« トップリーガー発掘プロジェクト2015 | トップページ | 日本選手権決勝メンバー他 »

ラグマガ4月号ほか

2月25日は、引退を表明した箕内拓郎さん(NTTドコモレッドハリケーンズ)の取材に行っていた。大学時代からよく取材させてもらったが、日本ラグビー史上、FWとして世界に通用した屈指の第三列だと思う。長い手足でボールを自在に操り、ボールキャリアーとして確実にゲインし、激しいタックルを連発した。オックスフォード大学留学時も林敏之さんに次いでケンブリッジ大学との定期戦に出場し、「ブルー」の称号を得ている。2003年、2007年のワールドカップでは2大会続けて日本代表キャプテンを務めた。今後は、FWコーチとして後進の指導にあたるが、その経験を余すところなく伝えてもらいたいと思う。

Cover_201504

25日はラグビーマガジン4月号の発売日。巻頭には藤島大さんによる、ロビー・ディーンズ監督(パナソニックワイルドナイツ)インタビューがある。「ラグビーとは究極のチームスポーツです。どんな個人であっても仲間の力に頼らなくては成立しえない」、「ラグビーとは選手のためのスポーツです。コーチは彼らを助けるためにだけ存在している」、「ひとりずつの人間を鳩小屋に入れるのは好きではない。選手を個人として扱うべきだ」などなど、至言にあふれている。

Cover_superrugby15

別冊付録は、スーパーラグビー観戦ガイド。2015年シーズンはすでに開幕しており、ハイランダーズの田中史朗はクルセイダーズ戦で途中出場し、いい働きをしていた。日本人選手が名鑑にたくさん出ているのも嬉しい。本誌のほうは、ヤマハ発動機の大田尾竜彦選手などのインタビューもある。

Rugbyclinic_40

別冊春季号「ラグビークリニック」の特集は、「こだわり抜け。」。高校の三冠王者・東福岡のこだわりとは。コンタクト、スペースを生かす、練習のテンポ、アタックの状況判断、ディフェンスの規律などが分かりやすく解説されている。

お知らせ◎ラグビーワールドカップ2019組織委員会のサイトで、ワールドカップの思い出を聞くインタビューが紹介されています。次々に更新されています。4年に一度の世界大会について、当事者たちが率直に語っています。
http://2019-all-for-japan-team.jp/memories/

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーガー発掘プロジェクト2015 | トップページ | 日本選手権決勝メンバー他 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私も何年か前我孫子のラグビー祭行ったことあります。

    箕内選手にサインをもらいに行った際、緊張してテンパってた私に優しく対応してサインを書いてもらいました(笑)

    箕内さん。お疲れ様でした(^o^)


    ラグマガで知りましたが、早稲田の布巻選手はパナなんですね。

    もちろん。素晴らしい選手なんでパナ入りはうれしい(^o^)

    ただ布巻選手のパナ入りは私にとって意外でした(笑)

    帝京の権選手はタイプが違うけれどポスト霜村かな。

    投稿: nick | 2015年2月28日 20:25

    あれっ?? パシフィクドラゴンズ戦は花園でしたね。失礼しました。どうも鳩の印象があって(笑)秩父宮と記憶違いしてしまいました。
    アクロバテッイクなプレーがすごかったです。「ラグビーウィークリー」の録画を保存しています。

    投稿: ちとせ | 2015年2月28日 14:00

    私は箕内選手で印象に残っているのは三年前のドコモ対クボタの花園での入れ替え戦です。
    ロ-スコアの点の取り合いで箕内選手のトライでドコモが逆転し残り3分のクボタの攻撃でクボタのスタンドオフがラインの裏に出て逆転のトライと思った瞬間に箕内選手が必死のカバ-リングでトライを阻止しました!
    普通の試合でも凄いんですが3年連続の入れ替え戦の時の箕内選手の怖いぐらいのリ-ダ-シップは他の誰にもまねできません!
    私は花園ラグビ-場でパシフィックドラゴンズ戦をみたのですがJAPANの弱みを突いた戦略は箕内キャプテンがいたからこそできたと思います
    箕内選手長い間お疲れ様!
    これからもJAPANの勝利の為によろしくお願いいたします

    投稿: ぼちぼちでんな | 2015年2月26日 18:29

    箕内選手、今季は出場していなかったのでどうしたのかなあと思っていたのですが、とうとう引退の日が来てしまったのですね。お疲れさまでした。

    以前、NECラグビー部の本拠地である我孫子に住んでいて、一度市民フェスタに行ったことがあったのです。
    FWの機械を使った押す練習に圧倒されました。
    箕内さんはあの時主将だったんじゃないかしら。

    先日、村上さんが箕内さんにインタビューした『ラグビー愛好日記3トークライブ編』を入手して読んだところです。
    今後は指導者としてのご活躍を楽しみにしています。

    投稿: ぱぐ | 2015年2月26日 16:17

     箕内選手、本当にほんとうにホントにお疲れ様でした。
     最後にプレーを拝見したのは、秩父宮、あのパシフィックドラゴンズでした。あのような混成チームと日本代表との対戦は興味深かったです。存在感ありました。
     まずは、永年の激戦で駆使した体をケアしてください。そして、その後のご活躍も楽しみにしています。
     Legend・Mr.MIUCHIに乾杯♪
     ありがとうございました。

    投稿: ちとせ | 2015年2月26日 12:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61194636

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ4月号ほか:

    « トップリーガー発掘プロジェクト2015 | トップページ | 日本選手権決勝メンバー他 »