« 稲垣啓太、スーパーラグビーへ | トップページ | 松島幸太朗、スーパーラグビー・ワラタスへ »

京都成章・湯浅監督トークライブ

昨夜は、京都御所近くのイタリアンバール「イルコンタディーノ」でトークライブだった。イルコンでは4回目。ゲストは、全国高校大会でベスト4に進出した湯浅泰正監督。ゲスト出演をお願いしたとき、「僕では人が集まりませんよ」と集客を心配されていたのだが、予約はあっという間に満席になった。京都教員のラグビーチーム時代に一緒にプレーした仲間や、京都成章のラグビー部OB、OBの父兄のみなさんも集って同窓会的な雰囲気も。監督が皆さんに愛されている雰囲気が伝わってきた。

花園でのベスト4については、「今年は優勝を狙えるチームだと思っていました」ということで、完敗だった準決勝(対御所実業戦)は、「こちらは、いつも通りやったのですが、御所実業が違っていた」という。両者は2011年度大会の準々決勝で引き分けているのだが、そのときは御所がいつも通りで、成章が変わったことをしたという。互いに頻繁に練習試合、合同練習をする間柄だからこその駆け引きの話も面白かった。今年のヤマは春日丘戦だったと言われたので、「御所ファミリーですね」と問いかけると、「その言葉、あんまり好きではないんです。傘下ではないので(笑)」。そんな言葉が出るところも交流が深い証かもしれない。

病に倒れ、心身ともに苦しかったときのこと、選手達との交流などさまざま語ってもらった。指導方法の話をしているとき、「僕はプロップのことだけは分からない。藤井コーチに任せています」と、この日も参加してくれた藤井雅泰コーチ(京都成章、京都産業大学)を称賛した。選手の心をつかみ、厳しい練習をしているのに慕われているという。「大島脩平(東芝)がキャプテンのとき、全国大会の京都予選で伏見工業に勝ちました。その試合直後、選手達が僕に向かって走ってきた。よし、みんな来てくれたと思ったら、僕の横を素通りして藤井コーチのところに行って、胴上げしているんですよ。マンガみたいでしょう?(笑)」。そんな話を屈託なく話し、コーチに指導を任せるあたりが、湯浅監督のキャラクターのなせる業なのかもしれない。

息子の航平さんは、いま、トヨタ自動車に所属している。高校時代は監督と選手という関係だったが、「家ではおっさんと言われていましたが、学校では敬語でしたね。大学の時はラグビーの話しはまったくしませんでした。最近ですね。アドバイスを求められるのは」。この話の時には目じりが下がっていた。

トークの後は、イルコンの美味しい料理に舌鼓。あっという間の2時間だった。現在、京都の高校は、新人戦(近畿高校大会京都府予選)の真っ最中。京都成章は、2月8日、13:00より、宝ヶ池でライバル伏見工業との決勝戦に臨む。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 稲垣啓太、スーパーラグビーへ | トップページ | 松島幸太朗、スーパーラグビー・ワラタスへ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61092776

    この記事へのトラックバック一覧です: 京都成章・湯浅監督トークライブ:

    « 稲垣啓太、スーパーラグビーへ | トップページ | 松島幸太朗、スーパーラグビー・ワラタスへ »