« 京都トークライブ告知(3月15日) | トップページ | 北川智規選手に会ったり、いろいろ。 »

日本代表第二次候補選手

3月5日、日本ラグビー協会の会議室にて記者会見があり、エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチから、2015年9月にイングランドで開幕するラグビーワールドカップ2015へ向けた日本代表第二次候補選手計36名が発表された。田中史朗などスーパーラグビー選手6名は除かれ、堀江翔太ほか4名の負傷者はメンバーに名を連ねてはいるものの、現在はリハビリ中。「マレ・サウのバックアップとして期待」(ジョーンズHC)というティム・ベネットも合宿に帯同する。

日本国籍を取得し、セブンズ日本代表入りしているダニエル・ヒーナンは、セブンズワールドシリーズ4大会に出場すれば、15人制の代表資格ができるため、「それをクリアし、なおかつその時の彼がベストの選手であれば選びます」(同HC)と説明された。

第二次候補選手は4月18日より開幕するアジアラグビーチャンピオンシップ(ARC)へ出場するため、4月6日から宮崎県・宮崎市での合宿に参加する。「ここからは一試合一試合が真剣勝負。宮崎での練習も非常に大事になる。これから9月のRWCまでのテストマッチはすべて勝つ。同時に、RWCにつながる内容でなくてはいけない。アジアの大会については、選手に負荷をかける。特にRWC初戦の南アフリカ代表との試合に向け、選手を成長させていきたい」と、ジョーンズHC。試合前日にフィットネスのセッションで追い込むなど、アジアに関しては選手にタフな環境を与えながら試合をすることを考えているようだ。

★ラグビーワールドカップ2015 日本代表第二次候補選手
■FW: 19名
ジャスティン・アイブス(キヤノン)、有田隆平(コカ・コーラ)、伊藤鐘史(神戸製鋼)、宇佐美和彦(キヤノン)、大野均(東芝)、垣永真之介(サントリー)、木津武士(神戸製鋼)、トンプソン ルーク(近鉄)、長江有祐(豊田自動織機)、畠山健介(サントリー)、平島久照(神戸製鋼)、マイケル・ブロードハースト(リコー)、ヘイデン・ホップグッド(釜石SW)、ホラニ 龍コリニアシ(パナソニック)、ホラニ 龍シオアペラトゥー(パナソニック)、三上正貴(東芝)、村田毅(NEC)、山下裕史(神戸製鋼)、湯原祐希(東芝)

■BK: 12名
クレイグ・ウィング(神戸製鋼)、内田啓介(パナソニック)、五郎丸歩(ヤマハ発動機)、マレ・サウ (ヤマハ発動機)、立川理道(クボタ)、田村優(NEC)、廣瀬俊朗(東芝)、日和佐篤(サントリー)、福岡堅樹( 筑波大学3年)、藤田慶和(早稲田大学3年)、カーン・ヘスケス(宗像サニックス)、矢富 勇毅(ヤマハ発動機)

■負傷選手
堀江 翔太、真壁伸弥、アマナキ・レレイ・マフィ、小野晃征

■合宿帯同選手
ティム・ベネット(キヤノン)
※ 2015年6月1日に日本代表資格取得予定。

■選考対象外選手(スーパーラグビー参加選手)
稲垣啓太、ツイ ヘンドリック、リーチ マイケル、田中史朗、松島幸太朗、山田 章仁

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 京都トークライブ告知(3月15日) | トップページ | 北川智規選手に会ったり、いろいろ。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61233944

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表第二次候補選手:

    « 京都トークライブ告知(3月15日) | トップページ | 北川智規選手に会ったり、いろいろ。 »