« 北川智規選手に会ったり、いろいろ。 | トップページ | 感動のトップリーグ・オールスター2015 »

桐蔭学園高校ラグビー部50周年式典

3月7日の夜は、神奈川県の桐蔭学園高等学校ラグビー部創部50周年記念式典に参加した。OB会長の大川さんとは、昔、草ラグビーの「ラグビーマガジンクラブ」で一緒にプレーした間柄だったこともあって声をかけていただいた。OBの皆さんの結束力を感じる式典に参加できて、楽しい時間を過ごすことができた。

桐蔭学園のラグビー部は学園が創立された1964年、いの一番に始まった部活だという。長らく県内のライバル校に勝てない時代が続いたが、1996年に花園に初出場し、以降は、全国屈指の強豪校として全国制覇1回(東福岡と両校優勝)、準優勝3回という常勝軍団となった。式典半ばのトークセッションは、僕が進行させてもらったのだが、藤原監督、初の花園出場の選手である四宮洋平さん、初のベスト4を成し遂げた山下大悟さん、東芝の望月雄太さん、スーパーラグビーのワラタス入りした松島幸太朗さん、スポーツライターの大友信彦さん、ラグマガの田村一博編集長というメンバーで桐蔭学園の思い出話、強みを語ってもらった。

201503072

プレースタイルはボールをよく動かすアグレッシブなものだが、小さくても当たり負けしない肉体を作り、選手自身がやりがいのあるラグビーを選択している、そんな話が多かった気がする。四宮さんは現在女子チーム(東京フェニックス)の監督をしながらマネージメントもしているが、「桐蔭学園の卒業生の皆さんがさまざまなところで成功されていて、助けられています」と、社会人になってからのOB達の活躍を実感しているという。

もっともよくしゃべっていたのは、望月雄太選手。「僕の後、東芝に一人も桐蔭学園の選手が入っていないんです。どうなの現役、東芝入ってね」と声をかければ、「その前に早稲田でしょう?」と山下大悟さんが突っ込み、「いや、同志社ですよ」と言い合う場面も。

藤原秀之監督は、最後のスピーチで「きょうは、桐蔭の結束力の強さを感じました。きょう来たかったけど、都合で来られなかったOBもたくさんいると思います。(全国大会で)単独優勝して、これより多くのOBを呼びたいです」と力強く宣言した。藤原監督はこのチームに25年関わっているのだが、その前のOBのみなさんも、藤原監督を献身的にサポートしており、それがこのクラブの強みだと感じた。

最後は小倉順平選手のリードによる校歌の合唱。グラウンドの人工芝化の話しも出ていて、今後も桐蔭学園が高校ラグビーをリードするチームのひとつとして強くあり続けることを感じる3時間だった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 北川智規選手に会ったり、いろいろ。 | トップページ | 感動のトップリーグ・オールスター2015 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    何となくとりとめない中で始まったトークでしたが、村上さんの見事な仕切りで大いに盛り上がり、祝賀会も引き締まったいいものになりました。ありがとうございました!

    投稿: ラジスケ | 2015年3月 8日 09:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61246253

    この記事へのトラックバック一覧です: 桐蔭学園高校ラグビー部50周年式典:

    « 北川智規選手に会ったり、いろいろ。 | トップページ | 感動のトップリーグ・オールスター2015 »