« 東京セブンズ2015前日 | トップページ | 東京セブンズ2015終了 »

東京セブンズ2015初日、日本代表の結果

4月4日は、東京セブンズ2015第一日目が行われ、男子セブンズ日本代表は、初戦のアルゼンチンと14-14で引き分け、2試合目のサモアに26-12と勝利。この試合には立ち上がりのレメキのトライが効いた。日本代表が所属したプールDは大混戦となり、初日の最終戦となった日本代表対フランス代表の前に、サモアとアルゼンチンが引き分け。この時点で、日本代表のカップトーナメント進出が決まった。

プール戦では、勝ち3点、引き分け2点、負け1点という点数が与えられるため、サモアとアルゼンチンが引き分けた時点で、サモアは6点、アルゼンチンは5点となり、日本代表がフランスに敗れても6点になるため、当該対戦でサモアに勝っている日本が上に位置することになるためだった。最終的には、日本はフランスに19-24で敗れたが、サモアの上に念願のカップトーナメント進出となった。これで勝ち点を最低でも10点は獲得できることになり、コアチーム残留に可能性が残ることになる。

坂井克行キャプテンは、こう語った。「ベストのパフォーマンスではありません。まだまだできる。僕はフランス戦の前にカップ進出を知っていましたが、選手達には知らせませんでした。一戦一戦100%出すのがジャパンのスタイルですし、フランスに勝つことにフォースしました。結果としてベスト8ですが、フランスに勝ちたかったです」。

この日の日本代表はアタック面ではレメキ、藤田、坂井、トゥキリらが再三チャンスを作り、松井も50m5秒7の俊足で何度も大幅ゲインを勝ち取り、トライもあげた。フランス戦ではタックルミスが多く、ディフェンス面では課題が多かったが、ホームの声援を受け、集中力高く戦っていたのは評価できる。2日目のカップトーナメント準々決勝ではここ2大会の王者フィジーが相手だ。チャレンジですね?と報道陣に問われたレメキは、「チャレンジじゃない。勝つ」と強気だった。ワールドシリーズ初のベスト4進出なるか。敗れた場合は、プレートトーナメントに回るが、そこで勝てば6位以上が決まる。史上最高成績を残してもらいたい。

カップトーナメント準々決勝のスケジュールは以下の通り。

11:20 フィジー 対 日本代表
11:42 南アフリカ 対 スコットランド
12:04 フランス 対 イングランド
12:26 ニュージーランド 対 カナダ

熊谷ラグビー場で開催されている第16回全国高等学校選抜大会の決勝トーナメントが行われ、4強が決まった。準決勝は4月6日に行われる。

■決勝トーナメント・準々決勝(4月4日)
桐蔭学園●10-32○東海大仰星
常翔学園○34-14●國學院大學栃木
大阪桐蔭○29-17●東福岡
流経大柏○26-19●春日丘

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 東京セブンズ2015前日 | トップページ | 東京セブンズ2015終了 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    サモアに勝った試合は感動しました!

    投稿: ゴジラ | 2015年4月 5日 17:19

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/61389550

    この記事へのトラックバック一覧です: 東京セブンズ2015初日、日本代表の結果:

    « 東京セブンズ2015前日 | トップページ | 東京セブンズ2015終了 »