« 秩父宮ラグビー場、快晴! | トップページ | トップリーグ年間表彰式 »

トップリーグプレーオフ決勝結果

2月1日は、秩父宮ラグビー場でトップリーグ・プレーオフ・ファイナルが行われた。快晴だったが、午後2時のキックオフ前、ピッチ上の気温は7.5度。試合の立ち上がりは、パナソニックのハイパントをヤマハがノックオン、そのスクラムで、ヤマハがコラプシングの反則。そして、パナソニックSOバーンズがPGを決めるという、挑戦者のヤマハにとってはけっしていい入りではなかった。

それでも、ヤマハは相手陣で得たPKを二度ともPGを狙わず、ラインアウトから攻め、モールから逆転のトライを奪う。11分、今度はパナソニックがバーンズのキックパスをCTB霜村がキャッチし、WTB北川につないでトライ。8-7とする。ここからはパナソニックが決定力を見せつけ、バーンズ、山田章仁が連続トライで、20-7と突き放す。山田のラインブレイクからのトライは見事だった。ヤマハもWTB中園がトライを返して、前半を23-12で折り返す。

「14点差までと思っていたので、11点差は上出来」(清宮監督)。その言葉通り、ヤマハは風上に立った後半に攻勢に出たが、ハンドリングエラーも多く攻めきれなかった。「用意したプランはほとんどできなかった」と、清宮監督。「それがファイナルなのでしょう」とも。

最後は、パナソニックが交代出場のJPピーターセンからパスを受けた北川がトライして勝負を決めた。これもヤマハが自陣から攻める中でボールがこぼれたものだった。「2つの強いチームがぶつかりあった価値のある決勝戦です。我々も23人をすべて使い切らないといけない厳しい戦いでした。選手を誇りに思います」(パナソニック、ロビー・ディーンズ監督)。粘り強い防御、個々の的確な判断とスキルが光る連覇だった。プレーオフMVPには、パナソニックの山田章仁が選ばれた。

■トップリーグ・プレーオフ・ファイナル結果
パナソニックワイルドナイツ○30-12●ヤマハ発動機ジュビロ(前半23-12)

2015020113190000

追記◎きょうの解説は、4K対応放送の特別版を、僕と小林深緑郎さん、実況の矢野武さんで収録した。3月から開局される「Ch.596 スカパー!4K総合」で、3月1日以降に見られるようです。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 秩父宮ラグビー場、快晴! | トップページ | トップリーグ年間表彰式 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    私も表彰式の奇跡の光景に驚きました。トロフィーのプレゼンターはLIXILカップ主催者LIXILの副社長、誰あろう元サンヨー社長の井植敏雅氏。彼が元サンヨーチームであるワイルドナイツにトロフィーを授与することになるとはなんという巡り合わせでしょうか。

    投稿: ざっく | 2015年2月 3日 22:56

    ヤマハは矢富が先発するようになってから
    別チームになった感ありますね!
    昨年からFWは強力だったし・・・
    ただ、昨季の正SH池町は攻撃がワンパターンだったから
    FWのセットピースに頼るしかなかった。
    今季の後半は全体的に流れるようなプレー見られますね。
    ただ、FWが強いだけで栄冠が勝ち取れないのも
    トップリーグです。戦術と走りきれるランナーが要
    ヤマハの課題はそこでしょうか?

    投稿: カズ | 2015年2月 3日 10:51

    パナソニック、素晴らしいディフェンスでした。やはり最後には仕上げてきましたね。
    堀江主将は首の手術ですか…。決勝戦のパフォーマンスが凄すぎて、とてもそんな状態だとは思えませんでした。早く治して、ワールドカップでの活躍を願っています。4年前も元気のないジャパンFWの中で、堀江とリーチがなんと頼もしかったか。今の堀江はあの時以上ですから楽しみです。

    気になったのがヤマハ矢富選手。攻撃が持ち味の選手だというのは理解していますが、決勝戦以外の試合を見ていても、あまりに簡単に抜かれ過ぎている。ジャパンのスコッドに残っていますが、彼がワールドカップで試合に出ているイメージがどうしても沸きません。

    投稿: とぅいがまらー | 2015年2月 3日 02:21

    昨日の試合を秩父宮で観戦できまして、感激でまた幸せな一時を過ごさせて頂きまして感謝しております。村上さんと矢野さんにお会いできましたので、いつか小林深緑郎さんにお会いできますことを、願っております。

    投稿: 櫻子 | 2015年2月 2日 21:59

    録画していたヤマハ対パナを前半だけ観ました。

    パナ優勝オメデト~( ^o^)ノ

    準優勝(悔しいと思いますが)のヤマハもオメデト~( ^o^)ノ

    山田選手のチャンスメイクとトライは本当に良かったさぁ~(^_^)b

    パルベリーさん。素晴らしい決勝戦だったようですね。こんな試合を生観戦出来てほんと羨ましいです(^o^)

    ねこぷ~さん。有頂天になれましたか?

    あと堀江選手はSRを回避するみたいですね。しっかり怪我を治してほしいです。

    家に帰ったら後半を観なきゃ(^-^)

    投稿: nick | 2015年2月 2日 13:45

    パナソニックのディフェンスに痺れました。FW良かったです。相馬コーチおめでとうございます。

    一つだけ、小学生相手の週末コーチの目線で一言。昨年のJapan戦を含めここ数試合、特に代表選手である矢富選手(ヤマハ発動機)、松島選手(サントリー)などのソックスが落ちているのが気になります。中鶴選手や藤田選手などの若い選手も同様な傾向があります。
    例え試合中に落ちてしまったとしても上げるのに時間はかかりません。もしも格好いいと思っているのであれば、即刻止めていただきたいです。代表選手は子供達の夢、憧れです。我々も子供建ちにはドレスチェックをしっかり指導しますが、代表選手はプレーだけでなく服装なども見本となっていただきたいものです。服装の乱れは心の乱れ、プレーの乱れに通じます。たかが…と思っても、されど…です。
    村上さん達から発信していただけないものでしょうか?

    投稿: ゴルゴ15 | 2015年2月 2日 12:41

    今日の試合は面白かったです。
    後半、バーンズ選手などが退いて、なお相手をスコアレスに抑えたパナソニック。

    あのラインアウトの競り合いと相手のモールへの対応を放棄し、
    相手ボールラックに人数ゼロで次の相手の攻撃を15人で立って待っていた戦法…。
    凄かったです。

    後半は7-0で凄く締まった試合でした。欲を言えば、もうすこしゴール前での競り合いが多いと良かった。22mラインの内側に入らせないくらいのところでの攻防が続いたので、スリリングと言うかセクシーさがやや欠けていて、観客がざわざわしている音が、スカパー越しに、耳に入ってきました。

    投稿: ・・・ | 2015年2月 2日 00:30

     トップリーグの日程、次のシーズンはワールドカップ仕様で変則ですが、その次からはどうするのでしょうかね。私はスーパーラグビーに挑戦しやすい様に、形式を大胆に変更した方が良いのではと思ってますけど。

     エディ・ジョーンズHCは朝日新聞のインタビューで1部10チーム、2部10チームを提言していますが、私はディヴィジョンを3つ、各ディヴィジョンが8チームのホーム&アウェイでプレーオフ廃止はどうかと思いますが。これなら年14試合、ウィンドウ・マンス前に8試合、後に6試合なら、スーパーラグビーに選手が比較的楽に参戦出来ると思いますけど。

     日本に小遣い稼ぎに来る外国人選手も更に増える可能性もあるので、ディヴィジョン1は外国籍枠無し、2は5人まで、3は3人までとかにすれば、日本の選手も国内にいながら更に鍛えられると思いますが、どうでしょうか。

    投稿: トリック | 2015年2月 1日 21:12

    nickさーん!勝ちましたよー!
    今年の決勝は、今までにない雰囲気の試合でした。
    両方とも力は拮抗していて、前半の風上を上手く使ったパナの試合巧者に軍配が上がった感じがしました。
    決勝を戦い慣れてる差が出た感じです。

    それより、何よりも、リクシルの副社長が出てきて、パナソニック側の応援席がどよめいたのが、、、
    私も、マジかよ!ってつい口に出てしまいました。苦笑

    投稿: パルベリー | 2015年2月 1日 20:20

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61069026

    この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグプレーオフ決勝結果:

    » ’14-15トップリーグ表彰式 [銀杏(いちょう)の並木道]
    ’14-15のラグビートップリーグはパナソニックの連覇で終わりました。シーズンを [続きを読む]

    受信: 2015年2月 2日 01:06

    « 秩父宮ラグビー場、快晴! | トップページ | トップリーグ年間表彰式 »