« U20キャンプ、高校日本代表セレクション合宿 | トップページ | 秩父宮ラグビー場、快晴! »

ワイルドカード2回戦結果

1月31日は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場だった。

きょうは日本選手権出場権をかけたワイルドカードトーナメント2回戦の2試合が行われた。第1試合は、NECグリーンロケッツとNTTドコモレッドハリケーンズが対戦。NECがFLニリ・ラトゥーを筆頭にFWで圧力をかけ、試合を優位に進めた。前半を21-3とリードしたNECは、後半は風下でドコモの攻勢に苦しんだが、28分、SO田村がディフェンスラインを突破して追加点。NTTドコモの反撃をFL川田の1トライに抑え、終了間際にさらに1トライを追加して逃げ切った。

第2試合は、サントリーサンゴリアスとリコーブラックラムズの対戦。セカンドステージのグループB・1位の勢いが、サントリーにどこまで通じるのか注目されたが、逆にサントリーが「今シーズン一番というくらい、サントリーらしいプレーができた」と、大久保直弥監督がいうほどのパフォーマンスで立ち上がりから攻勢に出た。

特にSHフーリー・デュプレア、SOトゥシ・ピシの動きは出色。デュプレアは前半の風上を利用して巧みなキックで陣地を稼いだほか、ディフェンスの薄いスペースに判断良くボールを動かし、ピシも高いランニングスキルで何度もディフェンスを突破するなど、この日、3トライをあげて勝利の立役者となった。真壁キャプテンは「FWがフーリーの動きに合わせるのではなく、FWの動きにフーリーが合わしてくれるので、僕らはシェイプに集中できました」と語り、FWの動きの良さの一因であったと説明した。

この日でシーズンを終えることになったリコーの神鳥監督は、「サントリーに勝てるようなチームを作って帰ってきたい」と捲土重来を誓った。

この日の結果、NECは日本選手権1回戦(2月8日)で帝京大学と、サントリーは筑波大学とそれぞれ対戦することになった。

■ワールドカード2回戦結果
NTTドコモレッドハリケーンズ●10-33○NECグリーンロケッツ(前半3-21)
サントリーサンゴリアス○41-14●リコーブラックラムズ(前半28-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « U20キャンプ、高校日本代表セレクション合宿 | トップページ | 秩父宮ラグビー場、快晴! »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    今年の日本選手権、帝京大学の対戦相手がNECに決まりました。対docomoの試合を拝見してやはり個々のパワーや試合巧者振りは流石TL勢に一日の長があると感じますが、帝京大学も基本に忠実なプレーとスタミナ それとスピードは負けていないと感じました。
    今回の対戦、FWがしっかり体をあててフェイズを重ねる事で勝機が訪れるのかなと思います。卒業生として毎年帝京を応援しているわたくしとしては、是非このチャンスを生かしてほしいと思います。
    村上さんはこの試合、どのような展開を予想されるでしょうか。

    投稿: 林賢一郎 | 2015年2月 2日 20:15

    今日終了したオーストラリアでのサッカーアジアカップ大成功でしたね。
    地元初優勝でもあってサッカー人気が豪州でも更に高まるでしょう。
    2-1でも観客は熱中出来るのです。

    最近のラグビーはトライが入り過ぎて集中力がもちません、
    そして人気があった頃のラグビーは今より点が入らなかった。
    4トライでボーナスポイントなどは間違った施策だと思っています。

    何とかもう一度ラグビー人気が復興してほしいです。
    重量化と高得点化がまずかったと個人的には思っています。
    今見ても昔のラグビーは面白い。
    村上さんはどうお感じでしょうか。

    投稿: ・・・ | 2015年2月 1日 00:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61063673

    この記事へのトラックバック一覧です: ワイルドカード2回戦結果:

    « U20キャンプ、高校日本代表セレクション合宿 | トップページ | 秩父宮ラグビー場、快晴! »