« 30日の花園 | トップページ | 大学選手権・準決勝結果 »

2015年1月1日の花園

皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年も、ラグビーを思う存分に楽しみましょう。

さて、2015年1月1日、僕は例年通り東大阪市の近鉄花園ラグビー場に行っていた。1998年に一度途切れたけれど、その後は、16年間同じパターンを繰り返している。きょうは、3回戦の8試合が行われた。僕はJSPORTSでゲストの大西将太郎選手と2試合解説をさせてもらったのだが、いずれ劣らぬ好試合で、またしても高校生の熱いプレーに感動させられた。

地元大阪桐蔭と國學院久我山(東京)の試合は、互いに重量FWがぶつかりあう僅差勝負となったが、終了間際に久我山WTB佐藤航大が右隅に逆転トライ、17-15で競り勝った。互いに3トライをあげたが、強風下でゴールキックが難しく、1本を決めた久我山の勝利ということになった。涙にくれる大阪桐蔭の選手たち。綾部監督は「選手は力を出しきってくれました。勝てなかったのは私の責任だと思います。ロースコアは予想していたし、粘り切って勝てればと思っていたのですが…」と淡々と語った。

さらに白熱したのは、御所実業(奈良)と慶応義塾(神奈川)の試合だった。ベスト16屈指の好カードと言われていたが、その通り、手に汗握る緊張感ある戦いになった。前半9分、御所実業SH吉川がラックサイドの穴を見逃さずに先制するも、その後は両者一歩も譲らない。互いにゴール前のピンチをしつこいタックルで耐え、ゴールラインを巡る攻防が続く。12-7の御所実業リードで迎えた後半30分、御所実業の反則から慶應義塾がチャンスをつかみ、ラインアウトのモールからトライをあげ、14-12と逆転に成功。しかし、インジュリータイムがほんの数十秒残った。最後のキックオフ。慶應義塾はボールをキープし、時間をつかったところで、タッチに蹴りだそうとしたが、その最中にボールがこぼれる。これを確保した御所実業が最後のアタック。ミスせずボールをつなぎ続け、最後はエースWTB竹山がポスト右に走り込み、劇的逆転トライをあげた。

笑顔の竹山、涙をぐっとこらえる竹田監督の好対照の表情が印象的だった。慶應義塾の稲葉監督は、「長くラグビーをやってきましたけど、こんな試合は経験がありません。竹田監督の執念を感じました。しかし、こういう経験が我々にとっては貴重なのです」と、高校、大学一丸となって強化を続ける慶應ラグビーの歴史にとって、貴重な試合であったと話した。

この他、Aシードの東海大仰星、東福岡らが順当に勝ち上がり、最後は、準々決勝の組み合わせ抽選会。そして、以下のカードが決まった。Aシード同士の横綱対決もある。近畿勢が多数残ったこともあり、1月3日の花園ラグビー場は例年通り、満員になりそうだ。

◎準々決勝組み合わせ
10:30 東海大仰星 対 東福岡
11:55 報徳学園 対 京都成章
13:20 御所実業 対 國學院久我山
14:45 尾道 対 大阪朝高

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 30日の花園 | トップページ | 大学選手権・準決勝結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    あけましておめでとうございます
    今年もどうぞよろしくお願いします

    御所実業-慶応義塾は、凄まじいゲームでした。最後まで、一瞬たりとも目が離せない。緊張感があり過ぎてテレビを観ながら気分が悪くなりそうでしたよ。その位、壮絶な戦いでした。高校ラグビーは、こういう名勝負がピカッと出てくるから面白いんですよね。準々決勝の組み合わせも目が離せませんね。もう、何が起こっても不思議じゃないわ。

    投稿: サファイヤ | 2015年1月 2日 00:50

    私も10数年、元旦は花園ラグビー場に行ってますが、売店なのでほとんど試合は観られません(笑)。今日の最終試合は、売店前の人通りが全く無くなってしまいました。雪が降り始めたのが、試合後でよかったですね。

    投稿: らぐじ~ | 2015年1月 1日 23:57

    こんな試合を見たのは久しぶり。

    実際のところそうではないのかもしれません。

    互いに死力を尽くし決着のついた試合、終了間近に逆転をした試合、きっとそういう試合はシーズンに何度かお目にかかっているはずなんですが、しみじみとこんな試合は久しぶりやな~と思ったんです。

    数十秒残った時間、蹴り出すほんの数秒前に起きたミス、アドバンテージをもらいつなげた攻撃、アドバンテージオーバー後もつながった攻撃。試合が終わって数時間まだ余韻が残っています。

    浅田真央さんのソチでのフリーの演技と同じように、この試合の結果に優勝は関係ないですがラグビーファンの心には深く残る試合になったと思いました。

    投稿: 照 | 2015年1月 1日 22:49

    第一試合は事実上の決勝戦と目されるのでしょうが、御所も充実していると思う。この三校から優勝校が出ると思う。

    いち関西人としては関西のチームを応援したいはずだけど、仰星や御所の選手は同志社には来てくれないわけで、BKの主力が同志社に来てくれる東福岡を応援してみようかなあ。

    うーん、関西の高校生を100%、心底応援できるようになって欲しいなあ……

    投稿: テルキー | 2015年1月 1日 22:12

    私もチャンネルを変えながら第1Gと第3Gの試合を交互に見ていました。御所と慶應のゲームは凄かった。高校生はそれぞれのチームが印象的で年々力が拮抗してきているように思う。これも指導者の情熱の賜物だと思う。
    1月3日も熱い戦いが予想される。TVしっかり観戦させてもらおう。

    投稿: ラグビー番長 | 2015年1月 1日 21:33

     村上さん、愛読者の皆さん、明けましておめでとうございます。今年もコメント寄せまくるのかな、と思います。ひとつ宜しくお願いします。
     さて、今日の花園・・・、それどころではなかったんです。
     食べ過ぎたらしく、腹痛が。
     私の知らないうちに、とんでもない熱戦の数々?
     ドーナツとマフィンを食べ過ぎた私が、どうみても、悪いのですが。
     
     そういえば、「J SPORTS」かどこかで、ヤマハの矢富選手が、ゲストか何かで出ていたらしいのですが。見逃した気が。もし、出ていたら・・・、見たかったです。自業自得ですね。新年早々。自分自身が情けないです。それにしても、矢富選手の母校ベスト8ですか。う~ん、良かった。

    投稿: 曽根崎あかね | 2015年1月 1日 21:24

    先ほど書き忘れました(笑)。

    村上さん。全国のラグビーファンの皆さん。

    新年明けましておめでとうございます。

    今年はW杯イヤーですね。「日本ラグビー」を「エディ-JAPAN」を応援していきましょう(^o^)/

    投稿: nick | 2015年1月 1日 20:54

    録画してた御所対慶應を観ました。

    私の地元に勝った慶應。

    慶應応援しました(笑)。


    結果は御所の再逆転勝利。
    凄い試合。

    やはりシード校同士の試合は見応え充分。

    御所は最後の最後まで諦めない見事な勝利。

    慶應は魂のタックル!あえて見事な敗者でした。


    改めて私ら地元とシード校の差を思い知らされた今大会。

    でも私らは打倒シード校を諦めませんよ!

    シード校倒して上を目指します!


    ベスト8で東対仰星か。

    これは物凄い試合になるね(^-^)b

    投稿: nick | 2015年1月 1日 20:48

    御所vs慶応戦、バックスタンドの
    慶応サイドで観戦しました。
    予想通りの激戦でしたね。
    ただ、周りの人達に、何度も蹴り出さ無かった
    事について、質問されました…。
    現地では、ロスタイムのアナウンスが
    聞こえなかったんです…。
    勿体ないと思いましたが、
    彼らの大学でのプレイが楽しみです。

    投稿: あんだー | 2015年1月 1日 19:49

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60905643

    この記事へのトラックバック一覧です: 2015年1月1日の花園:

    » 壮絶! 御所工業 対 慶應義塾 【高校ラグビー】  [ココロミ]
    ◆ 全国高校ラグビー大会HP 御所実業対慶応義塾 結果  → http://www.mbs.jp/rugby/game/11.shtmlきのうの御所実業と慶応義塾のゲームが、凄まじかったんです。ロスタイムに入ってから、逆転に次ぐ、再逆転の壮絶なゲーム。実況の住田アナウンサーが、慶応義塾がゴールキックを決めた瞬間、「慶応義塾が御所実業を破りました!!」って思わず叫んでしまうのも無理ない。しかーし、ラグビーは、ノーサイドの笛が吹かれるまで分からないんだよ。いや、まだ終わりじゃないでしょう!? とテレビ画... [続きを読む]

    受信: 2015年1月 2日 18:03

    « 30日の花園 | トップページ | 大学選手権・準決勝結果 »