« 仙台にて、ラグビーW杯シンポジウム | トップページ | トップリーガー発掘プロジェクト2015 »

日本選手権・準決勝結果

2月22日は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場にて、日本選手権の準決勝2試合が行われた。風は強かったものの予想よりも暖かかった。第1試合は、スクラムの強さを誇る東芝とヤマハ発動機の対戦ということもあって、互いの意地がぶつかりあう熱い戦いになった。多くの時間、攻め込んだ東芝だったが、ヤマハの粘り強いディフェンスがトライを許さない。

前半の東芝は風上に立ったにもかかわらず、SH小川の3PGにとどまる。ヤマハは、FLトゥイアリイがトライを返し、後半に入ると徐々に流れをつかんで、13分、LOクリシュナンの突進をサポートしたSO大田尾がトライして逆転。その後は、五郎丸が3本のPGを決めて、21-9で勝利。東芝の縦突進をことごとく食い止め、ブレイクダウンでもファイトするなど、力強い勝利だった。

第2試合は、トップリーグ王者パナソニックに対しサントリーが果敢にアタッキングラグビーを仕掛けた。パナソニックのディフェンスも強固でサントリーが攻め疲れているようにも見えたのだが、SHデュプレアが巧みにキックを使ってパナソニックを背走させたこともあって、後半、疲れが見え始めたのはパナソニックだった。

前半を終えて13-12とサントリーが僅かに1点リード。後半も拮抗した展開が続いたが、サントリーはCTB松島が大幅ゲインを見せるなど、徐々にディフェンスを破り始め、後半30分、交代出場のPR垣永がラックサイドを突きぬけてトライ。34分には、SOピシからパスを受けた交代出場の俊足FB塚本がトライして突き放した。パナソニックもトライを返して追いかけたが時間切れとなった。サントリーが攻め勝った試合だった気がする。サントリーは、2015年、いまだ負けなし。

首の手術をした堀江翔太キャプテンに代わって、パナソニックのキャプテンを務めたNO8ホラニ龍コリニアシは、「コンタクトの強さも含めて、すべての面でサントリーが一枚上手でした」と語った。また、報道陣からトップリーグで快勝した時とサントリーは何が違ったか?という質問には「デュプレアですね」と、彼にディフェンス面でかなり揺さぶられたと説明していた。ロビー・ディーンズ監督は「残念ながら2年連続の二冠は逃しましたが、それは日本のラグビーのレベルアップの裏付けでしょう。これまで出場機会のなかった選手が経験をつめたのは今季の収穫です」と潔く語った。

勝ったサントリーの大久保直弥監督は「タフな試合でした。選手達がよく我慢してアタックし、その中でトライが生まれたことは嬉しい」とコメント。決勝戦の相手がヤマハ発動機になった感想を問われると、真壁伸弥キャプテンは、「清宮さんが(サントリーの)監督のとき、僕はサントリーに入りましたので、成長した姿を見せたいです」と話し、大久保監督も「清宮さんは、監督としてもOBとしてもサントリーのクラブの中でリスペクトされている人。勝って恩返ししたいです」と笑顔で語った。

■日本選手権準決勝結果(2月22日)
近鉄花園ラグビー場
ヤマハ発動機ジュビロ○21-9●東芝ブレイブルーパス(前半7-9)
サントリーサンゴリアス○31-25●パナソニック ワイルドナイツ(前半13-12)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 仙台にて、ラグビーW杯シンポジウム | トップページ | トップリーガー発掘プロジェクト2015 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     天候が思わしくなく風もあって、選手の皆さんは大変だったと思いますが、二試合ともとても充実した良いゲームでした。
     東芝とヤマハのスクラム対決に注目していました。迫力ありましたね。両チームのプライドを感じました。東芝の強力な突進を止めたヤマハはあっぱれでした。
     パナソニックはメンバーがそろっていたら違った結果になったのかもしれませんが、メンバーが変わっても「勝てる」「強い」というところがみられると良かったかなと思います。しかしながらどちらも譲らぬ接戦で、意義のあるゲームだったと思います。サントリーの若手両センターは将来性を感じます。これからも楽しみです。
     さぁ、ファイナルです。楽しみにしています。選手・関係者の皆さん、コンディションを整えて頑張ってください。これぞラグビーの面白さ、という好ゲームを期待しています。わくわくしています。迷った末にドラゴンズオープン戦のチケットを他者に譲ってまでスタンバイしています!!

    投稿: ちとせ | 2015年2月25日 10:57

    パナは3人が抜けた穴を周りの選手がカバーしてたけど、後半のラスト10分に流石にスタミナが切れましたね。
    改めて、デュプレアは素晴らしい選手ですね。
    そしてデュプレアがいるときのピシの動きも素晴らしかった。

    霜村さんの試合を見れるのは、これで最後になってしまったのが悲しいですが、今後は地元の桐生の高校で教職に就かれるので、いつか監督として花園に姿を見せてくれるのを楽しみにしています。

    あと、酒井、よかったよー。
    まだ身体が軽いのが難点だけど、今回の試合でスピードスターの片鱗を見た感じです。
    今後のパナのウィング争いも面白くなってきますね。
    個人的には、鶴ケ崎を推してます。

    投稿: パルベリー | 2015年2月23日 12:55

    両方の試合とも、お互いに気持ちが入った好ゲームでした。
    決勝の両チームは、リーグ後半からチームを立て直してきた
    上り調子になってますね。
    決勝も力の入った僅差の試合になるでしょう。
    楽しみにしてます。

    投稿: ぽんた | 2015年2月23日 11:52

    個人的には知り合いのいるヤマハに勝利して欲しい。
    フィジカルの強さを活かせば、選手権から別チームになった
    サントリー相手にも勝機は十分にあると思う。
    決勝は昨年同様ハーフ団の力が勝敗を決めそうであるが
    昨日の試合SHデュプレアのアタックのスピードが同じであった
    ため、イライラしましたが、後半緩急つければ、一気に突破
    出来るようになりましたね。松島や塚本にボールが渡るパターンに
    なれば、サントリー優勢でしょうが、ボール支配率がパナ戦よりも
    低くなると思うので、決勝はサントリーハーフ団の動きは大きな
    ポイントになりそうです。

    投稿: カズ | 2015年2月23日 10:29

    今日は負けたけどパナソニックのバーンズ、そしてサントリーのデュプレア。

    彼らの凄さをTLの各チームが秘密分析するだけでなく、もっと広く分かるように
    選手というか中高レベルからの各チーム、そして観客に、誰かが教えてくれない
    かなと思いました。そのレベルを分かりやすく噛み砕いて、広げていかないと。

    SO、SH、日本人選手にもまずその動き、そして戦術的視点の高さをズバッと分か
    りやすく「ここが凄い。こうすごい」と一気に分かるように落としこめるように
    してほしいものです。どう凄いのか? そこをもっと指導者なり観客なりがスイ
    スイ答えられるようにならないと。TL作った意味が無いじゃないですか。

    投稿: ・・・ | 2015年2月23日 01:16

    霜村元キャプテン、もう一試合見たかった。まだできるのに寂しいですね。
    パナが勝つ試合は、パターンがなくてワクワクするのですが。。ひいき目なのかな。。
    バーンズ、来シーズンもやってくれるよね!?


    投稿: シノ | 2015年2月23日 01:05

    いいよね。いろんな縁が絡んで今年の決勝になるのは。これもラグビーの醍醐味かな。両チームともに日本人監督のチーム。個人的にはヤマハに勝ってもらいたいところだが、この勢いでいくとサントリーが優勝しそうな気がする。

    投稿: ラグビー番長 | 2015年2月22日 21:47

    シモ~!お疲れ様でした(^o^)

    投稿: nick | 2015年2月22日 20:55

    パナ残念。やっぱり田中、堀江、山田の穴は大きかったかな。ただ3人の代わりに出た内田、設楽、酒井は頑張ってました。サントリーおめでと!緊張感たっぷりでいい試合でした(^_^)b

    投稿: nick | 2015年2月22日 20:50

    いつも、パナソニック対東芝orサントリーじゃつまんないから、たまには、パナソニックのいない決勝戦でもいいんじゃないですかね。

    来年は神戸製鋼はもちろん、トヨタにも頑張ってほしいもの。

    投稿: テルキー | 2015年2月22日 19:10

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61178848

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権・準決勝結果:

    « 仙台にて、ラグビーW杯シンポジウム | トップページ | トップリーガー発掘プロジェクト2015 »