッドハリケーンズ(前半7-5)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップリーグ金曜ナイターの結果

金曜日のナイターを、久しぶりにバックスタンドで楽しんだ。試合を予想通り拮抗した。互いにミスもあったが、攻め合ったことで観客席もかなり楽しまれていたように感じた。

最初にトライチャンスをつかんだのは、サントリーだった。前半9分、SOピシ、NO8バーガー、CTBニコラスで抜けだし、ゴールに迫ったが獲りきれず。15分、今度は神戸製鋼が、SO正面のキックパスをWTB今村がキャッチして、インゴールに押さえたかに見えたが、ボールをこぼしており、トライならず。29分、神戸製鋼はCTB山中がPGを決めて先制。しかし、37分、サントリーは、ニコラスのキックをWTB中靏が押さえて、7-3と逆転する。

後半も一進一退の攻防が続いたが、12分、CTB山中の突破でチャンスを作り、NO8マパカイトロがトライして、17-10。18分には、WTB山下楽平のトライで、22-10。サントリーもFL佐々木がトライを返すなど追いかけたが、36分、神戸製鋼のモールからのHO村上のトライで勝負あり。しかし、サントリーも終了間際に、PR垣永がトライして7点差以内の負けのボーナス点は獲得した。

「サントリーのように、よくボールを動かすチームに対して、最後までよくディフェンスしてくれた」(ギャリー・ゴールドHC)。「ディフェンスで最後まで前に出ることができた」(伊藤鐘史)。と、首脳陣からはディフェンス面が勝因として語られた。敗れたサントリーの大久保監督は、「完敗です。神戸の方が局面で前に出ていましたね。うちはボールを下げてしまうことが多かったです」と、潔く語った。

マンオブザマッチは、再三ディフェンスを突破し、大きなキックで陣地をとり、プレースキックも決め神戸製鋼の山中亮平。また、平島久照がトップリーグ100試合出場を達成した。

◇TLファーストステージ第5節・金曜の結果
サントリーサンゴリアス●22-29○神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半7-3)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関西大学Aリーグ開幕告知ムービー

関東の大学ラグビーはすでに開幕したが、関西は10月5日から始まる。

関西大学Aリーグ、開幕告知ムービー「激動を、体感せよ。」がYoutubeで
見られます。

http://youtu.be/s8DoDfA8ONU

Kansai

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップリーグ第5節始まる&新聞記事

明日(金曜日)夜は、トップリーグファーストステージ第5節が始まる。プールBの全勝対決、サントリーサンゴリアス対神戸製鋼コベルコスティーラーズは秩父宮ラグビー場で午後7時30分、キックオフ。

すでにメンバーが発表になっているが、それを見ての素朴な感想――。

あっ、FWに転向したニコラス ライアンがCTBに入ってる。

おっ、ジャック・フーリーがリザーブにいる。怪我治ったのか。

アンドリュー・エリスとフーリーがリザーブって、なんか、すげえな。

真面目に。この試合は面白くなる。東京のお客さんは、神戸製鋼は昨季までと違っていることを感じるはず。必見です。

昨日(17日)、京都の自宅で朝日新聞の夕刊を読んでいたら、島根県の石見智翠館高校女子ラグビー部の特集記事があった。六段を使っての大きな記事である。

Asahi2

そして、今朝の朝刊には、別刷り特集で「RUGBY WORLD CUP 2015 ENGLAND 開幕まで1年」が。2日連続の猛アピール。エディー・ジョーンズ、ロビー・ディーンズのインタビューに、女子ラグビーの加藤慶子選手の紹介も。

Asahi1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まもなく、第17回アジア競技大会

韓国・仁川で開催される第17回アジア競技大会(9月19日-10月4日)のセブンズ競技(7人制ラグビー:9月30日~10月2日)に出場する男女セブンズ日本代表メンバーが発表になった。男子は、2014-2015のシーズンスコッドの中、コアメンバー(9名)から6名、トレーニングスコッド(18名)から、リーチ、彦坂匡克、ラトゥイラ、桑水流、細田、山下の6名が参加する。


■男子セブンズ日本代表
ラトゥイラ レプハ、桑水流裕策、細田佳也、橋野皓介、坂井克行◎、リーチ マイケル、豊島翔平、レメキ ロマノ ラヴァ、渡邊昌紀、彦坂匡克、羽野一志、山下楽平

■女子セブンズ日本代表(サクラセブンズ)
兼松由香、竹内亜弥、中村知春◎、加藤慶子、桑井亜乃、山口真理恵、冨田真紀子、横尾千里、谷口令子、鈴木陽子、山田怜、小出深冬

◎選手コメント
男子セブンズ日本代表 坂井克行 キャプテン
「アジア競技大会の目標は、優勝しか考えていない。優勝するためのメンバーが揃ったと思っている。各選手とも、トップリーグやトップウェストで活躍しているメンバーなので、さらにセブンズという舞台でその力を合わせチームとして一つになり、男女ともに優勝したい」

リーチ マイケル選手
「今回のアジア競技大会のメンバーに選ばれ、本当に光栄に思う。2016年のリオデジャネイロオリンピック出場につながるよう、必ず3大会連続の金メダルを獲りたい。また個人的にも15人制とセブンズの両立ができることを証明したい。チームのために全力で戦う」

女子セブンズ日本代表 中村知春 キャプテン
「前回のアジア競技大会は5位だったので、この4年間の成長をしっかり試合でみせていきたい。オリンピックの予選を見据え、IRB女子セブンズワールドシリーズのコアチーム昇格決定大会で昇格を決めた中国に勝ち、絶対に金メダルを持って帰りたいと思う。応援よろしくお願いします」

女子セブンズ日本代表 小出深冬選手
「アジア競技大会はIRB女子セブンズワールドシリーズのコアチーム昇格決定大会で負けた悔しさを胸に、勝ちにこだわり、そして代表ジャージーを着て戦えることを誇りに日本のためにプレーしたい」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉本慎治さん取材&川合レオさん放課後ラグビー教室

16日は、ラグビーマガジンの巻末インタビューで、杉本慎治さんを取材していた。伏見工業高校時代は1年生で同校の全国初優勝メンバーとなり、同志社、神戸製鋼でもFW第三列として活躍した。神戸製鋼のV7戦士でもある。

現在は株式会社杉本工務店の代表として忙しい日々を送っている。スーダンで医療活動をする川原尚行医師(ロシナンテス理事長)と数年前から交流があり、このほど、スーダンのハルツーム大学に日本文化センターを作りたいという川原さんの要望に応え、和室のデザイン設計を担当して完成させた。何度もスーダンに行き、現地の職人さんと共同での作業だったという。

僕は杉本さんとは同期だ。京都ラグビースクールでも一緒だったと思い込んでいた。そうしたら、杉本さんが京都ラグビースクールに通ったのは中学3年の秋。僕は小学5年、6年だからまったく一緒ではない。ほな、僕が杉本少年と思いこんでいた、あの子はいったい誰やったんや。30年以上、誤解していた…。

スーダンの和室に関する話は、ラグビーマガジン11月号の巻末インタビューにて。

201409161

さて、今回の取材は、杉本さんの同志社大学の後輩にあたる庄司さんが代表を務める「WA Experience KAFU」で実施した。平安神宮近くの町家を改装し、英語で和食や茶道などの教室を体験できる空間である。和食の教室については、完成後はそれを試食できる。外国人のお客さんをもてなすときなどに、いいかもしれない。ご興味のある方は、以下のアドレスからどうぞ。
http://kafu.co/

お知らせ◎一般社団法人ラグビーパークジャパンの川合レオさん(元日本代表CTB、NECでも活躍)から、中学生世代にラグビー環境を創るプログラム参加者募集のメールをいただいた。ご興味のある方は、ぜひ。

▼一般社団法人ラグビーパークジャパンでサポートさせて頂いている「文部科学2019ラグビーワールドカップ省普及啓発事業・JRFU(日本ラグビーフットボール協会)放課後ラグビープログラム2014」のお知らせです。「JRFU・放課後ラグビープログラム」は、主に中学生世代の新しいラグビー環境の創設を目指し、平日の放課後に集まってラグビーを楽しめる環境を構築していくためのモデルづくり事業です。メインコーチを担当するのはJRFU指導者資格を持つコーチにて行われます。また、会場によっては、元日本代表のプレーヤー、元トップリーガー、現役のトップリーガーなども指導にあたります。

本年度はトップリーグのパナソニックワイルドナイツさま、リコーブラックラムズさま、徳島県ラグビーフットボール協会さま、びわこ学院大学さま、九州共立大学さまにご協力頂き、10月より全国5会場で各12回のレッスンが開催されます。

現在、参加者をホームページより募集しております。(※東京クラスは応募者多数により、募集をしめきりました)。ご興味のある方のご参加をお待ちしております。放課後ラグビープログラムホームページ:http://www.houkagorugby.info/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップリーグ第4節・日曜の結果

トップリーグのファーストステージ第4節は、14日、残りの2試合が茨城県水戸市のケーズデンキスタジアムで行われ、キヤノンとクボタが競り勝った。第1試合では、後半33分にキヤノンが交代出場のCTBマイケル・ボンドのトライで突き放したが、近鉄も最後に交代出場のLO山口浩平のトライで、7点差以内に詰めてボーナス点を獲得した。

第2試合の大接戦となる。NTTコムは、CTBマット・サンダースが何度もラインブレイクを見せるなど前半は17-10とリードしたが後半クボタが逆転するだとシーソーゲームに。27-16とNTTコムがリードして迎えた終了間際、クボタが自陣から少しずつゲインして相手陣に入る。ここでNTTコムが痛恨の反則。このPKをクボタの立川理道が決めて、劇的逆転勝ちとなった。

ファーストステージ第4節の結果、プールAは3勝1敗が3チームとなったが、勝ち点差で、ヤマハ発動機、東芝、パナソニックの順になっている。NTTコムとクボタは2勝2敗となり、勝ち点差でNTTコムが4位。クボタが5位につける。プールBは、神戸製鋼、サントリーが4戦全勝で1位、2位。3勝1敗で勝ち点「14」のトヨタ自動車が3位で、キヤノンと近鉄は2勝2敗で4位、5位に並び、両プールとも、セカンドステージの上位グループ入りを巡る、トップ4争いが激しくなっている。

今週の金曜日には、神戸製鋼とサントリーの全勝対決がある。

■トップリーグ2014-2015ファーストステージ第4節結果(14日)
◇茨城・ケーズデンキスタジアム水戸
キヤノンイーグルス○36-31●近鉄ライナーズ(前半14-3)
クボタスピアーズ○29-27●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半10-17)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南ベルマーレ7人制チーム始動

湘南ベルマーレスポーツクラブが、Jクラブで初となる7人制ラグビーの男女のセブンズチーム「湘南ベルマーレラグビーセブンズ」、通称「Bell7」を発足させた。9月20日、そのお披露目がある。BMWスタジアム平塚(平塚球技場)にて開催される湘南ベルマーレ対水戸ホーリホック戦のハーフタイムで、チーム紹介と挨拶があるとのこと。

試合は、9月20日(土)、19:00キックオフ。
http://www.bellmare.co.jp/stadium

また、9月21日の第69回藤沢市民総合体育大会兼第34回藤沢市民ラグビー大会にて、湘南ベルマーレラグビーセブンズチーム Bell7レディースの初試合がある。藤沢市秋葉台公園球技場(人工芝)にて、時間は、12:00~12:15。対戦相手は、東京フェニックス(2試合)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2014年9月7日 - 2014年9月13日 | トップページ | 2014年9月21日 - 2014年9月27日 »