« トップリーグ2S第6節結果 | トップページ | 高校決勝PV&記念品プレゼントのお知らせ »

全国高校大会・準決勝結果

1月5日は全国高校大会の準決勝が行われた。東大阪市の花園ラグビー場は晴天に恵まれ、無風状態で好コンディションに恵まれた。

第1試合は、御所実業(奈良)と京都成章の対戦。これまで花園では3度戦って、1勝1敗1分けというまったく五分の星。試合のない時期は週に一度くらいの頻度で合同練習をしているという間柄の対戦だった。僅差勝負が予想されたのだが、御所実業はSH吉川浩貴を軸に判断よく、ボールを動かし、機を見てモールを押し込むなど、臨機応変なプレーで防御を崩し、前半を14-0とリード。京都成章もよく前に出るディフェンスで健闘したが、後半も御所実業が着々と加点して、40-14で勝利した。成章にとっては、キャプテンのNO8呉季依典(ご・きえのり)が開始5分で膝を痛めて退場したのが痛かった。本人も無念だったろう。

御所実業は準々決勝でSO矢澤が脳震とうのため欠場したが、1年生SO北村将大を全員でカバーし、北村も安定感あるプレーぶりで大きなミスなくボールを運んだ。「FWががんばってカバーしてくれた。ディフェンスも上出来だったと思います」と竹田寛行監督。決勝に向けて吉川キャプテンは、「自分達のラグビーをやるだけ」とコメントした。

第2試合は尾道が激しく前に出るディフェンスで東福岡を苦しめた。尾道はモールからトライもあげ、前半を12-12で食らいつく。後半に入ると、東福岡がまずFWでがつがつと前に出てからボールを展開するようになり、次第にスペースができはじめる。16分、SO松尾将太郎が小刻みなステップワークで防御を崩し、左タッチライン際をWTB岩佐賢人が駆け抜けて、中央にトライ。19-12とリードし、その後、得点を重ねて突き放した。「さすが尾道高校。こういう展開は想定していましたが、ものすごかった。前半、選手がよく我慢したと思います」と、東福岡の藤田雄一郎監督は相手を称え、自チームの我慢を勝因にあげた。

これで決勝は、Aシードの東福岡とBシードの御所実業という顔合わせとなった。東福岡が優勝した春の選抜大会には御所実業が出場できなかったので対戦はないが、夏の全国7人制大会の決勝戦はこのカードだった。東福岡は初の高校三冠、御所実業は初の日本一を狙う。

■全国高校大会・準決勝結果
御所実業○40-14●京都成章(前半14-0)
尾道●12-40○東福岡(前半12-12)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ2S第6節結果 | トップページ | 高校決勝PV&記念品プレゼントのお知らせ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     熱戦が続いていますね。地上波放送でもやってもらえると大変ありがたいのですが。
     どこの高校もフィジカルや戦術を磨いて、そして、何よりも懸命に闘う、あきらめない強い気持ち、高校生は気持ちがいいです。
     東福岡は毎年のように安定しています。ラグビーだけでなく、サッカーも野球も強いですね。学校を上げての強化方法や選手の開拓などがあるのでしょうか。興味があります。(中京大中京は「スポーツ科」があるのだそうです)
     決勝戦が楽しみです。怪我のないように。好ゲームを。 

    投稿: ちとせ | 2015年1月 5日 21:48

    全国高専大会もよろしくね〜!

    投稿: おなか | 2015年1月 5日 19:32

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/60927079

    この記事へのトラックバック一覧です: 全国高校大会・準決勝結果:

    « トップリーグ2S第6節結果 | トップページ | 高校決勝PV&記念品プレゼントのお知らせ »