« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年10月12日 - 2014年10月18日 »

2014年10月5日 - 2014年10月11日

TLファーストステージ第6節・土曜の結果

トップリーグ・ファーストステージ第6節は、10月11日(土)、5試合が行われ、全勝の神戸製鋼をトヨタ自動車が追い詰めるなど各地で熱戦が相次いだ。

僕は東大阪市の近鉄花園ラグビー場にいた。第1試合は、ここまで唯一全勝の神戸製鋼とトヨタ自動車の戦い。前半、風上に立ったトヨタは、SO文字隆也、FB竹田宜純の正確なキックで地域をかせぎ、11分、CTBスティーブン・イエーツのパスを受けたWTB松下馨が先制トライして主導権を握った。後半に入ると、神戸製鋼も今村雄太、山下楽平らのトライで盛り返し、一時は24-14とリードしたが、逆転勝利に向けて自陣からボールをつないだトヨタの攻撃を止めきれず、最後はトヨタの猛攻をなんとかしのいで引き分けとなった。

第2試合は、今季初のホーム花園での試合となった近鉄が、サントリー相手に渾身のチャレンジ。序盤はサントリーの猛攻を受けて防戦一方となったが、その後はトンプソンルーク、ジーン・フェアバンクスらのタックルが次々に決まり、接点で前に出て反撃。前半のうちに同点に追いつき、後半も拮抗した展開になったが、後半30分、サントリーSH日和佐篤のトライで突き放された。それでも37分、交代出場のLO山口浩平がトライをあげ、1点差に迫って観客席を沸かせた。

「いいところも悪いところもあったが、神戸製鋼に負けたことで、自分達を見つめ直し、3試合をこなして準備したことが生きた勝利です」とサントリーの大久保直哉監督。真壁伸弥キャプテンは、「とにかくサントリーのラグビーをやろうとした。イージーミスでトライを獲られたのは反省点」とコメント。トンプソンやラディケ・サモに何度もタックルされたことについて問いかけると、「ボールを持つとルークと目が合う。PKから行こうと思ったら、ニヤッと笑っている。またかよ~、俺かよ~って、その恐怖との戦いでした」と、疲労困憊の表情で振り返っていた。

写真は、激闘のあとのトンプソン選手。

201410111

篠塚公史選手(サントリーサンゴリアス)が、トップリーグ100試合出場達成。

11日の試合の結果、セカンドステージでのグループ決定チームは以下の通り。プールAでは、NTTコミュニケーションズ、クボタ、プールBでは、トヨタ自動車、キヤノン、近鉄が、未定となっている。

■グループA
パナソニック ワイルドナイツ(10月11日決定)
東芝ブレイブルーパス(10月11日決定)
ヤマハ発動機ジュビロ(10月11日決定)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ(10月11日決定)
サントリーサンゴリアス(10月11日決定)

■グループB
NECグリーンロケッツ(10月11日決定)
コカ・コーラレッドスパークス(10月11日決定)
豊田自動織機シャトルズ(決定済)
宗像サニックスブルース(決定済)
コカ・コーラレッドスパークス(決定済)
NTTドコモレッドハリケーンズ(決定済)

◆トップリーグ・ファーストステージ第6節結果(11日)
岩手・盛岡南公園球技場
リコーブラックラムズ○31-24●NTTドコモレッドハリケーンズ(前半7-5)
クボタスピアーズ●24-29○豊田自動織機シャトルズ(前半7-6)
千葉・ 柏の葉公園総合競技場
NECグリーンロケッツ●21-44○パナソニック ワイルドナイツ(前半7-27)
大阪・近鉄花園ラグビー場
神戸製鋼コベルコスティーラーズ△24-24△トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半3-14)
近鉄ライナーズ●30-31○サントリーサンゴリアス(前半10-10)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同志社の末永選手を取材

201410101

金曜日は、神戸製鋼の灘浜グラウンドから同志社大学の田辺グラウンドへと移動しながらの取材だった。同志社大学は、2年生のFL末永健雄選手へのインタビューで、これは今月下旬発売のラグビーマガジン12月号に掲載されるものだ。

末永選手は福岡高校1年生で全国高校大会に出場し、2012年度の高校日本代表に選出され、同大同期の松井千士選手らとイタリア・フランス遠征に参加した逸材である。同大でも1年生からレギュラー入りしている。高校の時の森重隆監督に教えられたのは「気合い」だそうだ。

先日の関西大学Aリーグの開幕戦では、NO8として出場し、見事なタックルとジャッカルで勝利に貢献した。きょうは初めて話を聞いたのだが、予想していたより、ずっと柔らかい印象。けっこう、笑わしてもらった。詳しくはラグビーマガジンに書きたいが、熱さをストレートに出さないところが彼らしさなのかな、と感じた。

写真左は取材の段取りをしてくれた主務の長坂宗一郎選手(日川高校)。本ブログ、二度目の登場。天理大戦では交代出場ながら初めて花園ラグビー場の芝生を踏んだ。「高校の時は入場行進しかしていないんです。最高の芝生でした」。最高の笑顔で話してくれた。

初戦白星スタートの同大は、12日、京都の宝ヶ池で大体大と戦う。台風の影響、どうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人のラグビー教室in東大阪

先日、冨岡耕児さんを取材したことを、この日記でもご紹介したが、その冨岡さんが代表幹事を務める一般社団法人PRAS+が、明日(11日)の18:00から、「フットサル小阪」で大人のラグビー教室を開催する。いまからの申込みでも参加できるようなので、ご興味のある方は、どうぞ。

大人のラグビー教室in東大阪
◆日時 平成26年10月11日(土)18時~20時
◆場所 フットサル小阪
http://www.futsal-yaenosato.com/)
◆指導コーチ 冨岡耕児、守屋篤
◆特別ゲスト 谷口到、村上正幸(神戸製鋼)
◆費用 3,000円(場所代・保険代、ペットボトル飲料1本)
◆持ち物
運動しやすい服装、汗ふきタオル、運動靴(金具スパイクやヒールの高い靴はNGです)

お申し込みは、PRAS+ホームページよりお申し込みください。
http://ligot-pras.co.jp/news.php?post=41


| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SAYONARA 国立競技場 56年の軌跡」発売

解体前の国立競技場で、春に、さまざまな取材をした。松尾雄治さんと平尾誠二さんの対談、今泉清さんと吉田義人さんの対談、本城和彦さんのインタビューなど。観客席を熱狂させたスター選手達と、国立を懐かしみながらの至福の取材だった。ようやく、それが本になって、10月10日、発売になる。

20141010

誌名は『SAYONARA 国立競技場 56年の軌跡 1958-2014』(発行:独立行政法人日本スポーツ振興センター発行、発売:株式会社朝日新聞出版)。

全国の書店、インターネット通販などにて販売。価格は、3,000円(税抜)。B5サイズの256ページ。10月10日は、東京五輪開催50周年の日である。これはラグビーだけの本ではない。他競技の伝説の選手達も登場する。記念に、ぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸製鋼、東日本大震災義援金寄附

神戸製鋼コベルコスティーラーズから、10月9日、東日本大震災義援金を、日本赤十字社兵庫県支部を通じて寄附したとの報告があった。

プレースリリースは以下の通り。


2013-2014シーズンのファンクラブ会員年会費の一部、チームのオフィシャルパートナーである、キリンビバレッジ株式会社近畿圏地区本部の協力により展開している「神戸製鋼コベルコスティーラーズ自動販売機」(現在90台設置)の設置先様売上金の一部、および昨シーズンの試合会場で実施した募金活動の合計2,005,651円を、東日本大震災義援金として寄附いたしました。

平尾誠二ゼネラルマネージャー
「東日本大震災被災地の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。私たちは1995年に阪神淡路大震災を経験しました。それから20年の歳月が経ちましたが、今、私たちがあるのは皆様のお力添えがあってのことだという思いを忘れたことはありません。同じ震災を経験したものとして、当時の感謝の気持ちを忘れず、被災地に何が出来るかを考えながら、継続的支援活動を続けていくとともに、被災地および被災された方々が一日も早く日常の生活を取り戻せるよう、心より祈っております。最後に、多くの方にファンクラブへご入会いただき、またキリンビバレッジ㈱様のご支援、さらに試合会場では多くの方々から募金を頂戴いたしました。皆様のご協力に心より感謝申し上げます」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランキーマカレー発売

10月11日の近鉄花園ラグビー場では、トップリーグ・ファーストステージが再開されるが、ホームの近鉄ライナーズの選手とのコラボ企画で、今季加入のフランク・ウィンターステイン選手にちなんだ「フランキーマカレー」が新たに発売される。

リリースにはこうある。

フランク・ウィンターステイン選手の大好物「カレーライス」の上に、同選手の名前にちなんでフランクフルトを豪快にトッピング。さらにキーマカレーソースを上からかけることにより、今までにないカレーの味が楽しめます。ネーミングは、同選手のニックネームでもある「フランキー」、キーマカレーソースの「キーマ」、カレーライスの「カレー」を掛け合わせてつけております。

【価格】 750円(税込)
【販売時間】11:00から15:00まで(開場時間から販売)
【販売場所】近鉄花園ラグビー場 メインスタンド2階レストラン

フランク・ウィンターステイン選手のコメント
「僕の大好物のカレーがユニークな商品になってとてもうれしい!味も抜群で、毎日でも食べられるよ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マオリNZ戦テレビ放送

11月の「リポビタンDチャレンジカップ2014」日本代表(JAPAN XV)対マオリ・オールブラックス戦のテレビ放送が、以下の通り決定した。

【11月1日(土)ノエビアスタジアム神戸】
BS日テレ(衛星波)11月1日(土)14:00-(生中継)
J SPORTS(衛星波)11月1日(土)13:45-J SPORTS 1 (生中継)

【11月8日(土)秩父宮ラグビー場】
日本テレビ(地上波・全国)11月8日(土)15:00-16:55 (一部地域を除く)
J SPORTS(衛星波)11月8日(土)13:30-J SPORTS 1 (生中継)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月7日、8日のノーサイドプロジェクトイベント告知

ラグビー普及イベントをさまざま行ってきた「ノーサイドプロジェクト」が、11月7日、秩父宮ラグビー場でのJAPAN XV(日本代表)対マオリオールブラックス戦前夜祭と、当日のランチイベントを企画しました。詳細は以下の通りです。たっぷり、ラグビーを楽しんでください。

【ノーサイドプロジェクト2014霜月・夜の部】
JAPAN XV(日本代表)対マオリ・オールブラックス戦・前夜祭
マオリの歴史を知り、両チームを応援しよう!

世界ランキング10位に位置する日本代表が、その現在地を知るための絶好の相手「マオリ・オールブラックス」がやってきます。ラグビー王国ニュージーランドの先住民族の血を引く選手達が、アタッキング・ラグビーに徹して縦横無尽に駆け回ります。その前に、前夜から盛り上がっちゃいましょう。元マオリ・オールブラックスのカラム・ブルース選手(キヤノンイーグルス)のゲスト参加が決定。ラグビー博士の小林深緑郎さんによるマオリ文化講座もあり。チームの背景、歴史を学び、より深く試合を楽しみましょう。また、今回は、元日本代表の林敏之さんが会長を務めるNPO法人ヒーローズとの共催となります。イケメンの元日本代表WTB東田哲也さんにも参加してくださいます。ラグビーに関心がない、まだ見たことがない、というお知り合いがいたらぜひ一緒にご参加ください! 楽しい夜を過ごしましょう。


日時:11月7日(金曜)、19:00~21:00(18:40受付開始)
場所:外苑前HUB(港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル 1F)
会費:3,500円(フリードリンク、軽食)
司会・進行:村上晃一、有働文子
ゲスト:カラム・ブルース(キヤノンイーグルス)、東田哲也(元日本代表WTB)
イベント内容:
ラグビー博士・小林深緑郎さんによる、マオリ文化講座
ゲストによるトークライブ
渡瀬あつ子さんの「楕円桜」歌唱
プレゼントタイム

共催=ノーサイドプロジェクト、ヒーローズ
後援=ラグビーマガジン

◎申し込み方法
募集人数:70名(*定員となり次第締め切りとさせていただきます)
★ベースボール・マガジン社のsportsclickより、右側のメニューの「関連イベント」より、「ノーサイドプロジェクトイベント」申し込みをクリック。「参加申込フォーム」へ。 必須事項を明記の上、お申し込みください。または、以下のURLから直接行けます。
http://www.sportsclick.jp/p/event/rugby/201411_nightparty/index.html
*申し込み完了の方には受付メールが返信されます。ベースボールマガジン社からの受付メールはrugby@bbm-Japan.comから送信されますので、受信設定をお願いします。

会費は、当日会場にてお支払いください。
☆お問い合わせ専用アドレス(※電話での問い合わせは受け付けておりません)
nosideproject2019@gmail.com

【ノーサイドプロジェクト2014霜月・昼の部】
日本代表対マオリ・オールブラックス戦・ランチイベント

ラグビー普及集団・ノーサイドプロジェクトが、6月のイタリア戦に続き、ランチイベントを企画しました。試合前にニュージーランド料理を楽しみ、マオリの文化を語り、両チームを応援しましょう。

日時:11月8日(土) 11:00~12:30(受付10:45より)
場所:ワカヌイ・ラム・キュイジーヌ・ジューバン
〒106-0045 東京都港区麻布十番4-4-1 ツイン一の橋2号B1(Cozy Table地下)
電話03-3451-5933
麻布十番駅2番出口すぐ

会費:3,000円(ドリンク別)
進行:村上晃一
内容:マオリ・オールブラックス戦のみどころ紹介
主催:ノーサイドプロジェクト
後援:ラグビーマガジン

◎申し込み方法
募集人数:25名(*定員となり次第締め切りとさせていただきます)
★ベースボール・マガジン社のsportsclickより、右側のメニューの「関連イベント」より、「ノーサイドプロジェクトイベント」申し込みをクリック。「参加申込フォーム」へ。 必須事項を明記の上、お申し込みください。または、以下のURLから直接行けます。
http://www.sportsclick.jp/p/event/rugby/201411_lunchparty/index.html
*申し込み完了の方には受付メールが返信されます。ベースボールマガジン社からの受付メールはrugby@bbm-Japan.comから送信されますので、受信設定をお願いします。
会費は、当日会場にてお支払いください。
☆お問い合わせ専用アドレス(※電話での問い合わせは受け付けておりません)
nosideproject2019@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸製鋼・灘浜Gにて

201410071

10月7日は、神戸製鋼の灘浜グラウンドに行っていた。しばらく行かないうちに、こんなウエートトレーニング場ができていた。

きょうは、ヘッドコーチのギャリー・ゴールド氏のインタビューで、これは、今月発売のラグビークリニックに掲載されるもの。テーマは「強みを作る」ということで、今季、ここまで負け無しの神戸製鋼を変えた、ヘッドコーチのコーチ哲学、過去のチームで何をしてきたかなどをうかがった。

ディフェンスが大幅に向上しているのだが、「なんのためにディフェンスしているのか」を理解して動くことが大切だと話していた。つまりは、ボールを取り戻すため、勝つためである。けっして、攻撃をしのぐためにだけに守っているのではないということだ。

練習時間は、1セッションで45分。しかし、練習の強度は高く、一日に複数回行う。これが今の世界トップレベルの常識ということなのだろう。複雑なことをシンプルに。おそらく、この親分肌のお父さんのようなリーダーが、才能集団をまとめているから、今季の神戸製鋼は強いのだと感じた。

10月11日は、花園ラグビー場で、トヨタ自動車との一戦。練習を眺めつつ、メンバー編成も楽しみになった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月11日の花園&23日スポーツフォーラム

6日は朝から京都駅で、ひたすら待機。やっと動いた新幹線で約4時間かけて東京へ。2本の取材、打ち合わせを終えて京都へ戻った。

最後は新横浜駅。晩御飯時だったので、レストラン街へ。とんかつ屋さんの前でしばし立ち止まり、「いや、きょうはトンカツじゃない」と、その並びの洋食店へ。ビーフシチュー、ハンバーグなどのメニューを吟味して、悩んだ末にポークカツレツを選ぶ。

二口目くらいに気づいた。「これ、トンカツやん!」。どんだけカツ好きなんだ、俺は。しかし、美味しかったっす。

きょうの打合せは、10月23日の「みなとスポーツフォーラム」のこと。スポーツボランティアについてのパネルディスカッションで、僕が司会をさせていただく。2019年ラグビーワールドカップ、2020年のオリンピック・パラリンピックでボランティアをしようと思ったり、興味のある方は是非ご参加を。申し込み受付中。
http://www.kissport.or.jp/sports/

トップリーグのファーストステージは、10月11日に再開。近鉄花園ラグビー場では、神戸製鋼対トヨタ自動車、近鉄対サントリーの好カードがある。

この日は東大阪市がお祭りのような雰囲気を作ってくれるほか、近鉄もさまざまな企画を考えている。

まずは、ライナーズ写真撮影用ボードのデザインが新しくなった。テーマは「近鉄の巨人」。トンプソンルークとラディケ・サモを両サイドに立たせている。ぜひ、記念撮影を! 新しく選手キーホルダーが発売されるのだが、豊田キャプテンのクオリティがかなり高いらしい。また、この試合をワンコイン(500円)で観戦できる、リーフレットが近鉄電車の主要駅に置いてある。ラグビーを知らない友人を誘うときなどに、ぜひご活用ください。

詳細は、以下のサイトでご確認を。
http://blog2.kintetsu.co.jp/rugby/2014/10/1011-f96b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関西大学Aリーグ開幕節結果

土曜日の夜は、ザ・ラグビーチャンピオンシップの南アフリカ代表とニュージーランド代表(オールブラックス)戦をJSPORTSで見て眠れなくなった。なんとなく、スプリングボクスがやりそうな気がしていたが、交代出場のSOパット・ランビーの約55mのロングPGで逆転した。オールブラックスの不敗記録は22試合でストップした。翌朝、今度はアルゼンチン代表とオーストラリア代表の接戦にくぎ付けとなり、近鉄花園ラグビー場に向かう電車の中でJSPORTSのオンデマンドを食い入るように見た。プーマス、やりましたな。

関西大学Aリーグの開幕戦は、近鉄花園ラグビー場に全8チームが集結。4試合が行われた。今年は「万人御礼プロジェクト」と題して、懸命の集客作戦が行われている。公式発表の数字ではないが、第1グラウンドの第2試合の同志社対天理戦で、約4600人だったから、他の試合を合わせると、6,000人以上は花園に集まったのではないか。公式の数字が明らかになったところで数字は修正したいが、台風の影響で交通機関に不安があり、お客さんの出足が鈍ったことを考えれば好スタートといえるかもしれない。

201410051

僕はJSPORTSで第1グラウンドの解説だったのだが、大阪体育大学と立命館大学の試合は、大体大が再三のチャンスをミスなどで逃したのに対し、立命大は、粘り強くボールをキープして攻め、チャンスを確実にものにして快勝した。前半8分、ターンオーバーしたボールを、PR西村がすかさず防御背後にキックし、WTB蔵田が俊足を飛ばしたトライは見事だった。

第2試合は、今季の優勝を占う注目対決だったが、立ち上がりから同志社大学が激しく前に出るディフェンスで圧力をかけ、キャプテン田淵慎理の先制トライを手始めに、22分までの3連続トライで主導権を握った。後半は天理もFW周辺をしつこく攻めてゲインして盛り返し、27-19まで迫ったが、最後は力尽きた。後半5分、WTB松井千士が右タッチライン際をスピード豊かに駆け抜けたトライが同志社に勝利を呼び込んだ気がする。山神監督も「あれは大きかった」と語り、きょうのパフォーマンスについては、「前半は準備した通りのことができた。出来過ぎです」と照れ笑いを浮かべていた。

同志社は次週、京都の宝ヶ池で大体大との対戦。天理大は同じく宝ヶ池で立命大と戦う。

(写真は、同志社大学・田淵キャプテンのトライ。提供:佐久間康之さん)

■関西大学Aリーグ結果(10月5日)
近鉄花園ラグビー場
関西学院大学○52−19●近畿大学(前半31-12)
京都産業大学○25-10●摂南大学(前半18-3)
大阪体育大学●7−29○立命館大学(前半7-19)
同志社大学○30-19●天理大学(前半20-7)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年10月12日 - 2014年10月18日 »