« ヒーナン選手、セブンズ日本代表入り | トップページ | 日本選手権2回戦結果 »

神戸製鋼、新ヘッドコーチ発表

神戸製鋼コベルコスティーラーズが、来季の新ヘッドコーチを発表した。スーパーラグビーのストーマーズのヘッドコーチを務めていたアリスター・クッツェー氏(Allister Coetzee 51歳)である。

主な戦績:南ア代表スプリングボクス:2005年トライネーションズ優勝、2007年ワールドカップ優勝、ストーマーズ:2010年準優勝、2011、2012年プレーオフ進出、ウェスタン・プロヴィンス:カリーカップ過去5年間で4度の決勝進出。2012年、2014年優勝、2012年には南アフリカ協会が選定する「年間最優秀コーチ賞」を受賞。

本人コメント
「神戸製鋼コベルコスティーラーズのような大きな目標を持つチームに加わることは大変名誉なことです。コーチとしての観点で言えば、日本という全く新しい環境、かつ競争力のあるラグビー環境の中で、自分自身を試せることを大変楽しみにしています。私の家族も新しい文化、生活スタイルを経験できることに対し、とてもエキサイティングな気持ちでいます。これまでサポートしてくれた、ウェスタン・プロヴィンスの全ての方々に対して感謝するとともに、ス―パーラグビーが終了するまでは、ストーマーズでの仕事に全力を注ぐことも、改めて強調させていただきます」


平尾ゼネラルマネジャーコメント
「この度、ギャリー・ゴールドHCの退任に伴い、来季よりアリスター・クッツェー氏を新HCとして迎えることになりました。同氏は選手としての経歴もさることながら、コーチとして母国、南アフリカ代表のアシスタントコーチやストーマーズで長年HCを務めており、その豊富な経験は申し分ありません。このような名実ともに世界屈指の指導者の手腕により、チームをさらに飛躍させてくれることを期待しています」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ヒーナン選手、セブンズ日本代表入り | トップページ | 日本選手権2回戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ベッカーを見てると、日本人にもこんなロックいてくれないかなあ…といつも思います。

    ラグビーは背が高い人が選ぶスポーツというイメージはないでしょうが、実はそういう要素があるんだよ、とアピールしていけないものかと思います。

    今年の神戸は不祥事が多かった。レッドカードなんていうお粗末な選手もいた(個人的には出てくれなくていいんだけど)。その辺も改善しなきゃ。強い前に紳士じゃないと、ラガーマンは。

    来年の期待の選手はバイフです。

    投稿: テルキー | 2015年2月14日 14:10

    噂通りの就任ですね。
    チームの作り方は、南アスタイルのやはり同じようなものなのでしょう。
    兎に角期待しています。
    昨年よりは変わったとは思いますが、更に、今年よりも成長させて欲しい。
    外国人選手も今一迫力が無いので、魅力ある新戦力を入れて下さい。
    ベッカーは出さないでね。

    勿論、既存の戦力のレベルアップは言うまでもありません。
    やはり、入れ替えで入ってくる選手の層は神戸は薄いですね。
    文字通りインパクトを与える選手層を持って戦わないと太刀打ちできないでしょう。

    投稿: ぽんた | 2015年2月13日 21:42

    一年位で
    監督(指導者)を代えるのは良くない
    プロ野球監督同様に3シーズンはやらすべきだと思う(社会人ラグビー)
    大学ラグビー監督は4シーズンやらすべきですわ

    投稿: ごとうひだ | 2015年2月13日 18:13

    ストーマーズでスカルク・バーガーやジャック・フーリー、ピーター・グラントなどのボスだった方ですね。
    名コーチのゴールド氏が今期で退任すると知ったときは「来季はどうなるのか」と心配でしたが、これで大いに楽しみになりました。
    神戸製鋼には、今季の大幅な進化を上回る進化を期待します!

    投稿: 奈良の近鉄ファン | 2015年2月13日 17:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61130150

    この記事へのトラックバック一覧です: 神戸製鋼、新ヘッドコーチ発表:

    « ヒーナン選手、セブンズ日本代表入り | トップページ | 日本選手権2回戦結果 »